5月 052005
 

端午の節句が近づいてきて,慌てて兜を飾った.しかし,低い所に飾ると,間違いなく子供に破壊されるので,出窓にひっそりと飾ってある.少し,兜が哀れな気もする.

5月5日,端午の節句には,その兜を机の上に置いて,近所の和菓子屋さんで買ってきた柏餅と一緒に並べてやった.兜と子供を並べると,この一年間で子供が随分と大きくなったことを改めて感じる.昨年は兜をかぶれたのだが,今年は無理だ.

端午の節句:兜飾り
端午の節句:兜飾りと柏餅

最近,子供のおもちゃについて検討している.きっかけは,祖父母が孫に三輪車を買ってやりたいと言ってくれたことだ.流石に三輪車はまだ早いと思ったので,足で地面を蹴って進むタイプの自動車をチェックしてみた.シンプルなものが良いと思って探したのだが,キャラクターものか,実車に似せたものしかない.それで,結局,アンパンマンの自動車になった.

未だに理由がわからないのだが,とにかく,子供は大喜びだ.「アンパンマン!」,「バイキンマン!」などと叫びつつ,キッチン,リビング,洋室,和室を問わず,狭い家の中を縦横無尽に爆走している.畳も床もボロボロになるし,いずれ襖(ふすま)に穴を空けるだろう.

自分で蹴って進むだけでは物足りないらしく,私に押せと言う.しかも,手抜きをして片手で押すと怒り出す.しっかりと両手で持って押してやらなければならない.さらに,自分で「Three, Two, One, Go!」とカウントダウンまでしてくれるので,それに合わせて押してやる必要がある.なかなか大変だ.

さて,正直なところ,足漕ぎ自動車はどれでも良かったのだが,私が悩んでいるのは,子供にどんなおもちゃを与えれば良いのかということだ.とりあえず,これまでに,レゴ(LEGO)のブロックとブリオ(BRIO)の汽車レールセットは購入した.この2つについては,今後も買い増していくつもりだ.問題は,それ以外のおもちゃである.

子供の発育を促し,良い影響を与えてくれる,本当に良いおもちゃとは何なのか.この問いへの回答を探そうと,いくつか本を読んだりした.その中では,相沢氏の「おもちゃの王様―世界中で愛され続ける定番ベストガイド」が参考になった.この本のおかげで,これまで知らなかったおもちゃを色々と知ることができ,また,「何これ?」と思っていたおもちゃの遊び方も知ることができた.

そこで気になったのが,スイスのおもちゃメーカー,ネフ(Naef Spiele AG)社の製品だ.名前だけは知っていたのだが,普通のおもちゃ屋さんではあまり見掛けないし,購入しようという気持ちは全然なかった.しかし,ネフの大ファンである相沢氏の本を読んで感化されてしまい,試しに1つ買ってみようという気になった.どれにするか散々迷った挙げ句,モザイク(Mosaic 36 pieces)というおもちゃを通販で購入した.

ネフ・モザイク(Naef Mosaic)
ネフ・モザイク(Naef Mosaic) その1

モザイクというのは,着色された立方体を平面上で並べ替えて幾何学模様を作り出す玩具ということになる.本に書かれていた通り,非常に綺麗なおもちゃだ.実際,子供も「きれいねぇ」と言ってくれた.まあ,私が「きれいねぇ」と言ったので,その言葉を繰り返しただけだが...

現時点で,子供は,幾何学模様を作り出すことに,このモザイクの意義を見出してはいない.親がウンウンとうなりながら並べていると,一緒に並べてくれるのだが,お世辞にも綺麗な並べ方とはいえない.むしろ,立方体を積木のように積み上げて,それを破壊することを楽しんでいる.もちろん,子供の好きなようにさせているが,幾何学模様を作り出す前に,塗装がボロボロになりはしないかと心配している.

このモザイクの価格は15,000円だ.その価値があるかどうか,今後の子供の様子を見守るとしよう.

ネフ・モザイク(Naef Mosaic)
ネフ・モザイク(Naef Mosaic) その2

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>