10月 302005
 

学会に参加するため,米国オハイオ州シンシナティに来ている.何もないところだ.

午後1時過ぎに関西国際空港を離陸して,ノースウェスト航空のハブ空港であるデトロイトへと向かう.911同時多発テロ以降,便数が激減し,常に満員状態が続いていた北米路線だが,なぜか今回は空席が目立った.座席は36Dだが,中央の4人掛けに座っているのは2人だけだ.多少ゆとりのある機内で過ごせたのは幸運だったが,これはノースウェストが破産法適用を申請したことと関係あるのだろうか.

デトロイトで入国審査を受けることになるが,審査官に訪問目的を聞かれて,「学会参加です」と日本語で答えた.ハッと気付いて英語で言い直したが,それに対して審査官は「どこへ行きますか」と日本語で尋ねてくる.職業や所属機関もすべて日本語で尋ねられた.とても上手な日本語だ.これまでの訪米回数は数える気にもならないが,審査官と日本語で遣り取りしたのは初めてだ.

入国審査の他,デトロイトでは税関も通らなければならない.さらに,セキュリティチェックもある.ところが,デトロイトでの乗り継ぎ時間は1時間半もない.気持ちは焦るのだが,なかなかスーツケースが出て来ない.どうすることもできないので,ターンテーブルの側でジーッと待つ.ようやく姿を現したスーツケースを引き摺りながら,税関を通り,再び預ける.そして,セキュリティチェックの行列に並ぶ.モニターでゲートを確認し,早足でA50に向かう.どうにか間に合った.ゲートには既に,同じホテルに宿泊する予定のN先生がいた.

ゲートから一度外へ出て,徒歩で飛行機に向かう.非常に小さな飛行機だ.デトロイトからシンシナティまでは大した距離ではなく,利用者数も多くはないのだろう.搭乗した飛行機も空席が目立った.幸い隣の席には誰も座らなかったため,ここでもゆったりと座ることができた.離陸してから着陸するまで,地上を眺めていたのだが,地平線まで農場しか見えない.いかにもオハイオらしい.

シンシナティ空港は予想よりも大規模な空港だった.どうもデルタ航空のハブになっているようだ.エスカレータを上がったり下がったりしながら,バゲッジクレームへと向かう.無理矢理拡張したためなのか,いまいちレイアウトが合理的でないように感じた.既にデトロイトからの荷物はターンテーブル上を周回していたのだが,自分のスーツケースがない.

荷物がもう一周するまで待ってみたが,やはり自分のスーツケースがない.

あぁ,フィレンツェ以来,2度目のロストバゲッジだ.やはり乗り継ぎに失敗したか...

ノースウェスト航空のサービスオフィスに行き,スーツケースが出てこないと告げる.恐らく次の便で来るだろうとのことなので,滞在先のホテル名を告げ,レシートを受け取る.実は,ここで問題があった.滞在予定のホテルが買収され,名前が変わっていたのだ.ちなみに,今回ホテルを予約した「スカイゲート」からは,そんな連絡は何もなかった.ともかく,新しいホテル名で登録してもらい,スーツケースの無事を祈りながら,N先生と共に空港を後にした.

新しい名前になったホテルに到着後,しばらく休憩してから夕食に出掛けた.午後8時頃になり,そろそろ荷物が届いているのではないかと思い,フロントで尋ねる.ところが,「そういう連絡は受けていない.荷物が届いたら部屋にメッセージが行くから,それまで待て.」と言われた.仕方がないので,N先生の部屋でノースウェスト航空のウェブサイトを開いてもらい,"ラゲッジ・トラッキング"で状況を確認してみる.すると,「空港で荷物を確認し,配送手続き中」とある.さらに,「29日午後6時に発送」と書かれている.注意書きに,交通事情や時間帯により到着時刻は変わるとあるので,まあ明日になれば間違いなく到着するだろうと,一安心した.

ところが,日曜日の午前中にスーツケースは届かなかった.まあ,日曜日なのだから遅くなっても仕方ないなと思い,外出する.夕方,ホテルに戻ってきた際に,フロント横の荷物置き場になっている部屋の扉が少し開いていたので中を覗いてみると,そこに自分のスーツケースが置いてあった.やった!と喜んで,ベルボーイに「ロストバゲッジになっていたスーツケースが届いているはずだから,引き渡して欲しい.」と頼む.すると,そのベルボーイは「そのような連絡は受けていない.荷物が届いたら部屋にメッセージが行くから...」と昨日と同じことを繰り返す.「いやいや,俺の荷物がその部屋にあるのを見た!」とぶち切れそうになりながら反論すると,怪訝そうな顔をしながら部屋を開けてくれた.名前を確認し,私のスーツケースであることがわかると,「妙だね.そんな連絡は何もなかったのに.」とのことだ.もしかしたら,土曜日中に到着していたのかもしれない.

相手の言うなりになっていてはダメというのが教訓だ.ともかく,スーツケースも無事に届き,心置きなく学会に参加できる.

10月 102005
 

長女出産後,彼女は長男と長女を連れて実家に戻っている.実家と言っても,自宅から車で20分もかからないぐらいの所だ.この週末は3連休ということもあって,久しぶりに自宅に戻ってきていた.

長女誕生後の長男の様子を見ていると,あまりに健気であり,非常に可愛い一方で,可哀想で仕方がない.母親から「ポーンと生まれてきた」赤ちゃんを両親も祖父母も可愛がるので,自分も可愛がってあげようとする.赤ちゃんをベッドや布団に寝かしていると,ほっぺたをくっつけてギュッとしてあげるし,泣いていれば頭をなでなでしてやるし,抱っこしてあげようともする.

しかし,その赤ちゃんが泣く度に,これまで自分が独り占めにしていた母親は,赤ちゃんの様子を見に行き,必要なら母乳を与える.自分だけのものだったはずなのに,突然「ポーンと生まれてきた」赤ちゃんが奪っていってしまった.そんなふうに感じても仕方ないだろう.

赤ちゃんに母乳を与えようとするとき,長男も母親の所に近寄っていく.自分もおっぱいを触っていたいのだ.本当は自分だけのものにしておきたいだろう.それでも,両親と赤ちゃんを喜ばせるために,「赤ちゃんに,おっぱいあげてもいいよ.」と言う.自分の感情を精一杯抑えて,よい子になっているのが伝わってくる.あまりに健気であり,可哀想にすら思えてくる.我慢することが大きなストレスになっているに違いない.親として,どうしてやれば良いのか.

先日,実家で赤ちゃんのおへそを綺麗にしようとしていたときだったか,赤ちゃんを横にして準備を始めたところ,長男が突然動き出し,何をするのかと思ったら,押入を開けて,赤ちゃんの手入れ用品一式(綿棒やガーゼ)を取り出し,それを母親の所に持って行き,「はい.どうぞ.」と渡すのだ.なんて良い子なんだろう.そんな心優しい長男にどのように接してやるべきなのか.そんな大きな問題が両親に突き付けられている.

もちろん,「赤ちゃんが生まれても,これまでと同じで,あなたのことが大好きだよ.一番大切だよ.」というメッセージは伝える.ただ,その伝え方も含めて,長男が抱え込んでいるストレスが悪い形で爆発してしまわないようにするために,親は何をしてやるべきなのか.悩む日々が続く.

10月 082005
 

子供の頃,よくプラレールで遊んだのを覚えている.汽車レールの他,レゴブロックや積木はおもちゃの定番だろう.

我が家では,子供に木のおもちゃを与えたいという気持ちがあり,長男の1歳の誕生日に,スウェーデンのBRIO(ブリオ)社が出している120周年記念限定セット「ドリームセット(カントリーサイドセット)」をプレゼントした.このセットには長男も親も非常に満足しているのだが,汽車,列車,その他を合わせて50ピースほどのセットで12,000円と結構高い.本格的に遊ぼうと思うと,50ピースでは全然足りないため,買い足す必要がある.ところが,パーツの価格が高いため,貧乏人にとって気軽に買い足すことができる代物ではない.どれぐらい高いかというと,小さな車両1つで1260円,3両編成の新幹線で3990円,レール4本で1500円,とてもシンプルな駅(プラットホーム)で3360円など.世の中には様々な汽車レール製品があるが,BRIO(ブリオ)はまさに高級ブランドと言えるのかもしれない.

それでもBRIO(ブリオ)が欲しいとなると,何とか安く買えないかということになる.そこで,これまでに海外に出掛けたときに,デパートや玩具店でブリオ製品の価格をこまめに調べてきた.その調査結果から判明したことは,ドイツやフランスなどの欧州各国(北欧は調査していない)および韓国での価格は日本と同程度ということだ.全然安くない.

高いけど我慢して日本で買うしかないかと諦めかけていたとき,「そうだ.アメリカなら安いのでは?」と思い付いた.実際,欧州と米国では価格が全然違うことが多い.そこで,インターネット検索で価格を調べてみたところ,なんと,BRIO社製品のアメリカでの販売価格は,日本での販売価格の約半分であることが判明した.(BRIO(ブリオ)社製汽車レールセットの日米価格比較表

半額だぞ.半額.これを利用しないなんて馬鹿げている.

しかし,アメリカでの販売価格が安いと言っても,その価格で購入するのは簡単ではない.いくつかの通販サイトを調べたが,配達はアメリカ国内のみとか,海外への配達は特別に費用がかかるので相談しろとか書いてある.配達時のトラブルを考えると,適当くさいアメリカの会社から買うのも勇気が要る.そこで,アメリカの友人宅を配達先に指定して,BRIO社製品を購入し,アメリカ訪問時に引き取ることにした.

先日,発注を済ませた.いよいよ作戦決行だ.

ちなみに,今回発注した商品のリストを下表に示す.1US$=114JP\で換算した価格と日本国内での販売価格を比較している.きっちり半額以下になっていることが分かるだろう.総額3万円ほどになるので,数回に分けてプレゼントしていくつもりだ.

さて,ここで,この独り言をご覧いただいている貴方だけにスペシャルサービスだ.この機会にBRIO(ブリオ)社製品を安く購入したければ,私宛にメールを送るか掲示板に書き込むかしよう.小さなものなら一緒に持って帰ってくるし,大きなものなら米国から空輸すれば良いだろう.別に儲ける気はないので,実費+αで引き受ける.まあ,申し出る人が多いとは思えないが,私の能力と時間にも限りがあるので,先着順で私がOKと判断した方のみ受け付けることにする.締切は1週間後の10月15日(土).このチャンスをお見逃しなく!

 

製品名 コード 単価 US$
@米国
単価 JP¥
@米国
単価 JP¥
@日本
BRIO Wooden Railway Safari Train 33408 27.20 3101 4725
BRIO Shinkansen Train 33417 17.00 1938 3990
BRIO Wooden Railway Platform 33367 10.20 1163 3360
BRIO Wooden Railway Engine Shed 33374 25.50 2907 5040
BRIO Builder Wooden Railway Super Supports 33254 6.80 775 2100
BRIO Wooden Railway Lifting and Crossing Bridge 33672 25.50 2907 6825
BRIO Wooden Railway Mechanical Switches 33344 17.00 1938 3780
BRIO Wooden Railway Mechanical Turntable 33361 12.75 1454 3255
BRIO Intermediate Expansion Pack 33402 21.25 2423 6090
BRIO Beginner’s Expansion Pack 33401 17.00 1938 3780
BRIO Wooden Railway Adventure Tunnel 33481 25.50 2907 6510
BRIO Wooden Railway Magnetic Action Crossing 33750 8.50 969 2730
BRIO Wooden Railway Curved Track 33342 10.20 1163 1575
BRIO Wooden Railway Straight Track 33341 8.50 969 1575
BRIO Wooden Railway Animal Set 33369 3.95 450 2415
Polar Express Holiday Train Set – BRIO 32501 42.50 4845 販売なし
合計金額(Polar Expressセット除く) 236.85 27001 57750