8月 192006
 

国家の品格
藤原正彦,新潮社,2005

面白い本だ.

日本は世界でも有数の美しく安全な国というのが過去の話になり,このままではいけないのではないかという日本人も多いことだろう.では,どうしたらよいのか.何が今の日本人に欠けているのか.このような問題意識に,著者なりの回答を与えている.

まず,あらゆる先進国で社会の荒廃が進んでいる原因は,先進国を先進国にさせてきた近代的合理精神の限界だと指摘する.論理は重要であるが,論理には出発点が必要であり,その出発点は仮説にすぎない.出発点を誤れば,いかに論理が正当であろうとも,結論は酷いものになる.

著者は,自由と平等の概念は欧米が作り上げたフィクションにすぎず,民主主義の前提条件である成熟した国民も永遠に存在しないと言い切る.そして,自然への感受性,もののあわれ,懐かしさ,惻隠の情など,情緒や形を重んじる日本古来の文化の尊さを説き,日本人の道徳の中核を武士道精神に求める.「してはいけないこと」に論理的な説明など不要である.理屈抜きに,卑怯であってはいけない.そう著者は述べる.

本書に書かれていることは,著者個人の意見なのだから,賛否両論あるだろう.というか,あって然るべきだし,もっと言うと,説得力のある根拠を示して賛否を論じられるぐらいの日本人が多くいて欲しい.著者は数学者であるが,洋の東西を問わず,宗教,思想,哲学などに言及し,自説を展開している.そういう教養を身に付けている,あるいは身に付けようという意欲のある日本人が多くないと,日本という国が正しい方向へ進むことは難しいのではないだろうか.日本の大学からリベラルアーツが消滅しつつある今,改めてそう感じる.論理的に考えられるだけでなく,正しく出発点を定められるようになりたいものだ.

日本人は,もっと日本の文化を大切にし,日本に,そして日本人に自信を持てばよい.教育にしても,日本の文化の中核をなす日本語を,日本の歴史を,もっときちんと教える努力をすべきだろう.