1月 192007
 

おとうさんはウルトラマン/おとうさんの育自書
宮西達也,学習研究社,2005

ウルトラマンの一家庭(おとうさん,おかあさん,そして子供)を舞台に繰り広げられる日常生活を通して,おとうさんはどのような姿を子供に見せるべきかということを描いている.絵本なので,あっという間に読める.短い中に,「うん,そうだよね」と思えるメッセージが詰まっている.「子供に何をさせるべきか」ではなく,「父親はどうあるべきか」がテーマの本であるという意味で,「育自書」というタイトルも頷ける.子供を持つ,あるいは持つことになるおとうさんは読んでみたらどうだろう.装丁の見かけから想像するよりも,内容は良い.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>