3月 242005
 

3月22−24日の3日間,名古屋大学で化学工学会の年会(研究発表会)が開催された.毎年,春と秋に開催される会議で,ナノ・マイクロ,バイオから地球環境まで,実に広範なテーマについて研究成果が発表される.約20の会場で並行して発表が行われるので,かなり大規模な会議と言えるだろう.

その学会発表を聞いていて,気になったことがある.

学会発表においては,研究の背景や目的が明確でないと,研究の意義が全く伝わらないので,「なぜ,そんなことしてるの?」となってしまう.このため,研究の背景や目的をきちんと説明することは非常に大切だ.学会発表においては,研究の詳細よりも,その方が重要だとも思う.個々の発表を聞いていると,確かに,研究の背景や目的を説明してくれている.例えば,こんな感じだ.

現在,○○が問題となっています.この問題を解決するためには,△△を実現する必要があります.本研究では,△△の実現に必要な□□について検討しました.

問題ない.しかし,私が気になるのは,「で,その研究は世界最先端なの?」ということだ.そんなに重要な問題なら,これまでに世界中の優秀な人達が色々な試みをしているはずだ.そういう過去の研究と比較して,何が新しいのか,どこに特徴があるのか,これをきちんと説明してくれない発表があまりに多い.

ズバッと言うと,当該分野の調査をきちんとしていないに違いない.調査をしていないのだから,当該分野に関する国際的な研究動向の中に自分自身の研究を正しく位置付けることができないわけだ.だから,説明もできない.もしそうだとしたら,あまりにもお粗末だ.レベルが低すぎる.

研究の完成度が低いと言っているのではない.そんなものは,どれだけ低くても構わない.オリジナリティのある研究であれば,完成している必要なんて全くない.それこそ,枝葉末節については,放っておいても後から誰かがやってくれる.

私が問題と思うのは,研究の完成度が高いとか低いとかではなく,自分がやっている研究の位置付けができていないのではないかということだ.もちろん,新しい分野に挑戦するときには,まずは世界のレベルに追いつく必要がある.しばらくは,地下に潜伏する期間も必要だ.目新しい成果も出ないだろう.そんなことをダメだと言っているのではない.世界に目が向いていますか,と言っているのだ.自己満足だけで終わってませんか,と言っているのだ.趣味でやっているなら,それで構わないのだけれど...

「国内の会議だから」という言い訳もあるかもしれないが,それでは学会自身がいつまでたっても二流のままになってしまうのではないか.

3月 202005
 

3月はじめに,化学工学会の学生発表会が同志社大学で,計測自動制御学会の学生発表会が京都大学で,それぞれ1日間の日程で開催された.学生発表会は,その名の通り,学生に学会発表を経験する機会を与えると共に,大学を超えた繋がりを作る機会を与えるために企画されたものだ.両方の学生発表会で司会を依頼されたので,参加してきた.そのときに感じたことを述べる.

「なぜ,質問できないの?」

言いたいことはこれだけだ.司会をしている最中にも何度となく促したのだが,質問する学生がほとんどいなかった.黙って座って,自分か友人の発表を待つだけ.自己中心的としか言いようがない.学生発表会の主役は学生なのだから,学生が発表するのは当然ながら,学生が質問しないでどうするのか.レベルの高い学会なら,学生が質問に臆するのも理解できる.英語で質問ともなれば,尻込みする気持ちもわかる.しかし,日本語の学生発表会だぞ.ここで質問できないということは,どうしようもなく実力がないか,どうしようもなく臆病か,のいずれかだろう.いずれにしても,研究者や技術者として生きていけるのか甚だ不安だ.もっと積極的になれよ.

しかし,すべてを学生の所為にはできないはずだ.通常の国内の学会でも,全然質問がでないことも多い.学生を指導する立場にある人達がその程度の積極さしか身につけていないのだから,学生に学会で積極的に質問しろと言っても,説得力がないのは当然だ.というか,恥ずかしくて,そんな指導はできないだろう.偉い先生が,講義の際に学生に前に座りなさいと指導するくせに,学会では後ろの方で黙っているのも似たような構造だ.全然説得力がない.学生は教員の背中を見て学んでいるんだ.口先だけではどうしようもない.

まあ,他のグループのことはどうでもいい.少なくとも,自分のグループは血気盛んな集団にしたい.若いうちは噛み付けばいい.返り討ちにあったって構わない.次に対峙するときには打っ手切れるように,気合いを入れて研究に打ち込めばいい.年を取ってから,あまりキャンキャン吠えるのはどうかと思うが,若いうちは元気な証拠と好意的に見てもらえる.

学会に参加したら,一度は質問すること.これは義務だ.できないなら参加するな.

3月 192005
 

先週末,一泊二日で徳島へ旅行した.より正確に言うと,前日の夜に,一緒に旅行する友人の家に宿泊させてもらったので,二泊三日の旅行になる.

土曜日.朝からチャイルドシートを付け替えて,いっぱいの荷物を載せて,大人4人と幼児2人で出発.これだけの人と荷物が載せられる車の大きさと,電動スライドドアの便利さに感心する.

高速道路を通り,明石海峡大橋と大鳴門橋を利用して徳島へ.途中,何度もETCの便利さに感心する.それでも,実家が京都と滋賀で,週末に日帰りスキーに行くこともなくなった私には,購入する理由がなさそうな代物ではある.

正午を少し過ぎた頃に鳴門に到着した.鳴門といえば鯛が美味しいらしいとのことで,ガイドブックにあった「鯛丸」へ.折角だから,いっぱい鯛を食べようということで,鯛コースというのを4人前注文する.幼児連れだったため,広い座敷を貸し切りで使わせてもらった.もう食べられませんというほど鯛を食べて,再出発.

<昼食の内容>
鯛コース基本プラン 1人前3,700円
鯛珍味三種・鯛活造り・うす造り・天ぷら・宝楽焼・酢の物・吸い物・御飯・香の物・果物

ちょうど午後2時前後が大潮なので,渦潮を見に行くことに.渦潮見学用の船に乗ることも考えていたが,非常に風が強かったため,大鳴門橋の「渦の道」へ向かう.これは,渦潮を真上から見ることのできる遊歩道で,四国側から大鳴門橋の途中まで歩いていけるようになっている.床の一部がガラスになっていて,真下に渦潮を見ることができる.なかなか面白い.橋から見下ろすと,海上では遊覧船が渦潮を追いかけているのだが,強風のため揺れが酷そうだった.恐らく,船にしなくて正解だったはずだ.

渦潮の見学を終えて駐車場に戻る途中で,激しい雪が降ってきた.風が強いため,吹雪状態.まさか3月中旬の徳島で吹雪に見舞われるとは思ってもいなかった.凍えながら車に乗り込み,宿泊先の徳島プリンスホテルへ.ホテル側が気を利かしてくれて,少し広めのツインルームにベビーベッドを用意してくれていた.部屋からは,たくさんのヨットが停泊している川が見えた.

午後5時.今回の旅行の目的地へ.子供が大人しくしていてくれることを祈りながら,新婚の友人の家を訪ねる.リビングに入ると,奥には32型液晶テレビがあり,シルバーで統一されていた周辺機器やテレビ台が,リビングのアクセントになっている.久しぶりに実感したが,幼児のいない家は実に綺麗だ.

おか泉
おか泉

宮武うどん
宮武うどん

長田in香の香
長田in香の香

6人が顔を合わせるのは本当に久しぶりで,ワイワイ言いながら,夕食の鴨鍋をご馳走になる.鴨肉は奈良から取り寄せたものということだったが,柔らかくて非常に美味しかった.ここでも,もう食べられませんというほど鴨鍋を満喫させてもらった.

そんな状態でありながらも,徳島に来たからには徳島ラーメンを食べないわけにはいかない.友人宅の近くに「巽屋」という美味しいと評判の徳島ラーメンの店があるということで,そこへ行く計画だった.ところが,巽屋の閉店時間は午後8時15分.美味しい鴨鍋をいただいて,ホッと一息ついた頃には,すでに閉まっていた.トホホ...ラーメン屋って,夜中までやってるものじゃないの.京都の常識は徳島の非常識なわけね...ということで,徳島ラーメンは諦めてホテルへと戻った.

日曜日.ホテルの朝食バイキングをのんびりと楽しんだ後,ロビーに全員集合.この日の目的はずばり,讃岐うどん.最初の目的地は「おか泉」.そこの開店時間11時に間に合うように,車2台で香川県坂出に向かう.11時前に到着したときには既に開店していたが,並ぶことなくテーブルへ.「冷天おろし」と「生じょうゆ」を注文した.冷天おろしの天麩羅はボリューム満点で衣もサクサクしている.当然ながら,うどんの歯応えも凄く,非常に美味しかった.生じょうゆはシンプルだが,それだけにうどん本来の味を楽しめる.流石,超人気店というだけのことはある.食後,子供が「チューチュー(麺類のこと),美味しい」を連呼するのには驚いた.1歳でも讃岐うどんの味がわかるのかな.お土産と自宅用に家庭用半生麺30人前を購入して店の外に出ると,既に大行列ができていた.

二軒目は「宮武うどん」.田舎の田んぼの中の一軒家みたいなところで,普通の民家の一部を店にしているという感じ.しかし,少し離れたところにある駐車場は広大で,なんと観光用小型バスも停車している.恐るべし.それにしても,3月中旬とは思えない厳しい寒さだったため,ここの行列に並んでいるのは大変だった.数十分ぐらい並んだだろうか,ようやく中に入れたときには体は冷え切っていた.こんな状況では,注文は「あつあつ」しかない.ここの麺は,いかにも手作りという感じで,太さも長さもバラバラだった.

最後は「長田in香の香」という釜揚げうどんの店.巨大な徳利に入っただしを容器に移し,葱,生姜,胡麻を入れて,いただく.シンプルながら,ここの釜揚げうどんも非常に美味しかった.結局,昼食に三軒の讃岐うどん店を巡り,もう十分ですという感じ.ここで徳島の友人と別れて,帰途についた.