10月 042006
 

アメリカ 最強のエリート教育
釣島平三郎,講談社,2004

「エリート」という言葉に対して,否定的な感情を抱く人も少なくないだろう.日本では,東京大学に代表される有名大学を卒業し,中央官庁や大企業に就職する人達がエリートであるという暗黙の了解がある.そういう捉え方,つまり「日本の有名大学卒業者=エリート」という考え方をすれば,当然,エリートなんて社会の役に立たないという否定的な意見にもなるだろう.しかし,真のエリートというのは,そんなに安っぽいものだろうか.ペーパーテストで高得点を取れるという条件が,エリートの条件だろうか.そんなわけはないだろうと,私は思う.では,エリートの条件とは何か.1つだけ挙げろと言われれば,ノーブレス・オブリージ(noblesse oblige)を身に付けていることだと,私は答えたい.

本書は,アメリカに17年間にわたって駐在し,その間に数多くのエリートと接してきた著者が,米国のエリート教育の実際について,日米の比較を交えながら説明したものである.釣島氏は,本物のエリートは,抜群に頭が良いのはもちろん,人間性や人柄にも優れ,社会奉仕の精神,しっかりした倫理観,ノーブレス・オブリージの精神を身に付けていると語る.さらに,本物のエリートは,スポーツもでき,リーダーシップもある.まさに選民である.本物のエリートが持つ,これらの特性のうち,一番目の「頭が良い」だけを見ているのが現在の日本だろう.そのような状況では,日米のエリート同士を比べたら,全く歯が立つわけがない.

アメリカのエリートはどのように誕生するのか.私立小学校→中高一貫のボーディング・スクール(プレップ・スクール)→有名私立大学→有名私立大学院が,一般的なエリートコースだと釣島氏は述べている.ただし,これは富裕層にとって一般的なだけであって,年間3万ドルにもなるボーディング・スクールの授業料を貧乏人が払えるはずはない.つまり,教育においても,お金がものを言うのである.

なお,ボーディング・スクールとは

生徒の多くが寮で生活をし,大半の教師も寮あるいはキャンパス内の住宅に住み込んで生徒と寝食を共にし,厳格な規律の下に,スポーツ・文化・社会奉仕・リーダーシップ教育にかなりの重点を配分し,徹底して少人数クラスの個別教育を行う6年制あるいは4年制の,政府,自治体,宗教団体からいかなる束縛も受けない私立の中等教育学校

と定義されている.全国から優秀な人材を集めて,思春期に全人格的な教育を行うのが,ボーディング・スクールである.ここで,アメリカのエリートが養成されている.もちろん,少数ではあるが,日本人も在学している.

本書では,ボーディング・スクールの実情に加えて,アメリカにおける,伸びる子を伸ばす教育の徹底,奨学金制度,学校と企業との関係など様々な話題が,具体的な例を挙げて説明されている.教育改革が叫ばれている今,本書は,教育とはどうあるべきかを考える一助になるだろう.

  2 Responses to “アメリカ 最強のエリート教育”

  1. 以前、この本を私も読ませていただきましたが、内容については今一つ不足を感じた次第です。アメリカのPrep SchooやイギリスのPublic Schoolは今や私たち日本人にとってもかなり身近な存在になりつつあります。こういった学校のことを語る場合、もう少し肩の力を抜いてもいいのではないでしょうか?

  2. まあ,この種の本は違いを強調しないといけない宿命にありますから,事情を知っている者からすれば,「力はいりすぎ」と感じることもあるでしょうね.

    私としては,真に優秀な学生が国外でしか満足のいく教育を受けられないのだとしたら,それは悲惨としか言いようがないと思います.何とかしたい.

Leave a Reply to mrc Cancel reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>