6月 162005
 

携帯電話による,新しい学習教材提供サービスが開始される(下記ニュース参照).中学受験をする小学生を対象として,携帯電話にダウンロードした問題集や参考書で勉強できるというサービスだ.サービス提供会社によると,塾の行き帰りなどに,「空き時間を有効に使える」そうだ.

このニュースを読んで,様々な疑問が浮かんできた.

第一に,「空き時間」の存在は悪なのか,ということだ.物思いにふける時間,ボーッとする時間,友達とたわいない話をする時間.そういう時間は無駄だということなのか.もっと目に見える効果がすぐに現れるようなことにのみ,時間を使うべきということなのか.そもそも,子供にとっての「空き時間」って何だ.そんなものが存在するのか.

第二に,「有効に」使う必要があるのか,ということだ.子供が何かをするときに,その行為が効率的でないといけないということなのか.眼前の入試に寄与しないようなことは無駄であり,たとえ問題集を前にしても,時間をかけて悩むのは時間の浪費であり,そんな暇があったら,公式や四字熟語や年号でも覚えなさいということなのか.

こういう発想の大人に指示されて育つ子供は,一体,どんな大人になるのだろうか.自分の周囲には見掛けないタイプなので,非常に興味がある.親が受験に熱中して,自宅と塾の往復に使う時間すら無駄だから,携帯電話で勉強しなさいと言う.そんな調子だから,当然,自宅でも,「勉強しなさい!○○中学校に行けないわよ!勉強しないと,お父さんみたいになるわよ!」なのだろう.

こういう親は,もし子供が受験に失敗したら,何と声をかけるのだろうか.正直に,「あなたが馬鹿だから落ちたのよ.そんな馬鹿に育てた覚えはありません.」とでも言うつもりなのだろうか.そうでなくても,親の期待に応えられなかった子供は,たとえ理不尽な期待であっても,自分を責めるだろうに.悲劇としか思えない.

問題は,親が,子供の将来をどのように考えているのかだ.どのような人間になってもらいたいと願っているのか.そのためには,どのような経験をさせるべきなのか.冷静に考えてみるべきだろう.まさか,一流大学の入試に合格することが人生の目的だとは思っていないだろう.そうであれば,なぜ,子供に詰め込み型の勉強をさせる必要があるのか.それとも,自分自身が何の目的もなくダラダラと惰性で生きてきたために,難関校合格以外の目的を思い描けないのだろうか.それで,子供を受験勉強に追い立てるのだろうか.

確かに,目の前に迫った入試を突破するために,詰め込み型の勉強をするのは効果があるだろう.試験前の一夜漬けと同じなのだから.しかし,そんな勉強は,力強く生きていくための役には立たない.考える力を身に付けさせるのならともかく,断片的な知識を頭に詰め込んでも無意味だ.正解が存在することが分かっているような,与えられた問題を解く力なんて,それほど重要ではない.少なくとも,ペーパーテストで点が取れるだけの学生なんて,私は全然興味がないし,凄いとも思わない.そんな能力があるからと言って,まともに社会でやっていけるのかも分からない.

受験が悪いとは思わないし,子供に良い教育を与えたいと願う親の気持ちは立派だ.しかし,近視眼的にならずに,将来の社会の在り方について考え,その社会で生きるであろう子供の将来について考え,子供の成長に合わせて,その時々に適した経験をさせてやる,そういう態度が必要ではないだろうか.もちろん,そのためには,親が必死で勉強する必要がある.歴史を知らない人が将来を見通せるはずはないし,子供に与えるべきものについても知らなければならない.親がこのような努力を惜しむのであれば,一体,子供に何を要求できるというのだろうか.

【ニュース】 (朝日新聞,2005年06月15日)

au(KDDI)は中学校を受験する小学生向けに、携帯電話に問題集や参考書をダウンロードして、画面上で勉強できるサービスを本格的に始める。学習教材は、出版の集英社や、中学受験塾大手の日能研などの協力を得て、クイズ形式やイラスト付きも用意。「空き時間を有効に使える」として塾の行き帰りなどでの利用を見込む。

6月 152005
 

車を運転していると,自分の目を疑うような光景を目にすることがある.車の助手席で幼児を抱えているパパやママだ.私としては,これだけでも十二分に衝撃的なのだが,極稀に,車の運転席で幼児を抱えているパパやママもいる.もちろん,カーディーラーでの話をしているのではない.公道での話だ.

警察庁と日本自動車連盟(JAF)が今年4月に実施した合同調査の結果によると,6歳未満の子供に着用が義務づけられているチャイルドシートの使用率は49.1%で,2年連続で50%を下回ったそうだ.

チャイルドシートを着用するのは,他人のためなんかじゃない.子供のためだ.交通事故に巻き込まれたときに,子供の命を救うためだ.自分が安全運転するかどうかなんて関係ない.どんなに慎重に運転していても,酒に酔った馬鹿の運転する車が突っ込んでくる可能性はある.実際,罰則規定が強化された後も,そんなニュースが後を絶たない.そのような状況下で,なぜ,子供を抱きかかえて運転席や助手席に乗れるのか不思議だ.気が狂ってるんじゃないか.それとも,万が一の時には,子供をエアバック代わりにして自分は助かろうというのか.

チャイルドシートを利用している親は賢明だが,チャイルドシートなら何でも良いというわけではない.店に行くと,実に様々なチャイルドシートが展示されているが,安全性の高いものと低いものがある.もちろん,安全性の低いチャイルドシートに,「この商品はあまり安全ではありません」とは書かれていない.したがって,親が情報を収集して,良いものを選択する必要がある.賢い消費者にならなければならない.インターネットを利用すれば,評価結果が公表されているサイトなども簡単に見付けられる.

チャイルドシートの使用率にしても,選挙の投票率にしても,実に嘆かわしい現実だ.

6月 102005
 

京都大学工学部工業化学科化学プロセス工学コースの4回生を対象とした講義に,プロセス設計のプロジェクトがある.これは,2〜3名の学生が1つのグループを構成し,グループ毎に,自分たちで対象プロセスを選定し,その設計を行うというものだ.4月に開講し,5月上旬には対象プロセスを確定し,実質的な作業に入る.もちろん,講義時間内に何かをするというのではなく,7月上旬に設定される発表会までの間,毎日朝から晩までプロジェクトに取り組むこととなる.研究と同様,ここまでやったら終わりという明確な課題が与えられるわけではないので,頑張る学生には非常に負荷の高いプロジェクトとなる.それ故に,3回生までに学習した内容の総復習と実践的演習を兼ねるプロセス設計を通して,学生は実力をつけることができる.

このプロセス設計で取り組む課題は,極めて実践的な内容であり,エンジニアリング会社や様々な企業のエンジニアリング部門が本業として取り組む内容に近い.そこで,演習効果を高めるために,エンジニアリング会社(東洋エンジニアリング)の経験豊富な方を非常勤講師として招き,集中講義を担当していただいている.今年は,6月9−10日の2日間,集中講義を開催した.

この集中講義では,各装置の仕組みや設計方法,プロセス全体の設計方法,プラント設計や建設の実際など,長年実務に携わり,世界中を駆けめぐって来られた方ならではの話をしていただいている.さらに,プロジェクトを進める中で次々と湧き上がる疑問に答えていただいている.

集中講義での質問に関連して,今後,何とか状況を変えていきたいと思うことがある.

現状の問題点は,集中講義の中で質疑応答の時間を取っても,受講生全員の前で,きちっと質問をする学生が少ないことだ.そうかといって,質問がないわけではない.休憩時間や講義の後に,個人的に質問する学生は多い.講義時間中に質疑応答の時間を確保するのは,単に個々の質問に答えるためではなく,他のグループが抱えている問題と,それへの回答を受講生全員が共有することで,全体のレベルアップを図るためだ.そのような意図を酌めない学生が多い.結果的に,プロセス設計に関する実践的な知識を増やすチャンスを,みすみす逃してしまっている.

学生にしてみれば,大勢の前で質問するのは嫌だという気持ちがあるのかもしれまない.それも分からないわけではない.しかし,研究者・技術者として生きていくとしたら,近い将来,学会にも参加もするだろう.参加した学会で,全然質問せず,黙って座っているだけというのは,私は大嫌いだ.もっと積極的になるべきだし,上手に質問するためには,質問の練習も必要だし,経験も必要だ.そういう観点から,集中講義での質疑応答を自分のために利用してやるというぐらいの意気込みが欲しい.このようなチャンスを確実に掴んでいくか,それとも目の前を通り過ぎていくのをただ黙って見ているかで,人生というのは大きく変わっていくのだと思う.チャンスが巡って来ない人は存在せず,存在するのはチャンスを見過ごす人だ.

現在の集中講義では,個別の質疑応答の内容を,その後の講義内容に臨機応変に反映させるという形で対応していただいている.これは非常勤講師の方が,後輩のためにと献身的に集中講義に取り組んで下さっているから可能なことである.その好意に甘えるだけでなく,教員の責任で,もっと効果的な仕組みを構築する必要がある.もちろん,学生の意識改革も必要だから,意識改革を迫るような仕組みということにもなる.

来年度以降も引き続き,試行錯誤を繰り返しながら,プロジェクトのパフォーマンスを向上させていきたい.

ちなみに,集中講義の2日間に限らず,ウェブサイトに設置した掲示板を通して,適宜,非常勤講師の方には学生の質問に答えていただいている.そこでの遣り取りはQ&Aとして蓄積される.これも好意に甘えた仕組みではあるが,非常に有効だ.