11月 122006
 

二度目のサンフランシスコ

AIChE(米国化学工学会)が主催するAIChE Annual Meetingに参加するため,サンフランシスコに来ている.米国化学工学会の会議ではあるが,国際会議のようなもので,世界中から参加者が集まる.私もほぼ毎年参加している.開催地はもちろん米国内だが,毎年場所が変わる.ちなみに,今年はサンフランシスコ(San Francisco)だが,昨年はシンシナティ(cincinnati, Ohio),来年はソルトレイクシティ(Salt Lake City, Utah)だ.サンフランシスコは見所も多く,シーフードを中心に食べ物も美味しいので,開催地としてはかなり良い方だが,田舎のダウンタウンなんかで開催されると,レンタカーでも借りない限り,ほとんど軟禁状態で,悲惨な数日間を過ごすこととなる.

今回のAIChE Annual Meetingはユニオン・スクエア近くのヒルトンホテルで開催されるため,その近くの”King George Hotel”を利用することにした.もちろん,ヒルトンホテルに宿泊するのが一番楽なのだが,会議参加者向け特別価格でも最低で180ドル以上もする.そんな高いところには泊まれない.ちなみに,設備は劣るものの,”King George Hotel”なら1泊110ドルぐらいだ.

King George Hotel @ San Francisco
King George Hotel

ケーブルカーでフィッシャーマンズワーフへ

今回でサンフランシスコ滞在は二度目となる.前回は,もう6年以上前になるが,アメリカのオハイオ州コロンバスに住んでいたときに,旅行で訪れた.そのときは,サンフランシスコではなく,ヨセミテ国立公園に行くのが最重要テーマだった.

2回目ともなると,それほど新鮮味もないので,気合いを入れて歩き回ろうという気にならない.と言いながら,会議前の日曜日は,朝10時から夜8時ごろまで,ひたすら歩き回っていた.本当に海外で歩くのが好きだ.

とりあえず,ケーブルカーの一日券(One Day Passport)を11ドルで購入して,フィッシャーマンズワーフ(Fisherman’s Wharf)へ.日曜日だからか,ケーブルカー乗り場は凄い行列だ.MasonでもHydeでもどちらでもいいやと,先に来たMason行きに乗り込む.乗り込むと言っても,既に満員なので,手すりに捕まるだけ.楽しい立ち乗りだ.

急な坂道を登って,降りて,海が見えてくると,海に浮かぶアルカトラズ島(Alcatraz Island)も見える.アルカポネなど大物が投獄されていたことで有名な監獄島だ.

ケーブルカーからアルカトラズ島を臨む@サンフランシスコ
ケーブルカーからアルカトラズ島を臨む

海が見えれば,フィッシャーマンズワーフまで,もう少し.終点から3ブロックほど海に向かって歩けば,フィッシャーマンズワーフだ.道沿いには,お土産屋さんやレストランが並んでいる.フィッシャーマンズワーフには,レストランの他,クラムチャウダーやシーフード料理をテイクアウトできる(または立ち食いできる)店が並んでいる.

フィッシャーマンズワーフ@サンフランシスコ
フィッシャーマンズワーフのカニ

この近辺で,大勢の観光客が集まっている所と言えば,ピア39(Pier 39)だろう.桟橋に多くの店が軒を連ねている.ただ,サンフランシスコ土産を買う必要もないので,人混みをすり抜けて桟橋の先まで行き,アザラシを眺める.気持ちよさそうに,大きな図体をゴロンと転がして,寝そべっている.ここからは,アルカトラズ島も近くに見える.

Pier39のアザラシ@サンフランシスコ
Pier39のアザラシ

クラムチャウダー入りのパン

とりあえず,サンフランシスコだろうがサンタモニカだろうが,カリフォルニアの海沿いに来たら,クラムチャウダーを食べる.今回は,”Boudin Sourdough Bakely & Cafe”にて,Soup in Bread(くりぬいたパンの中にクラムチャウダーを入れたもの)を食べた.

Boudin Sourdough Bakely & Cafe@サンフランシスコ
Boudin Sourdough Bakely & Cafe

Boudin Sourdough Bakely & CafeのSoup in Bread@サンフランシスコ
Soup in Bread(クラムチャウダー入りパン)

実は,フィッシャーマンズワーフ内でクラムチャウダー(今度はカップ入り)をテイクアウトして,もう1回食べた.日本では食べることがないので,こういう機会に楽しむ.

パタゴニアで買い物

土産物屋を覗いたり,ギラデリ・スクエアでギラデリ(Ghirardelli)のチョコレートを試食させてもらったりしつつ,海岸近辺をブラブラと散策する.何時間も.特に買い物をするつもりもなかったのだが,折角ここまで来たのだからと,パタゴニアのショップに寄ることにした.

実は,カジュアルウェアを買おうかと,既に”Macy’s”や”Westfield San Francisco Centre”に行って,”J. Crew”とか”Banana Republic”とかアメリカンカジュアルを中心に見て回っていたのだが,イマイチ「これ!」というのがなかった.エディー・バウアーで少し惹かれたのがあったが...

それで,近くまで来たのだからと,パタゴニアで服を見てみることにした.ダウンジャケットとか,防寒着みたいなものは要らないので,シャツを1枚だけ70ドルで購入した.これと,どこかでスニーカーでも買ったら,自分用の買い物は終わり.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>