1月 172005
 

電車やバスの座席に座っているとき,お年寄りや妊婦,小さな子供を抱いた人などがいたら,あなたは,サッと席を譲りますか?

パリのメトロに乗っているときのことです.ある駅に着くと,ドアの外に,メトロに乗り込もうとする人達の列が見えました.すると,ドア付近に立っていた私の近くの座席に座っていた若い男女がサッと立って座席を空けたのです.その座席には,子連れの人が座りました.その素早さが印象に残っていました.

帰国してから,その様子を思い出して,日本での状況を考えてみたのです.日本では,少なくとも私が生活している範囲では,座席を譲る心を持った人は非常に少ないです.京都ではバスをよく利用しますが,子供を抱えていている母親が立っていても,無視したまま座席に座っている人が多いと,妻は言います.特に,学生ぐらいの若い人は非常に高い確率で座席を譲らないと.逆に,おばさんやおじさんは譲ってくれることが多いそうです.苦労を知っているのでしょうね.

優先座席やシルバーシートというものがあります.そもそも,なぜ,あんなものがあるのかが不思議なんです.優先座席やシルバーシートでなかったら,お年寄りや妊婦,小さな子供を抱いた人などがいても,無視しましょうということなのかと.もちろん,優先座席やシルバーシートを設けなければ,本当に誰も座席を譲らないほど,心の貧しい日本人が多いという事実が反映されているわけです.そうだからこそ思うのです.なぜ,日本人の心は,それほどまでに貧しいのだろうかと.貧しくなってしまったのだろうかと.

知っている人も多いでしょうが,このウェブサイトの自己紹介のところに,

道徳あるいは倫理はどうなってしまったのかと思う現代社会において,電車やバスでサッと席を譲れる人には非常に強い好感を抱く.付き合う相手,結婚する相手は,そういう人の中から選ぶべきだろうと思う.

と書いてあります.今回,その想いを改めて強くしました.難しいことなんて言いません.でも,公共の交通機関で,快く座席を譲るぐらいのことはしたいと思いませんか.友人にするなら,そういう人じゃないと嫌だと思いませんか.私はそう思うのですが,少数派なんでしょうか...

1月 162005
 

開かれた鞄から銀色に輝く包丁が取り出され,羽田空港のセキュリティチェック担当者に緊張がはしる.すぐに警備担当の男性が駆けつけて,その鞄の持ち主に尋問を始めた.

「行き先はどこだ.搭乗券は?」

「これ,何に使うのかね?」

一体,彼はその包丁で何をしようとしていたのだろうか.それにしても,搭乗ゲートへ向かう途中にあるセキュリティチェックを,包丁を持って通過しようというのは,尋常ではない.彼の目的は何なのか.もしかして,何か途方もないことが組織的に行われているのだろうか.

その14時間ほど前.チューリッヒ空港では,朝からの濃霧でフライトスケジュールが大幅に乱れていた.スイスインターナショナルとのコードシェア便であるJAL5072便で成田空港へ向かう予定のその男は,少し落ち着かない様子で,搭乗案内を待っていた.定刻より1時間ほど遅れて,搭乗案内が始まると,その男は足早に機内へと消えていった.

座席番号8K.窓側のそのシートに座った男は,このとき,まだ羽田空港で起こる出来事を予期できずにいた.男が成田空港に到着したのは,日本時間午前10時30分頃.やはり,定刻より1時間ほど遅い.パスポートコントロールを済ませて,無事に入国を果たしたときは,既に11時頃になっていた.男は慌てた様子で,羽田空港行きのリムジンバスのチケットを購入し,11時05分発のバスに飛び乗った.

この日は,天候が悪く,東京地方は雨で,一部では雪が降っていた.その男が握りしめているのは,12時30分羽田空港発の航空券だ.この天候ではフライトに間に合わないだろう.男がイライラしているのは,そのせいなのだろうか.

雨の中を,リムジンが羽田空港第1ターミナルに到着したのは,12時15分だった.出発時刻まで,あと15分しかない.男はJALのチェックインカウンターに走った.しかし,既に受付は終了している.何らかの使命があるらしいその男は,それでもカウンターで,チェックイン手続きをするよう求めた.男が手にしていた航空券を見た係員は,何かを悟ったのか,搭乗ゲートへ緊急連絡を行うと,特別にチェックイン手続きを行い,その男を先導して9番ゲートへと走り出した.

セキュリティチェックに到着すると,その男は,鞄を検査台に置くように命じられた.X線装置を通過した鞄に,検査員が集まる.検査員の一人が,男に尋ねた.

「鞄の中を見せていただいて宜しいですか.」

一瞬の間の後,男は表情を変えずに,「いいですよ」とだけ答えた.

開かれた鞄から銀色に輝く包丁が取り出され,羽田空港のセキュリティチェック担当者に緊張がはしる.すぐに警備担当の男性が駆けつけて,その鞄の持ち主に尋問を始めた.

「行き先はどこだ.搭乗券は?」

「伊丹です.搭乗券はJALの係の人が持っています.」

「これ,何に使うのかね?」

「そりゃぁ,台所で料理に使うに決まってますけど...」

その男が持っていたのは,刃物で有名なドイツのヘンケル社製の包丁,研ぎ機,はさみだった.3点で約2万3千円.フランクフルトで,男が妻への土産として購入したものだった.

そう,その男とは私です.

しかし,本当に参りました.受付が済んでいるのにチェックイン手続きをしてもらったにもかかわらず,セキュリティで大騒動になるところでしたから.結局,預かり票みたいなものに私とJALの係の方がサインをして,セキュリティは通過しました.ただ,危険物は私が取り扱ってはいけないとのことで,JALの係の方に非常に重たいスーツケースを搭乗ゲートまで運んでいただきました.機内で座席に着いたとき,時計は12時30分を指していました.何とか間に合ったと言って良いのかどうか.

まあ,チューリッヒ空港でのフライトスケジュールの乱れは悪天候のため仕方ないものです.しかし,JAL5072便に関しては,機体は既に空港にあり,他機からの乗り継ぎ客を待つために,離陸時間を1時間近く遅らせたわけです.そのために,羽田発伊丹行きの飛行機に乗り遅れるのでは,私が可哀想ってものです.結果的にスケジュール通りに帰宅できたので良かったのですが.今後,成田−羽田間をバスで行き来するのは止めようと思いました.空港が変わるとチェックインをしなおす必要があるため,運行遅延の際など修復が困難なことを実感しました.やはり,乗り継ぎはシンプルが一番です.

最後に,羽田空港のチェックインカウンターで,受付終了後にもかかわらず,私のチェックイン手続きをして下さり,搭乗ゲートまで一緒に走って下さった,JALの地上係員の方にお礼申し上げます.ありがとうございました.また,セキュリティチェックにてお手数をおかけし,申し訳ありませんでした.私に非があるわけではないでしょうが,親切にチェックイン手続きをして下さった方に,予期せぬ事態で時間を消費し,ご心配をおかけしたことには深くお詫びします.ともかく,予定通りに帰宅できたのは,この係員の方のおかげです.本当にありがとうございました.

1月 112005
 

月曜日の朝に,TGVでリヨンへ移動した.

リヨンと言えば,あのポール・ボキューズが郊外にある食通の街.フランス料理を堪能するしかない.日中の研究機関訪問を終えると,新市街や旧市街を散策しながら,食事場所を探す.気取ったレストランに入らなくても,気軽なブションで,手軽に美味しい料理とワインを堪能できる.自家製ホワグラ,ホワグラとトリュフのソースを使ったパスタ,赤ワインソースの子牛ステーキ等々,いずれも日本では有り得ないコストパフォーマンスだ.何名かで料理をシェアすると,色々な味を堪能できる.

今回の出張では,ワイン通で,ワインを飲むためにフランス各地をレンタカーで旅行した経験があるというA氏が一緒だったため,食事に合わせてワインを選んでもらった.パリとリヨンに滞在した数日間,ワインを毎日1ボトルほど飲んだ.みんなで1ボトルではなく,1人あたり1ボトルだ.それでも,ワインと料理を合わせた食事代金は3000円ほど.驚くほど安い.フランス料理を楽しむなら,リヨンへ.パリの食事は割高に思える.

旅行中に,アメリカ人の団体と何度か遭遇した.団体旅行と言えば日本人の得意技と思われがちだが,アメリカ人も団体旅行好きだと思う.結構,群れをなしていることが多い.火曜日の夜,リヨンのブションでアメリカ人グループと一緒になったのだが,我々がワインを飲んでいる横で,彼らはコカコーラを飲んでいた.しかし,リヨンまで来て,フランス料理を食べながらコークかよ.コークが合うのはハンバーガーだろ.彼らの食に対する感覚は理解に苦しむ.

地元の人,お勧めのレストラン
昼食を満喫したレストラン

夜のレストラン街(いろいろなブションに目移り)
夜のレストラン街(いろいろなブションに目移り)

丘からの眺望(超高層ビルが宿泊したホテル)
丘からの眺望(超高層ビルが宿泊したホテル)

1月 092005
 

ルーヴル美術館とオルセー美術館はセーヌ川を挟んで建っているため,ロイヤル橋を渡るだけで気軽に行き来できる.

モナリザやミロのビーナスで世界的に超有名なルーヴル美術館と比較すると,オルセー美術館はややマイナーなのかもしれない.しかし,そのコレクションは世界の宝と呼ぶに相応しい素晴らしいものだ.特に,印象派のコレクションが充実しており,ルノワールをはじめとする印象派の絵画が好きな私は,心の底から感動した.

オルセー美術館全景(ルーヴルより)
オルセー美術館全景(ルーヴルより)

オルセー美術館からルーヴル美術館を望む
オルセー美術館からルーヴル美術館を望む

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」や「ピアノを弾く娘たち」など,モネの「日傘の女(右向きと左向きの両方)」など,ゴッホの「自画像」など,いずれも非常に美しく,強く心に残る作品だ.この他にも,美術の教科書でお馴染みの,セザンヌ,ゴーギャン,ミレー,マネ,ドガなどの作品も多数展示されている.仮に,この中の1点が日本へ来れば,その1点を見るためだけに大行列ができるような作品がゴロゴロしている.しかし,私の好みではないのでサッと見るだけ.なんとも贅沢な話だ.

「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」(ルノワール)
「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」(ルノワール)

12時前にオルセー美術館に到着したので,一通り見学した後で食事をすることにした.オルセー美術館の中階にあるレストランは,オルセー美術館が駅舎だったころ,貴賓室として利用されていたそうだ.美しい絵画に満足したら,豪華で雰囲気の良いレストランでフランス料理を楽しみ,またお気に入りの作品を見に行く.そうやって,最高に贅沢な時間を過ごした.

レストラン(昔の貴賓室)
レストラン(昔の貴賓室)

ルーヴル美術館と同様,所蔵作品数が非常に多いため,「オルセー見学ガイド」を購入して,じっくりと見たい作品を絞り込んだ.それでも見学には2時間以上かかった.大満足して美術館を後にしたのは15時前だった.

パリの美術館巡りのコツは,共通入場券である"Carte Musees"と見学ガイドを購入することだ.強くお薦めする.

オルセー美術館の次は,ピカソ美術館へ.ピカソ美術館はショッピングをする人達で大変賑わう地区にあるが,ルーヴルやオルセーに比べると来館者は随分と少ない様子だった.旅行ガイドブックによると,ピカソの様々な時代の作品が見られるというので期待していたが,キュービズム以降の作品が主体で,青の時代やそれ以前の作品は少数だった.青の時代の作品が見たいなら,スペインのピカソ美術館に行くべきだろう.1時間ほど見学して,美術館を後にした.

1月 092005
 

パリに来たからには,是非ともルーヴル美術館(ルーブル美術館)は見ておきたい.そこで,閉まっている店が多い日曜日に,美術館巡りをすることにした.

9:00の開館に間に合うように,凱旋門近くのホテルから歩いて行った.まだ外は暗い.ルーヴル美術館の入口でもあるピラミッドに到着したのは8:40頃だったが,既に短い行列ができていた.9:00ちょうどにドアが開くと,行列が2つに分けられた.一方は鞄を持っている人の行列で,中身をチェックされるために,さらに待たされることになる.一方,手ぶらで行った私は何も待つことなく中へ.やはり,身軽なのは良いことだ."Carte Musees"という美術館や観光名所などの共通入場券を買っておいたため,チケットを買うために並ぶこともなく,すぐに美術館の中へと進んだ.

ルーヴル美術館の中庭
ルーヴル美術館の中庭

正面の階段を駆け上がり,最初に目指したのはミロのビーナス.どうやらミロのビーナスを最初に見に行く人は少ないようで,しばらくはビーナスと私の二人きりの時間を満喫した.美術の教科書なんかで,正面から見たビーナスはお馴染みだが,本物の彫刻を見る良さは,違った角度からの眺めを楽しめることにある.ミロのビーナスの場合,後ろからの眺めが良く,おしりも含めてその素晴らしいプロポーションにしばらく見取れていた.これほど真剣に彫刻を眺めたのは,ミケランジェロのダビデ像以来だ.

ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナス

次に目指したのがモナリザ.ルーヴル美術館においても,モナリザだけは特別のようで,写真撮影禁止の上に,行列用のロープが張られていた.モナリザの前には既に人集り(それでも10人ぐらい)ができていたが,ルーヴル美術館で人集りを見たのは,結局モナリザの前だけだった.小さいなぁ,というのが第一印象.ただ,微妙な微笑みを浮かべるモナリザの良さは,よくわからなかった.モナリザは凄いんだと洗脳されていなかったら,すっと通り過ぎていたに違いない.

ミロのビーナスとモナリザを見終えたところで,さてどうやってルーヴルを見学しようかと立ち止まった.案内所で配布している無料のパンフレットにも見所は書かれているが,あまりに情報が少ない.そこで,8ユーロの「ルーヴル見学ガイド」を購入して,そこで紹介されている作品を中心に見学することにした.一通り見終わったのは11:30頃だったが,作品の説明と展示場所が記載されている見学ガイドは非常に役立った.これからルーヴル美術館を訪れる人には有料のルーヴル見学ガイドを購入することをお勧めする.

「民衆を導く自由の女神」(ドラクロワ)
「民衆を導く自由の女神」(ドラクロワ)

上記の他,ハムラビ法典(大きな黒い石),民衆を導く自由の女神(ドラクロワ),レースを編む女(フェルメール)等々,凄まじいコレクションには驚嘆させられた.じっくりと見学しようとすれば,当然,1日では足りないだろう.しかし,あれだけ多数の作品を見ていると,感覚が麻痺してくるので,1日すべてをルーヴル美術館だけで潰すというのは,贅沢ではあるが,効率がよい方法とは思えない.私は2時間30分ほどをルーヴル美術館で過ごし,オルセー美術館へと向かった.

ハムラビ法典
ハムラビ法典



1月 092005
 

生まれて初めて,パリを訪問するチャンスに恵まれた.

金曜日の夜にシャルル・ド・ゴール空港に到着し,タクシーでホテルへ.滞在したのは,Hotel Franklin Rooseveltという凱旋門に近い四つ星ホテル.クラシカルな内装で,非常に雰囲気が良かった.荷物を置くと,まずはシャンゼリゼ大通りへ.1月なので,5時を過ぎると外は暗くなるが,フランスの夜は遅い.レストランに人が集まってくるのは7時以降だ.

今年の冬は異常に暖かいようで,日が沈んでからもオープンカフェで全然問題ない.そこで,シャンゼリゼ大通り沿いのオープンカフェの最前列で,行き交う人々を眺めながら,ビールを飲む.ウェイターが非常に陽気で,流石はフランスだと感心させられる.ともかく,念願達成.しばらくオープンカフェの雰囲気を楽しんだ後,ルイ・ヴィトンの超巨大鞄型看板の前を通って,凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場へ.凱旋門は一部工事中だったが,非常に驚いたのが,凱旋門を取り巻くロータリーでの交通だ.ロータリーは巨大で,車が何重にもなって旋回しているのだが,車線がないため,それぞれの車が好き勝手に進もうとして,非常に危険に見える.少なくとも,こんなところで運転はできない.恐ろしすぎる.そろそろお腹も空いてきたので,ホテルの近くにあったレストランへ.冬の味覚は牡蠣というわけで,生牡蠣とシャブリを注文.大満足だ.

翌朝は,8:00にホテルを出て観光へ.外はまだ暗い.シャンゼリゼ大通りをコンコルド広場まで進み,サン・ジェルマン大通りを通って,ヌフ橋からシテ島へ.マリー・アントワネットが閉じ込められていた独房のあるコンシェルジュリー,ステンドグラスが衝撃的なほど美しいサント・シャペルを見学し,ノートルダム大聖堂の塔に登る.狭い螺旋階段は結構大変だが,塔からのパリ市街の眺めは素晴らしい.路地を散策しながら,軽い昼食を取り,オペラ・ガルニエへ.残念ながら,オペラ・ガルニエの内部を見学することはできなかった.すぐ近くのAMEXオフィスでT/Cを現金化した後,マドレーヌ教会を経て,ナポレオンの棺があるアンヴァリッドへ.そこから,シャン・ド・マルス公園に向かうと,目の前にエッフェル塔が現れる.パリ万国博の際に建設されたシャイヨー宮を通って,凱旋門へと向かう.凱旋門の上から眺めると,シャンゼリゼ大通りをはじめ,いくつもの大通りが綺麗に放射線状に伸びているのがわかる.建物の高さは見事に揃っており,白が基調の街並みが美しい.

ノートルダム大聖堂からの眺望
ノートルダム大聖堂からの眺望

ノートルダム大聖堂入口(よこそう?)
ノートルダム大聖堂入口

サント・シャペルのステンドグラス
サント・シャペルのステンドグラス

明るい茶色の屋根で統一されたフィレンツェや白を基調とするパリの美しい街並みを見せつけられると,統一感が微塵もない京都の街並みは何とかできなかったものかと思う.確かに,有名な寺や神社はあるが,街としての魅力があるだろうか.文化に理解のない日本人の限界か.

散策中に見付けたスケートリンク
散策中に見付けたスケートリンク

パリ市内には綺麗な公園が多い
パリ市内には綺麗な公園が多い

さて,初めてのパリを満喫しようと,精力的に主要な観光スポットを巡り,ホテルに戻ったのは18:00だった.早く戻ってきたのには理由がある.キャバレーのナイトショーを楽しむためだ.ムーラン・ルージュやリドと並んで有名で,ホテルからも近い"CRAZY HORSE PARIS"に行った.既に行列ができていたが,夫婦らしい客が多かった.鑑賞したのは"taboo"というショーだ.幕が上がるとともに登場した12人のダンサーを見て,その均質性に驚かされた.身長,スタイル,胸の大きさなど見事なまでに統一されている.プログラムで確認したところ,登録されている29人のダンサーのうち,最も身長の低い人が165cm,高い人が171cmだった.シャンパンを飲みながら,洗練されたダンス・ショーを満喫した.

CRAZY HORSE PARIS
CRAZY HORSE PARIS

パリの昼と夜を大いに楽しんだ1日だった.

翌日は美術館巡りへ.遂に,ルーヴルとオルセーを見学できる機会がきた.



1月 012005
 

あけましておめでとうございます.

時の経つのは速いもので,ふと振り返ってみると,なんと前回の独り言を書いてから2ヶ月も経っている.一応,一週間毎に書くことを目安としているのだが,昨年は書かない(書けない)時期が多かった.最大の理由は本業が忙しいことで,自宅と大学を往復するだけの生活では書くネタもないし,独り言をのんびりと書いている時間もない.もちろん休日には,子供と遊ぶ方が優先度が遥かに高い.

昨年の忘年会シーズンに,生まれた初めて鼈(←読める?)を食べた.いただいた鍋と雑炊は,あっさりしていて非常に美味しかった.身近なところでは鶏肉に似た食感で,身近でないところではカエルに似た感じと言えば,そのあっさり感が理解してもらえるだろうか.しかし,その肉と一緒にいただいた生き血,卵,心臓は珍しくて興味深かったが,決して美味しいものではなかった.まず,生き血はやはり生臭い.焼酎割りでいただいたので,多少は生臭さがマイルドだったものの,やはり厳しかった.卵はそれほど強烈な印象は残らなかったが,話のネタに一口で十分といった感じ.心臓は,コリコリというか何というか独特の歯触りで,ほとんど味はなかった.その店のメニューによると一匹1万円弱とのことだったので,何人かで鍋をつつけば,それほど高くはない.京都で鼈と言えば大市しか知らないが,死ぬまでに一度は行ってみようかと思った.ちなみに,大市は専門店で決まったコース料理しかなく,一人2万円以上.

 漢字テスト正解: 鼈=すっぽん

さて,今年になって最初にしたのが,初詣ではなくて,赤ちゃん本舗での買い物.年末に送られてきたダイレクトメールに,福袋やセール商品の案内が掲載されていて,その中に,レゴブロックの寄せ集めセットがあった.定価で18000円ぐらいのものが5000円ということなので,新年早々買いに行くことにした.実は,昨年も似たような商品があったのだが,1月2日の夕方に,実家に帰ったついでに近くの赤ちゃん本舗に立ち寄ったところ,既に品切れですと言われた.それで,今年は1月1日の朝一で出掛けることにしたというわけ.

駐車スペースがほとんどない店舗のため,開店時間の10時よりも前を狙って,9:40現地到着.入口付近には既に行列ができており,貧乏人の多さを痛感.10:00には50人以上の行列になっていたはず.中には,夫婦で別々の店の初売りに出掛け,携帯電話で連絡を取り合っている人もいて,凄いなぁと本気で感心した.10:00ちょうどにシャッターが開くと,群衆が一斉に店内へ突入.まさに,レミングス状態.入口直後が深い穴だったら,全員真っ逆さまに落ちていっただろう.子供を抱えた私は,玩具売り場である地階を目指して,彼女の後をついて行く.地階のレジ近くに,白い箱に入ったレゴの寄せ集めセットがあった.最初に白い箱を見つけたときには,確かに10箱ぐらいは積まれていたのだが,次の瞬間には,箱は周囲に散乱し,箱の奪い合い状態になっていた.当然ながら,子供を抱えたままの私は参戦できない.すると,彼女が落ちていた箱を機敏に拾い上げてくれた.箱は2種類あったのだが,狙っていた幼児向けの箱を無事に獲得できた.目的を達することができたから,私としては何も問題なかったのだが,あの店内の状況を見ている限り,怪我人が出ても全然おかしくない状況だった.正月早々,高々1万円程度の買い物で怪我をするのは馬鹿馬鹿しい.店には,もっとしっかりとした対応をして欲しいものだ.

このように,近年,元旦から営業する店が増えた.自分が元旦から買い物に行っておいて書くのもどうかと思うが,元旦からの営業を自粛できないものだろうか.確かに,いろいろな店が元旦も開いていれば便利ではある.しかし,店が開いていれば,そこで働いている人達がいるわけであり,正月三箇日すら家族と共に過ごせない人達がいるということだ.働く自由を認めないわけではないが,働かない自由も認められるべきだろう.日本の伝統的な休日である正月休みぐらい,少なくとも元旦ぐらいは,緊急性の低い仕事は休むべきではないか.それで売上げが多少減るとしても,現在の日本にとっては,家族の絆や地域コミュニティの方が大切ではないだろうか.

おせち料理を食べながら,そんなことを思った.

ちなみに,子供は買ってきたレゴセットの中の組立式のトラックみたいなやつが大層気に入ったようで,ブーブーと叫びながら遊んでいる.