1月 112005
 

月曜日の朝に,TGVでリヨンへ移動した.

リヨンと言えば,あのポール・ボキューズが郊外にある食通の街.フランス料理を堪能するしかない.日中の研究機関訪問を終えると,新市街や旧市街を散策しながら,食事場所を探す.気取ったレストランに入らなくても,気軽なブションで,手軽に美味しい料理とワインを堪能できる.自家製ホワグラ,ホワグラとトリュフのソースを使ったパスタ,赤ワインソースの子牛ステーキ等々,いずれも日本では有り得ないコストパフォーマンスだ.何名かで料理をシェアすると,色々な味を堪能できる.

今回の出張では,ワイン通で,ワインを飲むためにフランス各地をレンタカーで旅行した経験があるというA氏が一緒だったため,食事に合わせてワインを選んでもらった.パリとリヨンに滞在した数日間,ワインを毎日1ボトルほど飲んだ.みんなで1ボトルではなく,1人あたり1ボトルだ.それでも,ワインと料理を合わせた食事代金は3000円ほど.驚くほど安い.フランス料理を楽しむなら,リヨンへ.パリの食事は割高に思える.

旅行中に,アメリカ人の団体と何度か遭遇した.団体旅行と言えば日本人の得意技と思われがちだが,アメリカ人も団体旅行好きだと思う.結構,群れをなしていることが多い.火曜日の夜,リヨンのブションでアメリカ人グループと一緒になったのだが,我々がワインを飲んでいる横で,彼らはコカコーラを飲んでいた.しかし,リヨンまで来て,フランス料理を食べながらコークかよ.コークが合うのはハンバーガーだろ.彼らの食に対する感覚は理解に苦しむ.

地元の人,お勧めのレストラン
昼食を満喫したレストラン

夜のレストラン街(いろいろなブションに目移り)
夜のレストラン街(いろいろなブションに目移り)

丘からの眺望(超高層ビルが宿泊したホテル)
丘からの眺望(超高層ビルが宿泊したホテル)

  2 Responses to “リヨンでの食事”

  1. 来週からパリとリヨンに2週間ほど旅に出るものです。リヨンでの食事をとても楽しみにしています。

  2. 是非,リヨンでの食事を満喫してきて下さい.一番上の写真のブションは,星の王子様がいる広場から近いところにある店で,東京滞在経験のあるフランス人に「この店が安くて美味しいよ!」と教えてもらいました.ただ,英語は通じません.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>