1月 232007
 

久しぶりに,勤務先に1ルームマンション投資の電話がかかってきた.忙しくしていたので即座に切ろうかと思ったが,「博多」というキーワードに興味があり,ちょっと話を聞いてみることにした.

庶民でもできる不動産投資としては,1ルームマンション投資,アパート経営,あるいはREIT(Real Estate Investment Trust;不動産投資信託)などがある.REITなら100万円以下で投資可能だ.マンションやアパートなどの現物投資をするにしても,長期ローンを組んで,家賃収入とローンを相殺させる作戦なら,数百万円もあればできなくはない.いずれにしても,利回りが鍵になる.

さて,今回電話がかかってきた物件は,博多駅周辺らしい.再開発で脚光を浴びているエリアだということだ.まあ,その真偽にさほど興味はないし,営業トークを真に受ける奴もいない.今月は完売セールで最初に必要な諸経費100万円強を無料にさせていただきますなど,色々とお勧めの物件ですよと勧誘してくれるのだが,肝心なことを何も言わない営業マンだったので,こちらから物件価格と家賃を尋ねた.物件は1600万円程度で,家賃が月6万円強との答えだった.早速,(暗算が超苦手なので)片手で電卓を叩く.

はぁ?利回り4.5%?地方都市でその程度なの?

まだ営業トークをしている営業マンの話を遮り,単刀直入に質問する.

「博多なのに,なぜ,そんなに利回り低いんですか?」

またまた,再開発がどうとか,立地がどうとかいう話がはじまったので,

「いや,東京23区内(西側)でも,もっと利回り良くないですか?」

と尋ねる.すると,

「利回りは4〜5%ぐらいですね.でも,再開発で価値が上昇して...」

「ということは,キャピタルゲイン狙いの投資を推奨しているわけですか?」

「いや,え〜,価値が上昇して...」

もう十分だ.地方都市の物件を値上がり期待で買う根性はない.直接説明させて欲しいという営業マンの申し出に対して,「すみません.物件に魅力を感じないので.」と丁重にお断りして,電話を切る.

素人がかじった知識だと,少なくとも1桁台後半の利回りでないと,地方都市の物件では話にならないと思っていたのだが,そうでもないのだろうか.しかし,表面利回りで5%以下というのは,かなり辛い条件だと思うのだが.だからこそ,諸経費を無料にして,大量に抱え込んだ在庫の一掃セールをしているということだろうか.

ともかく,1万円からできる投資信託なんかとは訳が違うので,手を出すなら,勉強してからにしましょう.

  4 Responses to “1ルームマンション投資@博多”

  1. 国際投資はここから始めよう…

    国際投資をこれから始めたい人またうまくいかない人
    など参考にしてみてください。 (more…)

  2. あらゆる不動産の情報を掲載…

    あなたと不動産の上手な関係をサポートする不動産情報です。 (more…)

  3. FXって何?…

    FXとは外国為替証拠金取引のことで少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による通貨間の売買を行なう取引をいいます。

    その他に通貨証拠金取引、外国為替保証金 (more…)

  4. 新博多駅を“起爆剤”に 寺社生かす方策を 博多部テーマトーク…

    九州・沖縄情報 (more…)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>