4月 132007
 

幼稚園の作品展: この幼稚園を選択して正解」にも書いたとおり,私としては,幼稚園や保育園の子供達に,芸を教え込んだり,早期教育と称して詰め込み教育の先陣を切らせたりするのは,好きではない.このため,子供の幼稚園選択に際しては,そういう園を選択肢から排除することが大切だった.もちろん,ジャンクフードを幼児に与えるような園も選択肢から外さなくてはいけない.

幼稚園や保育園での早期教育については,「公文式幼稚園での勉強が家庭に及ぼす影響」などに,食育については,「勉強以前の「頭の良い子ども」をつくる基本食─脳の元気に効く食生活7ヵ条」などに,私の考え方は書いてある.自分の考え方は正しくないかもしれないが,色々と本を読んだ入り,人の話を聞いたりして,今の考えに辿り着いた.だから,たとえ間違っていたとしても,仕方ない.やるべきことはやったと言える.

幼稚園を選ぶに際しては,色々な幼稚園や保育園の話を聞いた.その多くは,彼女が調べてきてくれたものだ.そんな話の中には,自分の耳を疑うようなものもあった.

どの幼稚園も,子供に絵を描かせたり,劇をさせたり,楽器を演奏させたり,歌を歌わせたりして,その練習の成果を発表会という形で,家族に披露しているだろう.当然,そのことには何の問題もない.ところが,ある幼稚園では,園児に楽器を演奏する練習をさせて,演奏が下手な園児には,発表会当日に演奏をさせないそうだ.演奏をさせないとは言っても,発表会に参加させないわけにはいかないので,例えば,笛にシールを貼って,音が出なくするらしい.この話を聞いたときには,我が耳を疑ったが,本当にそうしているらしい.そこまではいかなくとも,不出来な園児に居残り練習をさせる幼稚園もあると聞いた.

「おい.君達は何がしたいんだ.自分達が素晴らしい教育をしていますと,見せ掛けたいだけじゃないのか.そんなのは教育じゃないぞ.」

そう感じる.我が家の幼稚園選択基準を再掲しておこう.

幼稚園の選択基準

この幼稚園を選んだ理由の1つが,上記のような芸術活動への取り組みにある.園児に何かテーマを与えるわけではないし,ああしろこうしろと指示をするわけでもない.色々な材料を使えるように環境を整えて,好きなように好きなものを作らせる.他に,スポーツをする機会もある(パープルサンガの選手がサッカーを教えてくれるらしい)が,園児に何かをさせよう,芸を教え込もうという悲壮感がないのが良い.幼稚園児はマイペースでのんびりと過ごせば良い.

もちろん,詰め込み教育をさせるなんてこともない.今の世の中,子供を日光サル軍団のサルみたいに思っている大人が多いようで,やたらと芸を仕込みたがる親や先生が多くて,気が滅入る.そんなくだらないことは,もっと大きくなってからで良い.

幼稚園を選択する際の規準としては,上記のようなことも考慮したのだが,最大の理由は,保育士と園児みんなの笑顔での挨拶だ.みんな,きちんと挨拶をしてくれる.これは本当に素晴らしいことだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>