11月 122006
 

サンフランシスコといえば,ケーブルカー.

フィッシャーマンズワーフ界隈からホテルへ戻るために,再びケーブルカーに乗り込む.日が落ちて,すっかり暗く,そして非常に寒くなってきた.

ケーブルカーが急な坂道を登り,恐らく一番高い停留所で停車した後,これから坂道を下ろうとした,まさにそのとき,「あれっ?ケーブルカーが動かない!」という事件が発生.

動かなくなったケーブルカー@サンフランシスコ
動かなくなったケーブルカー

運転士と車掌があれこれ操作してみるものの,まるで効果なし.ちょっと車両を移動させれば動き出すはずだということで,運転士が乗客に,「みんな降りて,押し戻してくれ!」という.

“Everybody, push it back!”

“3, 2, 1, push!”

こんな感じで,20人ぐらいが一斉に押し戻そうとするものの,ケーブルカーはビクともしない.結局,人力では無理ということで,救援を待つことに.

数分後,救援にかけつけたのは,大型トラックみたいなやつだ.これがケーブルカーと睨めっこするような感じで,くっつき,押し戻す.ケーブルカーが数メートルほど押し戻されたところで,トラックが脇により,ケーブルカーが動けるようになったか確認する.ケーブルカーは,ガタガタと音をたてながら,無事に動き出した.救援にかけつけてくれたトラックに礼を言って,再び出発進行!

救援に駆けつけたトラックをケーブルカーから撮影@サンフランシスコ
救援に駆けつけたトラック

2度目のサンフランシスコ訪問ということで,あまり新鮮味のない滞在になるだろうと思っていたが,みんなで動けなくなったケーブルカーを押すというのは,なかなか面白かった.大満足.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>