6月 222006
 

ドイツ鉄道(Deutsche Bahn; DB)の旅

ヨーロッパを旅行する際には,鉄道を利用することも多い.これまで,イタリア,オランダ,スイス,スペイン,ドイツ,フランス,ポルトガルなど様々な国で鉄道を利用したが,概ね良い印象を持っている.切符の買い方が分からずに途方に暮れたり,列車が大幅に遅れたりしたこともあるが,総じて快適な移動手段と言える.

さて,3月17日の独り言「シェラトン@ミュンヘンの電話予約」にも書いたとおり,今夏にドイツへ行く.ミュンヘン国際空港から目的地であるガルミッシュ・パルテンキルヘン(Garmisch-Partenkirchen)まで,ドイツ鉄道(Deutsche Bahn; DB)を利用する予定だ.

DBのウェブサイトで路線検索してみると,

Munchen Flughafen Terminal → Munchen-Pasing (S-Bahn)
Munchen-Pasing → Garmisch-Partenkirchen (RegionalBahn)

という経路で,片道2等席大人1名の料金が21.3ユーロと出てくる.2時間以上の道程であるから,致し方ないとも言えるが,結構高い.

何日も列車の旅をするのであれば,迷わず,ユーレールパスやジャーマンレールパスなどを利用するのだが,わずか1日のためにパスを買うことはできない.

Schones-Wochenende-Ticket (Happy Weekend Ticket)

通常料金でも仕方ないなと思いつつ,ミュンヘン空港からガルミッシュまでの乗車券を購入することは確実なのだから,現地で大きな荷物を抱えて行列に並んだりしなくても良いように,DBのウェブサイトで乗車券を購入しておくことにした.

実は,DBはオンラインチケットシステムを導入しており,ドイツ国外の人でもオンラインで切符を購入できるようになっている.一部の切符については,自宅でプリントアウトした用紙がそのまま切符として通用する.そうでない切符については,海外へも郵送してくれる.素晴らしいシステムだ.東,東海,西が自己主張ばかりして,乗客の利便性がないがしろにされているJRとは大きな違いだ.

さて,オンラインでチケット購入の手続きを進めると,通常料金よりも遙かにお得なチケットがあると画面に表示された.そのチケットは,"Schones-Wochenende-Ticket (SWT)"というものらしい.しかし,これだけでは,大学で2年間ドイツ語を勉強したにもかかわらず何も身についていない私には意味が分からない.そこで,このチケットについて調べてみると,"Schones-Wochenende-Ticket"は英語で"Happy Weekend Ticket"と呼ばれるもので,週末限定のお得なチケットであることが判明した.2等席限定ではあるが,なんと5名まで1日乗り放題で,料金は30ユーロである.

2人以上でミュンヘン国際空港からガルミッシュ・パルテンキルヘンまで行くなら,十分に安い.というわけで,このチケットを利用することにした.ただ,"Schones-Wochenende-Ticket"はオンラインチケットに対応していないようで,郵送のみの受付だったため,自宅まで郵送してもらうようにした.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>