3月 302007
 

3月29−30日の2日間,「SICEプロセス制御専門家養成塾」(略称:SICEプロセス塾)のスクーリングに参加した.このSICEプロセス塾について,計測自動制御学会のウェブサイトには,以下のように書かれている.

(社)計測自動制御学会では、会員である会社やそのお客様である会社にて昨今社員の高齢化に伴い減少している‘現場のわかるプロセス制御技術者’の養成を目指して、その育成プログラムを企画、スタートすることにした。

ここ数年、海外では不足する石油製品、化学製品を補うために、石油や石油化学など素材装置プラントの建設プロジェクトが頻繁にスタートしている。このため、計測制御エンジニアの需要は高まっている。また、日本国内でも、新設プラントの建設こそ多くないが、海外プロジェクトの支援、景気の活性化にともなう既設プラントの改良や、自動車やIT産業などの非装置産業からの要請により、計測制御エンジニアの不足を起こしている。

計測自動制御学会では、これらの需給バランスを考慮し各企業が個別に人材の育成を行うのではなく、賛助会員会社であるユーザー会社、エンジニアリング会社、電機会社と連携して、企業横断的な人材の育成を目指す。大学や賛助会員会社に所属していたシニアレベルのエンジニアを講師陣に迎え、その方々が蓄積した高度の経験や知見・見識を教材として提供する。

もちろん,プロセス制御技術者の育成が目的ではあるのだが,むしろ,企業や産業の垣根を越えたプロセス制御技術者の横の繋がりを作ることに主眼が置かれているといって良いだろう.このため,受講者同士はもちろん,受講者と講師の交流も重要であり,スクーリングは1泊2日の合宿形式で行われる.今回は,三重県四日市で第2回スクーリングが開催された.

このSICEプロセス塾の難しかったところは,塾生募集条件が「プロセス制御の現場(企画,設計,実装,保守など)にて10年前後の実績を有すること」である点だ.10年の実績といえば,プロセス制御のスペシャリストと言えるだろう.そういう技術者に一体何を教えられるのか.しかも,業種や職務によって,受講者の知識や興味はバラバラだと想定される.これほど難しい講師役というのも,そうはないように思える.

今回は初年度ということで,実験段階という位置づけだ.来年度以降も継続するそうなので,今回の経験をふまえて,より良い塾になっていくだろう.

  2 Responses to “SICEプロセス制御専門家養成塾(プロセス塾)”

  1. TECの村田と申します。
    スクーリングの件、早速ブログにアップですね。

    前の晩の酒が完全には抜け切れていない中での2日目の朝一番の講義でしたが、数式がバンバン出てきたにも拘らず、非常に分かり易い講義をして下さり、有難う御座いました。

    企業で10年程度勤めていると言っても、私の場合は正直言って全然スペシャリストでは無いですよ。
    10年勤めても大したこと無い様子は、橋本先生の演習で見事に晒されてしまったと感じております。

    ただ、体系的に知識を整理することや原理・原則をじっくり見つめ直すことは、通常の業務の中で行うのは非常に難しいので、今回のような機会が得られたことは非常に有意義でした。

    来年度は更により良いものになって欲しいですね。
    SICE事務局からのアンケートには、今回のプロセス塾に関する所感・コメントを私なりに書かせて頂こうと思っています。

  2. コメントありがとうございました.

    分かり易いと言っていただけると嬉しいですね.受講された方々に値打ちがあったと感じていただけたなら良いのですが...ドキドキしながらアンケート結果を待つことにします.それをフィードバックに,次回はより良い内容へと進化させたいものです.

    橋本先生の演習では,やはりエンジニアリング会社の方々が主役といった感じでしたね.小難しい数式やコントローラ調整法を知っているだけでは,ああいう問題はお手上げでしょう.プロセス制御の難しさを感じます.

    WS27もよろしくお願いします.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>