1月 012005
 

あけましておめでとうございます.

時の経つのは速いもので,ふと振り返ってみると,なんと前回の独り言を書いてから2ヶ月も経っている.一応,一週間毎に書くことを目安としているのだが,昨年は書かない(書けない)時期が多かった.最大の理由は本業が忙しいことで,自宅と大学を往復するだけの生活では書くネタもないし,独り言をのんびりと書いている時間もない.もちろん休日には,子供と遊ぶ方が優先度が遥かに高い.

昨年の忘年会シーズンに,生まれた初めて鼈(←読める?)を食べた.いただいた鍋と雑炊は,あっさりしていて非常に美味しかった.身近なところでは鶏肉に似た食感で,身近でないところではカエルに似た感じと言えば,そのあっさり感が理解してもらえるだろうか.しかし,その肉と一緒にいただいた生き血,卵,心臓は珍しくて興味深かったが,決して美味しいものではなかった.まず,生き血はやはり生臭い.焼酎割りでいただいたので,多少は生臭さがマイルドだったものの,やはり厳しかった.卵はそれほど強烈な印象は残らなかったが,話のネタに一口で十分といった感じ.心臓は,コリコリというか何というか独特の歯触りで,ほとんど味はなかった.その店のメニューによると一匹1万円弱とのことだったので,何人かで鍋をつつけば,それほど高くはない.京都で鼈と言えば大市しか知らないが,死ぬまでに一度は行ってみようかと思った.ちなみに,大市は専門店で決まったコース料理しかなく,一人2万円以上.

 漢字テスト正解: 鼈=すっぽん

さて,今年になって最初にしたのが,初詣ではなくて,赤ちゃん本舗での買い物.年末に送られてきたダイレクトメールに,福袋やセール商品の案内が掲載されていて,その中に,レゴブロックの寄せ集めセットがあった.定価で18000円ぐらいのものが5000円ということなので,新年早々買いに行くことにした.実は,昨年も似たような商品があったのだが,1月2日の夕方に,実家に帰ったついでに近くの赤ちゃん本舗に立ち寄ったところ,既に品切れですと言われた.それで,今年は1月1日の朝一で出掛けることにしたというわけ.

駐車スペースがほとんどない店舗のため,開店時間の10時よりも前を狙って,9:40現地到着.入口付近には既に行列ができており,貧乏人の多さを痛感.10:00には50人以上の行列になっていたはず.中には,夫婦で別々の店の初売りに出掛け,携帯電話で連絡を取り合っている人もいて,凄いなぁと本気で感心した.10:00ちょうどにシャッターが開くと,群衆が一斉に店内へ突入.まさに,レミングス状態.入口直後が深い穴だったら,全員真っ逆さまに落ちていっただろう.子供を抱えた私は,玩具売り場である地階を目指して,彼女の後をついて行く.地階のレジ近くに,白い箱に入ったレゴの寄せ集めセットがあった.最初に白い箱を見つけたときには,確かに10箱ぐらいは積まれていたのだが,次の瞬間には,箱は周囲に散乱し,箱の奪い合い状態になっていた.当然ながら,子供を抱えたままの私は参戦できない.すると,彼女が落ちていた箱を機敏に拾い上げてくれた.箱は2種類あったのだが,狙っていた幼児向けの箱を無事に獲得できた.目的を達することができたから,私としては何も問題なかったのだが,あの店内の状況を見ている限り,怪我人が出ても全然おかしくない状況だった.正月早々,高々1万円程度の買い物で怪我をするのは馬鹿馬鹿しい.店には,もっとしっかりとした対応をして欲しいものだ.

このように,近年,元旦から営業する店が増えた.自分が元旦から買い物に行っておいて書くのもどうかと思うが,元旦からの営業を自粛できないものだろうか.確かに,いろいろな店が元旦も開いていれば便利ではある.しかし,店が開いていれば,そこで働いている人達がいるわけであり,正月三箇日すら家族と共に過ごせない人達がいるということだ.働く自由を認めないわけではないが,働かない自由も認められるべきだろう.日本の伝統的な休日である正月休みぐらい,少なくとも元旦ぐらいは,緊急性の低い仕事は休むべきではないか.それで売上げが多少減るとしても,現在の日本にとっては,家族の絆や地域コミュニティの方が大切ではないだろうか.

おせち料理を食べながら,そんなことを思った.

ちなみに,子供は買ってきたレゴセットの中の組立式のトラックみたいなやつが大層気に入ったようで,ブーブーと叫びながら遊んでいる.



 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>