12月 172005
 

講義評価への取り組み

京都大学の工学部高等教育研究開発推進センターの共催で開催された第一回工学部教育シンポジウムに参加した.積極的に参加したわけではなく,本年度から本格的に実施された講義評価において,私が担当している1回生配当科目「基礎情報処理演習」が対象となったため,参加を求められたわけだ.それでも,自分が受けてきた講義を思い起こすと,自浄作用の働きそうにない大学において,あまりにも酷い講義を駆逐するためには,学生あるいは第三者による何らかの講義評価は必要と思うこともあり,元々,講義評価に興味はあった.

工学部教育シンポジウムでは,最初に,高等教育研究開発推進センターのスタッフからアンケート調査結果の概要について説明があった.しかし,単発的なアンケートから読み取れる内容は,ほとんど想定内のものばかりで,あまり面白くはなかった.高等教育研究開発推進センターが計画している通り,ある程度の期間に及ぶ追跡調査が必要だろう.

ただし,役立つ情報も引き出せている.1回生対象科目の場合,複数クラスで開講されることも多い.この場合,当然ながら,異なる教員が同じ内容を教えることとなる.アンケート調査結果を見ると,学生の満足度に大きなバラツキがあることを確認できる.教え方の優劣が現れているわけだ.問題は,このような情報を活用できるか否かだ.

高い評価を受けた講義とは?

今回の工学部教育シンポジウムでは,評価の高かった講義を担当する教員4名が,「私の授業」と題して話をするという企画があった.最初の2つは土木施工と建築史で,共に現地実習を取り入れていた.あとの2つは,半導体工学と線形代数だ.

土木施工では,産業界から複数の講師を招いて土木施工の実際について語ってもらうと共に,関西国際空港第二期工事現場を訪問し,現場を体感するという工夫がなされているそうだ.これだけしてもらえれば,学生は喜ぶだろう.ただ,学科や学部からは経済的な支援が受けられないため,担当教員の委任経理金(企業や財団等からの助成金や寄付金)を使用しているとのことだった.もちろん,これだけのことをできる教員が担当しているのであるから,普段の講義にも工夫がこらされている.

建築史では,休日に滋賀県内の寺院を訪問し,建築物の大きさを測定したり,過去にどのような改修が行われたかを考察するという実地演習を行っているそうだ.大学院の学生に指導の補助を依頼し,バスをチャーターして実施しているそうだが,なんと,費用は教員の自腹だという.担当教員が仰るには,建築史が専門では委任経理金ももらえないので,自腹でやるしかないとのこと.先述の土木施工とあわせて,もっと教育にお金を投入できる仕組みにならないものかと感じる.

3番目は半導体工学で,身の回りにあふれる半導体を実感できるような工夫がなされていた.担当教員は,学生のモチベーション(動機付け)を高めることと,失ってしまった知的好奇心を取り戻させることの重要性を指摘されていたが,これには全く同感だ.12月7日の独り言「MATLAB EXPOでの技術者教育に関する講演」にも書いたとおり,モチベーションこそが何よりも重要と思う.

最後は線形代数だが,これには少なからず驚いた.というのは,数学の授業なんて面白くないものと相場が決まっているからだ.線形代数のような数学科目で高い評価が得られた理由として,教員がユーザとしての立場で教えていることが挙げられる.つまり,現実の工学的課題に線形代数がどのように貢献できるのかを示すことにより,線形代数を学習するモチベーションが与えられるわけだ.通常は,この動機付けのないまま,延々と定理と証明を繰り返すため,多くの学生は学習意欲を削がれてしまう.実際には線形代数は極めて有用であり,制御工学やデータ解析は線形代数を知らなければ何もできないし,線形代数さえ知っていれば何とかなる.Googleがページランクを算出するアルゴリズムでさえ線形代数に立脚している.

自分が担当する講義については継続的に改善していきたい.

12月 102005
 

今年,生まれて初めて人間ドックなるものを受けた.不運なことに,検査が必要と指摘された項目があり,人間ドックを受けた京都予防医学センターという病院で検査の予約をした.

今日が予約した検査日だったのだが,朝一番で来て下さいと言われていたので,朝8:30頃に病院に行くと,病院は閉鎖されていた.中は真っ暗.なんと,第二土曜日は定休日だそうだ.

ちょっと待てよ.なぜ定休日に検査の予約なんて受け付けるんだ?

まあ,間違いはある.しかし,間違って定休日に予約を受け付けてしまったのなら,予約されたのは定休日でしたという連絡ぐらいあって然るべきだろう.まさか,その程度の管理機能も働かないような病院なのか?

何と好い加減な病院なんだ.そういえば,ここって,京都大学から人間ドック受診指定を取り消されていたな.ただ,健康に絡む問題であり,検査の継続性を考慮して,特別に取り消しを解除されたはず.やっぱりダメなところなのか...

いずれにせよ,ふざけるな,京都予防医学センター!

12月 102005
 

自宅の近所に,リンゴマークの小児科がある.子供の具合が悪くなると,いつもお世話になる病院だ.非常に親切で面倒見の良い先生で,長男はその先生を「アップル先生」と呼んでいる.別に病気でも何でもないのに,「アップル先生のとこ行こうか」と言うぐらい,先生に慣れている.

今日は,長男と私の2人がインフルエンザの予防接種を受けるために,そのリンゴマークの小児科に出向いた.予防接種を受けたときに衝撃的だったのは,2歳の長男が全く泣きもせず,声も出さず,淡々と注射をしてもらったことだ.これには驚いた.針が刺される瞬間はやっぱり痛いし,これまでにも注射はしてもらっているので,注射が嫌なものであるという意識はあるはずだ.それなのに,全く動じないというのは凄い.見上げた根性だ.

12月 092005
 

随分と前のことすぎて,いつだったか忘れてしまったが,AIU保険の「AIUの現代子育て経済考」という資料を見たことがある.そこには,子供の養育や教育に必要なお金が書かれていたのだが,子供を22年間育てるために必要な基本的な養育費は1680万円と試算されていた.さらに,この養育費に加えて,教育費として,オール国公立で1179万円,オール私立で理系となると2371万円が必要となるそうだ.

子供を1人育てる費用で,家が買えるわけだ.そりゃ,少子化も進むだろう.

あまりに金額が大きくてピンと来ないので,子供を育てている間に,月々どのぐらいのお金が必要なのかを計算してみる.例えば,長男がオール私立で理系に進む場合,その教育費は約2400万円となる.これを20年間でまかなうとすると,月額は,

2400万円÷20年=120万円/年=10万円/月

となる.つまり,1ヶ月に10万円が教育費として必要ということだ.注意すべきは,ここに基本的な養育費は含まれていないということだ.

現在,2人の子供がいるので,教育費は月額20万円となる.まあ,2人揃って私立理系には進学しないだろうが,それでも月額15万円程度にはなるのだろう.冷静に考えると,凄い負担だ.日本の庶民はどうやって生活してるんだ?

データの出所が保険会社であり,彼らの仕事が市民の恐怖感を煽って保険契約を締結させることであるというのは考慮しなければならないが,それでも養育費および教育費の負担は大きいことがわかる.

特に教育費がかかるのは,下宿の可能性もある高校卒業後だろう.そこに照準を定めて,教育用資金を用意する必要がある.普通に考えられるのは,積立貯金や保険商品の活用だろうが,それらにあまり魅力を感じないため,投資信託を利用することにした.20年先を見据えた長期運用なので,まずはBRICs対象の株式投信で始めることにした.

12月 082005
 

子供が生まれてから,育児について色々と勉強している.育児には,唯一の厳然たる正解というものがないため,自分が気に入った方法を採用すれば良いと思うのだが,自分の性格上,色々と調べてみないと気が済まない.そうして勉強しているうちに,当然ながらシュタイナー教育にも出会った.

私は専門家ではないので,ここでシュタイナー教育の解説をするつもりはないが,勉強した内容は「早期知的教育について(シュタイナー教育の考え方)」などにまとめてある.また,本ごとに学んだ内容をまとめてもいる.

上記以外にも,日本語で書かれた本も数多く出版されており,シュタイナー学校も全国各地に存在する.ザッと見たところ,「シュタイナー教育は素晴らしい.これを知らないなんて損だよ!」という雰囲気である.確かに,シュタイナー教育について書かれた本を読むと,なるほどと感心させられることが多い.こういう体験を自分の子供にもさせてやりたいと思うし,部分的に取り入れてもいる.しかし,当然ながら,すべてが自分の考え方に馴染むわけではない.

そんな折り,雑誌をパラパラとめくっていたところ,「シュタイナー教育の是非を問う」という言葉が目に飛び込んで来た.週刊エコノミスト11月22日号の海外出版事情というコラムだ.ドイツ在住のジャーナリストである福田直子さんによる書評で,「ヴァルドルフ学校からの報告」という本が紹介されていた.(邦訳があるかどうかは知りません)

この本は,シュタイナー学校に3人の子供を通わせた母親からの報告だが,この母親はシュタイナーを素人教育者と糾弾する.そして,「本当の勉強ができる環境ではない」,「僕たちを酷い学校へ入れた」と子供達から罵倒されたため,転校も考えたが実現は困難であり,その一方で,村八分にされないよう教育方針に関する疑問も提示できないと述べている.さらに,「自由な教育どころか,全体主義思想に近かった」としている.この本に書かれていることが正しいとすれば,そのような学校に子供を入れるのは躊躇われる.

このような本に対して,シュタイナー教育に肯定的な人は必死に反論を試みるかもしれないし,否定的な人は再反論するかもしれない.そうすることで,互いの溝をますます深めていくかもしれない.しかし,子供の教育に責任のある親としては,そんな感情的な対立には何の興味も抱く必要はない.重要なのは,肯定派の意見と否定派の意見を偏見なく聞くことだろう.後は,自分の信じる道を進むしかない.

冷静に考えれば当然だが,個々の学校はそこで働く先生方によって特徴づけられる.上記の母親が子供を預けた学校は確かに悲惨だったのかもしれない.しかし,たとえそうだとしても,「だからシュタイナー教育は間違っている」とは結論づけられない.それは論理の飛躍であり,感情的すぎる.ここから学び取れることは,日本においても,シュタイナー学校に子供を通わせることには,このようなリスクがあるということだ.これは,どのような公立学校,私立学校に子供を通わせても同じである.たまたま担任の先生が良い人物であれば良いが,不運にも悪い人物にあたるかもしれない.看板だけで判断するのではなく,中身をしっかり吟味する責任が親にはあるということだ.

「自分が絶対正しい」なんて思っている人達も世の中にはいるようだが,自分がそうなる必要はない.心にゆとりを持ち,様々な意見に耳を傾けよう.

12月 072005
 

12月6−7日の2日間,東京プリンスホテル・パークタワーにて,MATLAB EXPOが開催された.このMATLAB EXPOの一部として,技術者教育におけるツールを活用した授業や研究事例など,教育現場の現状と将来展望について紹介するという趣旨で,"Educational Conference"が開催された.企業や大学から数名の講演者が招待されたわけだが,なぜか,その中の1人になってしまった.

与えられたお題は,「理論と実践(モノ),ツールの連携」だ.大学での講義の中で,MATLAB/Simulinkを活用しているとはいうものの,改めて話をしろと言われると,何を話すべきかがよくわからない.講義の内容を話すのも1つの方法だが,予想される聴衆の中には,プロセス制御を知っている人なんてほとんどいないだろう.そうすると,講義の内容を話しても仕方がないように思える.では,どうするべきか.

相当に悩んだ挙げ句,人材育成担当者を含めて企業からの参加者が多いに違いないと考え,これまで企業のエンジニアを対象に講義や演習を実施してきた経験をふまえて,技術者や研究者の教育について感じていることを話そうと決めた.

まず,カンファレンスの主題が「技術者教育」であるから,「技術者教育」とは何であるのかという点を確認しておく必要がある.広辞苑で調べてみると,技術者とは,技術を職業とする人.教育とは,教え育てること,人を教えて知能をつけること,そして,人間に他から意図をもって働きかけ,望ましい姿に変化させ,価値を実現する活動とある.また,技術とは,科学を実地に応用して自然の事物を改変・加工し,人間生活に利用するわざとある.

さて,その技術者教育をしようというのであれば,科学を実地に応用する技術者としての望ましい姿を明確にしておかなければならない.これを抜きにして,技術者教育ができるわけがない.大学の教員がなすべきこと,あるいは学生がなすべきこととして,私の意見はこの独り言でも,2003年12月14日の「大学の教官がすべきこと」,2003年05月03日の「大学で何を伝えるべきか(2)」,2001年03月24日の「大学で何を伝えるべきか」などで述べている.

まとめると,大学を卒業する最低限のレベルとして,

  1. 徹底的に考え抜く
  2. 論理的な文章を正しい日本語で書く

が不可欠と考える.その上で,研究者・技術者として,

  1. 取り組むべき課題を明らかにできる
  2. 必要な知識を身に付けることができる
  3. 問題解決のためのアプローチを提示できる
  4. 全力を尽くして課題に取り組むことができる
  5. 成否に関わらず,報告書を書くことができる
  6. 魅力的なプレゼンテーションができる

ことが必要だろう.在学中に,これだけできるようになっていれば,どこでも何でもできるだろう.まあ,技術者ならぬ技述者かもしれない大学人の言うことだから,あてにはならないが...

あと,教育を意味のあるものにするためには,とにかく,教育を受ける側のモチベーションを高めることが何よりも重要だろう.その上で,より効果的に教育を行うために,ツールの活用を検討することとなる.

さて,本題の「理論と実践(モノ),ツールの連携」については,ここでは詳しく書くことはせず,講演で使用したスライドをリンクしておく.参考になれば幸いである.

12月 042005
 

ネタもないのと忙しいのとで,この独り言も1ヶ月近く放置していたが,それにしても,最近の日本の株式市場は活況だ.遂に,日経平均株価が個人的な節目である15000円を越えてきた.この株価がなぜ節目かというと,株式投資を始めた1998年当時の日経平均株価が15000円強だったからだ.一時は2万円を越えたものの,2年前には7千円台にまで下落し,その頃には日本経済崩壊が声高に叫ばれたが,よくここまで戻してきたものだ.

もしベンチマークを日経平均株価とするなら,現時点で損益トントンなら合格と言えるのだろう.それほど志は低くないが,そういう意味では合格だ.素人が生き延びてきたことを,投資の神様に感謝しよう.

この1年間ぐらいは,ほとんど株価もチェックしないような生活を送っていたが,昨今の活況を見て,持ち株の大整理を実施している.超少額投資のためミニ株ばかりやっていた頃に購入した銘柄や,株式分割で生まれた端株など,投資金額が小さく全然フォローをしていなかった銘柄を中心に随分と売り切った.当然,ずーっと日の目を見ずに塩漬けになっていて,持っていることすら忘れていたような銘柄もあるが,いずれも結果"All Right!"という感じ.5210や7616なども知らぬ間に結構な貢献をしてくれた.おかげで,目論見が外れた主力銘柄の損切り分も帳消しになり,久しぶりに高いキャッシュポジションになった.

世の中にテクニカル指標は色々とあるが,素人目にも分かり易いのは,株式投資に関する週刊誌の記事だと思っている.「今こそ株式投資だ!やらない人は損するよ!」みたいな煽り記事が乱舞するようになったら,ボチボチ過熱気味じゃないかと疑い,「日本経済はおしまいだぁ!」なんて記事で悲観的な雰囲気が国中を覆ったら,ボチボチ底値じゃないかと疑う.そんな感じの,のんびり投資で良いのではないかと思う.

未経験者は,雑誌に煽られて安易に手を出すのだけは止めておいた方が良いよ.以下のような進化を遂げる気配のある人は,特に.

「最近は株価が騰がっているらしいから,自分もしてみようかな.いや,でも,これ以上は騰がらないかもしれないから,やっぱり止めておこう.自分は手堅く貯金でいいんだから.」

「あれから,まだ騰がってるんだ.凄いな.初めて株式投資をする人達も儲けているらしいし,自分もやってみようかな.いや,でも,騰がってから遅れて買う人が損をするって,どこかに書いてあったよな.きっと,今は買う時期じゃないはずだ.」

「今買わなくてどうする!!自分だけ儲け損ねるなんて許せないぞ!!」

こういうタイプは,損切りの決断も遅くて,傷口を広げてしまう恐れがあるから.

11月 082005
 

アメリカから,ブリオの汽車とレールを持ち帰ってきた.ネット通販のおもちゃ屋さんから友人宅宛にUPSで送られてきた段ボール箱のままだ.とてつもなく大きい.我ながら,注文しすぎだと思った.

アメリカから抱えて来たブリオの汽車&レール

長男は留守番している間に,「パパが新幹線を買ってきてくれるよ」と聞かされていたのだろう.自宅に戻ると,「新幹線買ってきてくれたの?」と聞いてきた.巨大な段ボール箱からブリオの新幹線を取り出すと,「ワーッ,新幹線やー!」と大はしゃぎだ.何とか箱を開けようとするが,どうしても無理.「開けて.開けて.」と必死に訴える.

新幹線と一緒に,アドベンチャー・トンネルと拡張レールパックも開封した.狭い我が家では,これだけでも十分な感じ.既にあったセットも持ち出して,床にレールを敷設し,新幹線を走らせて遊び始める.

ブリオの新幹線NOZOMIとトンネル

寝るまでの間,新幹線の車両3つを腕一杯に抱えては,何度も何度も,「新幹線,どうやって買ってきてくれたの?」と尋ねる.「ゆう君がお留守番してくれてたから,ゆう君に新幹線下さいって,パパがアメリカで買ってきたの.そして,飛行機でビューンって持って帰って来たの.」と答えると,「ゆう君に新幹線下さいって?」とか,「飛行機でビューンって?」とか,「アメリカで買ってきてくれたの?」とか,話の一部分を繰り返して確認する.もちろん,寝るときも新幹線と一緒だ.

翌朝,出掛ける準備をしていると,長男が起きて寝室のドアを開けようとする音が聞こえた.寝室の方に目をやると,ドアの隙間から勢いよく飛び出してきた長男は,腕に新幹線の車両3つを抱えている.「新幹線,どうやって買ってきてくれたの?」が第一声だった.しかも,凄いハイテンションで.これには笑ってしまった.

夕方,時差ボケで眠たくなりながら帰宅すると,夕食の最中だった.一緒にご飯を食べることにしたのだが,長男がテーブルの上に新幹線を持ってきて走らせる.そして,懲りずに,「新幹線,どうやって買ってきてくれたの?」と尋ねる.彼女によると,一日中,新幹線を持ち歩いていたそうだ.非常に気に入ってくれたらしい.

今回購入したブリオ製品のリストは,10月8日(土)の独り言「子供のためにブリオ(BRIO)の汽車とレールを注文」に書いてある通りだ.大小取り混ぜて16アイテム.購入価格は約280ドル.そのうち,3アイテムを開封した.残りは,これから2年程かけて,少しずつ開封していくつもりだ.

11月 062005
 

コロンバスへ

学会終了後,オハイオ州コロンバスへと向かった.シンシナティからコロンバスまでは車で2時間弱ほどの距離だ.今回の滞在では,ホテルは利用せず,オハイオ州立大学に客員研究員として滞在していた際に大変お世話になったアメリカ人の友人宅に泊めてもらうことにした.以前訪問した際には,コロンバスのダウンタウンからそう遠くはなく,オハイオ州立大学にも近い,アッパーアーリントンという地区に住んでいた友人だが,今年の夏にダブリンという地区に移っていた.

引っ越した理由を尋ねてみたところ,広い家が欲しかったというのが一番の理由だという返事だった.新しい家は,1階にリビングとダイニングを含めて3部屋,それとキッチン,バスルーム,ガレージ,2階に主寝室と2つの子供部屋と来客用寝室,それにバスルームがある.これらに加えて,広い地下室(30畳ぐらい?)がある.日本の間取りで言うと6LDKなのだろうが,広さの桁が違う.近所の子供達がサッカーをするという裏庭も友人夫妻のお気に入りだ.なお,転居の理由の2番目以降は,職場(高校)や教会に近いことだそうだ.

宿泊させていただいた友人宅

宿泊させていただいた友人宅の裏庭

Saturday Morning Meeting

土曜日の朝早く,友人が"Saturday Morning Meeting"に出掛けるというので一緒に連れて行ってもらった.行き先はPaneraというパン屋さんで,毎週土曜日の朝にオヤジ4人程が集まって色々と話をしているそうだ.みんな職業も様々なのだが,メンバーの1人は化学工学を専攻したエンジニアだった.職務内容を尋ねてみると,製紙プロセスなどを対象にプロセス制御をやっているという.私にも非常に近い内容なのに驚いた.

新しいビジネスをしようという話題では,葬儀屋はいくらでも客がいるし,しかも客は文句を言わないから素晴らしい,一緒にやろうとか.ラジオで聞いたジョークが気に入ったという話題では,カエルが占い師に,あなたは素敵な女性と出会い,その女性はあなたのすべてを知りたいと熱望するでしょうと言われて,どこで出会うのか,パーティか,バーかと尋ねたところ,"Sience Lab."(研究室)でと言われたとか(解剖されちゃうわけ).そんな話に加えて,私をどこへ連れて行ったら良いかという相談もしてくれた.

その相談の中で,ロング・バーガーはどうかということになった.本社ビルがバスケットの形になっていて面白いんだとか言ってくれるのだが,長いハンバーガーとバスケットが頭の中で結びつかなかった.

小旅行

結局,フルーツ・パーク(リンゴ農園),コーン・メイズ(トウモロコシ畑の迷路),ロング・バーガー(?)に連れて行ってくれるということになった.フルーツ・パークとコーン・メイズは友人の子供も好きだというので,一緒に行った.フルーツ・パークでリンゴ狩りをした後,コーン・メイズに向かう.「簡単だよ.任せて.」という4年生の長男に先導されて,4歳になる長女と一緒に迷路の中を歩くのだが,なかなかゴールに辿り着けず,結局,ルートを無視して無理矢理外へ脱出した.

とうもろこし畑の迷路(Corn Maze)

その後,友人の友人宅にお邪魔させてもらい,奥さんに子供達を預かってもらうことにして,男3人でロング・バーガーに向かう.しばらく車を走らせると,目の前に巨大なバスケットが現れた.ロング・バーガーの本社ビルだ.脇道に入り,来客用駐車場に車を止めて,建物をよく見ると,"Longaberger"と書かれている.決して"Long Burger"ではない.

Longabergerの本社ビル

本社ビルの近くに工場があり,そこで製造工程を見学できるというので,行ってみることにした.駐車場には大型観光バスがズラリと並んでおり,まるでディズニーランドみたいだなと話をする.案内所でパンフレットをもらい,工場への行き方を尋ねたところ,今日は工場は動いていないと言われた.それでも折角来たのだからと,シャトルバスに乗って工場へと向かう.中に入ると,客がバスケット作りを体験するコーナーだけが動いており,工場は暗くガランとしていた.必ずしも週末が休みというわけではないが,この日は,オハイオ州立大学のフットボールチームのゲームがホームであり,仕事なんてしている場合ではないのだそうだ.

Longabergerのバスケット

バスケット作りに挑戦

中国をどう思うか

今回,学会とは全然関係のないところで,ごく普通であろう複数のアメリカ人と話をしたが,日本経済以外で,日本から来た私への最も多かった質問は,「中国をどう思うか」だった.いくつかの観点から質問があり,軍事力,経済,日中関係などが話題になった.中国からの対米輸出が急激に増加し,IBMのPC部門が中国企業に買収され,米国の石油会社までもが中国企業に買収されそうになったことで,中国脅威論が台頭してきていることが背景にあるのだろう.

不動産と住宅ローン

日本に直接関係のない話題としては,米国の不動産と金利が主なものだった.米国沿岸の都市部では,不動産ブームが凄まじく,近い将来不動産バブルが崩壊するのではないかと危惧されている.オハイオ州はそれほど影響を受けていないようだが,東海岸の大都市群に近いペンシルバニア州では,年間20%以上も不動産が値上がりしている地域もあるという.大都市部の不動産が値上がりしすぎて,周辺部の不動産が購入対象になっているのだ.

コロンバス近郊の不動産価格は,土地と住宅で20〜25万ドルぐらいだという.およそ2500万円ぐらいだが,家と庭の広さを考えると実に羨ましい.金利は30年固定で8.5%程度.最近は,インフレを懸念するFRBが利上げを継続しているため,住宅ローン金利も上昇し,不動産購入熱も冷めるだろうというのが一般的な見方だ.今回お邪魔した友人の友人宅は新興住宅街にあるのだが,売りに出ている家が目に付いた.不動産を購入したのはよいが,金利負担に耐えられなくて手放してしまう人も多いのだという.さらに驚くべきことに,購入当初は金利(支払額?)が低く,後で金利が上がるローンもあるそうだ.これではまるで,バブル絶頂期の日本そのままだ.ゆとり返済とかいう(冷静に判断すれば)馬鹿げた仕組みのせいで,背伸びして不動産を手に入れたのはよいが,結局維持できなくなって手放したという例も多かったはず.それと同じことがアメリカでも起こっているのだ.

友人は,以前所有していた家を現在は貸しているという.友人の友人は,合計5軒ほどを貸しているそうだ.新しく購入した家に数年間住み,条件の良い家を新たに購入する際に,古い家を貸すという方法で,貸家を増やしていくパターンだ.日本でも実践している人は少なくないだろう.

英語力

今回の滞在でも色々と経験させてもらったが,やはり英語力の無さを痛感せざるを得ない.アメリカ人同士が次々に話題を変えながら話をしているところに入っていくのは本当に大変だ.専門用語は頭の中にあるが,一般的な単語がなかなか口から出てこない.

「英語を練習しなきゃ」と年に何回思っているだろうか...進歩がない...

11月 042005
 

米国オハイオ州シンシナティで開催中の学会も本日が最終日だ.参加しているのは"AIChE Annual Meeting"という会議で,米国の化学工学会主催の研究発表会ということになる.セッション数が600近くにも及ぶ巨大な会議だ.

この会議に限らず,国際会議に参加する度に,フラストレーションを強く感じることになる.研究遂行能力の差を痛感させられるためだ.なお,ここでいう研究遂行能力とは,個人の力ではなく,グループとしての力だ.

現在,製造プロセスの運転データを活用して製品品質や歩留りを改善する技術について研究を実施している.複数の企業との共同研究も実施しており,論文だけでなく,特許も書いている.この分野に近いところで,近年,半導体プロセスを対象とした自動制御や運転監視の技術開発が米国を中心に盛んで,今回の会議でも数多くの発表があった.サバーティカルでAMDに滞在し,現在もこの分野で活躍している知り合いの教授(同じ世代)と話をしているときに,半導体プロセスに関連する研究課題に,どれぐらいの資源を投入しているかと尋ねてみた.答えは,「引き続き研究しているよ.ポスドク5人にこのテーマをやってもらっている.」というものだった.

私の研究グループには,ポスドクどころか,博士課程の学生すらいない.これだけ戦闘能力に差があるにもかかわらず,同じ土俵で研究をしていくのだから,本当に大変だ.そのような状況にあっても,今年は韓国で開催された学会で,来年はドイツで開催される学会で,招待講演をさせてもらえるのだから,我ながら頑張っている方じゃないかと思う.

いずれにせよ,真剣に戦闘能力の向上策を考える必要がある.世界を相手に戦える人材が必要だ.日本に引き籠もっている場合じゃない.