11月 252006
 

幼稚園の作品展

3歳になる長男が来年4月から通う予定の幼稚園で,園児の作品展をするというので家族で観に行ってきた.

自転車をキコキコとこぎながら幼稚園に着くと,既に結構多くの人が来ているようで,幼稚園内は大変賑やか.入口で,お菓子とお茶のチケットをもらい,中へ入ると,園庭に巨大なオブジェが.どうやら奈良方面に全員で出掛けたらしく,大仏殿とか春日大社とかの作品名が書いてある.それぞれの作品は本当に巨大で,乗り物(バス)なんかも大人が十分に出入りできるほど.これには驚いた.

室内には,絵画や工作物などの作品がクラス毎に展示されている.作品のテーマは園児が自分で考えたもので,それぞれの作品には名前が書かれていた.カブトムシとか,レーシングカーとか,鹿(奈良に行ったからだろう)とか,色々だ.長男も興味津々で,「これ何?これ何?」と次々と指を差す.中には,「お母さんとテレビを見ていたら宇宙人がやってきて,ほうきで叩いたの」(ちょっと違っているかも)なんていうのもあった.とても面白い.

園児のお母さん達は,我が子が描いたり作ったりした作品の写真を撮るのに大忙し.色々なクラスの作品を見学しながら,お菓子とお茶をサービスしてもらえる遊戯室に向かうと,部屋に少し入ったところに,長男の描いた「電車」があった.緑色の2本の線路の上を,真っ赤な電車が走っている.彼女も写真撮影に大忙しだ.「そこに立って〜!こっち向いて〜!!」

幼稚園の選択基準

この幼稚園を選んだ理由の1つが,上記のような芸術活動への取り組みにある.園児に何かテーマを与えるわけではないし,ああしろこうしろと指示をするわけでもない.色々な材料を使えるように環境を整えて,好きなように好きなものを作らせる.他に,スポーツをする機会もある(パープルサンガの選手がサッカーを教えてくれるらしい)が,園児に何かをさせよう,芸を教え込もうという悲壮感がないのが良い.幼稚園児はマイペースでのんびりと過ごせば良い.

もちろん,詰め込み教育をさせるなんてこともない.今の世の中,子供を日光サル軍団のサルみたいに思っている大人が多いようで,やたらと芸を仕込みたがる親や先生が多くて,気が滅入る.そんなくだらないことは,もっと大きくなってからで良い.

幼稚園を選択する際の規準としては,上記のようなことも考慮したのだが,最大の理由は,保育士と園児みんなの笑顔での挨拶だ.みんな,きちんと挨拶をしてくれる.これは本当に素晴らしいことだ.

  4 Responses to “幼稚園の作品展: この幼稚園を選択して正解”

  1. 姪の幼稚園の面接を期に…

    娘の幼稚園の面接に関して思うことを書いていこうかと思います。
    情報共有ができたらいいな。 (more…)

  2. 老人福祉法…

    保育士試験に関するサイト。保育士試験関連の用語説明や練習問題を掲題。今回は、老人福祉法について。 (more…)

  3. 幼稚園入園式…

    今日は長男の入園式.もちろん,仕事を休んで参加した.
    これから長男が通うのは,昨年11月に「幼稚園の作品展: この幼稚園を選択して正解」に書いた幼稚園だ.

    桜が美し (more…)

  4. 耳を疑うような幼稚園/保育園についての話…

    「幼稚園の作品展: この幼稚園を選択して正解」にも書いたとおり,私としては,幼稚園や保育園の子供達に,芸を教え込んだり,早期教育と称して詰め込み教育の先陣を切らせたりす (more…)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>