9月 052006
 

ドイツのポツダムで学会が開催されると聞いて,まず思い浮かべたのは「ポツダム宣言」だ.その次に...何も思い浮かばなかった.ポツダムという名前は聞いたことがあるが,どのような街かは想像すらできない.旅行ガイドブックを見てみると,最初にサンスーシ宮殿(Shloss Sanssouci)がデカデカと紹介されている.どうやら,このサンスーシ宮殿だけは見ておかないといけないらしい.

宿泊しているホテルHotel am Jägertorから数分歩いたところに,サンスーシ宮殿の他,中国茶館,新宮殿,シャルロッテンホーフ宮殿などが点在するサンスーシ公園がある.

サンスーシ公園@ポツダム,ドイツ

ポツダム市街の中心部に近い入口から公園に入ると,サンスーシ宮殿は結構近くにある.ポツダムに観光に来るような人達は,とりあえずサンスーシ宮殿を見学するため,オンシーズンにはかなり混雑するのだろう.時間指定の入場チケットを予め購入しておく必要がある.チケット売り場は,階段を上がって,宮殿の裏側にある.入場時間が一番早いチケットを購入したところ,約90分待ちだった.

サンスーシ宮殿@ポツダム,ドイツ

この待ち時間を利用して,サンスーシ公園内を散策する.良く整備された綺麗な公園であると同時に,無茶苦茶広い公園でもある.公園入口から真っ直ぐに延びる道の先には,新宮殿があるはずなのだが,全然見えない.それもそのはずで,2km以上もあるというのだ.

サンスーシ公園@ポツダム,ドイツ

90分も時間があるので,のんびり散策しようと,地図も持たずに小道を歩いていると,いつの間にか迷子状態になってしまった.元々,超弩級の方向音痴なので仕方ないのだが,周囲を木に囲まれ,まるで迷路みたいになっている.

迷路のようなサンスーシ公園@ポツダム,ドイツ

そんなこんなで,一番奥の新宮殿に到着したときには,サンスーシ宮殿の入場時間まで30分ほどになっていた.時間があれば,宮殿内を見学しようと思っていたのだが,とてもそれどころではない.真っ直ぐに延びる道を,一目散にサンスーシ宮殿に戻る.サンスーシ宮殿に着いたときには,息を切らしていた.

内部は「ふ〜ん」という感じ.元々,サンスーシ宮殿を知っていたわけでもないし,凄いゴージャスな宮殿というわけでもないので,それほど感激はなかった.2ヶ月前に,念願のノイシュバンシュタイン城訪問を果たして,十分に感激した後だからなのかもしれないが.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>