9月 022007
 

宿題代行業者が繁盛しているという記事を見掛けた.「読書感想文」や「自由研究」など,子供の夏休みの宿題を,お金さえ払えば,業者に登録している大学生が代行してくれるそうだ.

宿題代行に委託する親と宿題代行を受託する業者に共通しているのは,倫理観の欠如だ.違法かどうかという難しい問題じゃない.単純に,善いか悪いかというだけのことだ.まあ,この取引で業者は一切損をすることはないが,親は自分の子供のことをどう考えているのか.もちろん業者にお金でやってもらったとは言わないだろう.しかし,自分の宿題を誰かが代わりにやったことと,自分がやったのではない宿題を自分がやりましたと先生に嘘をつく自分に,必ず子供は気付く.そんな想いをさせてまで,宿題を代行してもらわないといけないのか.

宿題代行を依頼する親の低俗さは誠に嘆かわしい.大人にもなって,そう易々とは改心もできないだろう.しかし,そんなことではダメだ.仮にも親なら,もっとしっかりしろ!

だが,この記事で私が深刻に思うのは,馬鹿親のことではない.もう一方の,宿題を代行する学生達の幼稚さだ.世間体の良い大学(一流大学なんて日本にはないと思っているので)に在籍している学生が業者に登録して,宿題代行サービスで儲けているらしいが,一体,その行為をどのように正当化しているのか.大学生になって脳味噌が腐ってしまっているんじゃないか.どう見ても胸を張れるようなアルバイトではない.日本の将来を担う立場にある大学生がそんな幼稚で,低俗で,倫理観の欠片もないことでどうするのか.もっとしっかりしろ!

ノーブレスオブリージ.聞いたことあるか.世間体の良い大学に入ってくる優秀な学生に私が期待したいのは,ノーブレスオブリージを身に付けることだ.勉強なんて放っておいてもできるだろう.研究だってできるだろう.それぐらいのポテンシャルはあるはずだし,ないなら大学なんてやめればいい.将来有望な学生には,教養と気高さを身に付けて欲しい.

ノーブレスオブリージという言葉を聞いたことがないという,あなた.教養と雑学の違いくらいは言えますか.

金で解決…親も子供も宿題丸投げ 代行業者が繁盛

「読書感想文」から「自由研究」まで、夏休みの宿題を片づける「宿題代行業者」が登場し、賛否を呼んでいる。メールなどで届いた依頼に、アルバイトの学生らが有料で応える。多くの小中学校で夏休み最後となる今週末は“駆け込み客”が殺到しているというが、「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、教育関係者は批判的だ。

インターネット上で宿題代行サイトを主宰するのは大阪市内の20代の男性。このサイトには東大や京大、阪大、関関同立など全国の有名大学生らが多数、登録している。算数の文章問題は1問500円、読書感想文は2万円で引き受けるほか、大学生のリポート(2万円〜)や卒業論文(30万円程度)まで幅広く手がけている。そのほか、夏休みの宿題の定番である工作(5万円)や自由研究(2万円)なども請け負っており、これまで実際に「アリの研究」や「河川敷の水質調査」などを提供したという。依頼は主に親からで、「子供の宿題が期限に間に合わないから」という理由がほとんど。中には小学生本人から注文が来たこともあるという。メールやFAXで受けた依頼を、業者を介して登録学生に発注。高額バイトとして一部の学生に人気があり、中には月20万円以上稼ぐ学生もいるという。

(産経新聞)

  3 Responses to “宿題代行に手を染める親と業者の低俗さを叱る”

  1. はじめまして。 偶然にGoogle検索からこちらのブログにたどりついて、様々なトピックに対する深い洞察を拝読しました。 とても勉強になります、ありがとうございます。

    こちらの記事で学生の倫理観の欠如について書かれておられますね。宿題代行でお金を稼ぐという行為からは、金がもらえれば手段はなんでもいいや、というような態度が透けて見えて、私も同感です。が、ここで、私はあなたの持っている「倫理観」とはどういうものか疑問に思いました。

    こちらの様々な記事を拝読するに、あなたはあちこちでおいしいものを食べた記録を残しておられるようですが、あなたは肉食について倫理的な洞察をされたことがありますか。
    特に深い考えもなく肉食をしていたのなら、特に深い考えもなく宿題代行をしていた大学生と変わらぬ立場ではなかろうかと思います。もちろん、肉食は後ろめたい行為ではないと証明した際には、そんな誹りを被る筋合いは一切ありませんが。

    こちらの記事で、
    宿題代行をする大学生に対し「その行為をどう正当化しているのか」と問いを投げかけておられますが、あなたは肉食という行為をどう正当化しますか。
    別に揚げ足をとってやろうというのではなく、ただ、21世紀初頭、大学で教鞭をとるようなレベルにいる方が、肉食についてどう考えているのか知りたいだけです。

    もうひとつ、私の通う大学の食堂では、半年間投書を続けた結果、ついに菜食主義者向けのメニューが提供されるにいたりました。
    京都大学ではどうですか。

    • 「肉食について倫理的な洞察をされたことがありますか」という質問への答えは,「あります」です.

      「肉食は後ろめたい行為ではないと証明した際には」云々とありますが,「後ろめたい」は感情なので,私がいくら「後ろめたくない」と言っても,あなたが「いや後ろめたく感じないのがおかしい」と言えばどうしようもなくて,証明は不可能ですね.

      食事に対する私の立場は,食べたいものを食べればいい,です.

  2. ご返答ありがとうございます。 以下、長くなってしまい、すみません。
    「後ろめたい」かどうかというのは、証明不可能であるとのこと、まったくそのとおりと思います。

    しかし同様に、「水を電気分解すれば、いつどこでやっても、必ず水素と酸素が生じる」というステートメントも、私が「いや、今までの実験では確実にそうなったかも知れないが、明日実験したら炭素が生じるかもしれないよ」と言えば「どうしようもない」のではないでしょうか。
    それでも現実世界の便宜を考慮するに有用であるから、現在の社会では、完全無欠な証明は不可能であるのを知りながら、「ほぼ確実」であることを根拠にとりあえず「みんな、水を電気分解すれば水素と酸素が生じるからね、これはもう決まりだからね」とみなしているのだと思います。証明不可能であるけれども、結論を出していると言い換えることができます。
    同じように、証明不可能でありながら、とりあえず動物をいじめるのはよくないねというマジョリティのコンセンサスが得られている《≒ほぼ確実である》から動物愛護法というきまりがあるのだと考えます。「いや、動物虐待なんて悪いことでもなんでもないよ」
    という意見もあるでしょうが、それでも結論が出ている例ではないでしょうか。

    証明不可能であるけれども、それでも一番妥当、かつ多くの人の同意を得られるであろう「ほぼ確実っぽい」結論をなんとか導いて、現実世界の暮らしに役立つように決まりを作る、というのが今まで人類がやってきたことなのではと私は思います。
    「後ろめたいかどうかは証明不可能だから、人それぞれの判断に任せればいいんじゃないの」というのは、「ほぼ確実に主張可能なこと」を模索するステップを飛ばしているように感じます。

    大学で科学哲学の講義を受けていると、こういう考え方が私の中で出来てしまいます。私個人の感覚としては、「そんなの、電気分解なんて、今日やったって明日やったって結果は同じでしょ」と反射的に思ってしまいますが、しかし、足りない頭でよくよく考えてみると、上に挙げたような考え方は、私の中で反証できず、受け入れざるを得ないのです。なんだか、理系の学問に文系の学問が横槍を入れてきたようで、違和感があるのですが、
    しかし反証できないのです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>