9月 032007
 

海外旅行での楽しみの1つは食事だ.研究室旅行であっても,食事が楽しみであることに変わりない.研究室全体での旅行であり,学生もいることから,高級レストランばかりで食事をするわけにもいかないし,それが面白いとも思わないが,少なくとも一度は本当に美味しい料理を食べたいものだ.というわけで,滞在2日目の夜に,高級広東料理を食べに行くことにした.

今回は,高級広東料理のレストランを選ぶためだけに,図書館で香港の旅行ガイドブックを3冊借りて,すべてを香港まで持参した.気合いが違う.気合いが.研究室旅行参加者は計15名だが,食べたいもの別にグループに分かれて食事をすることにし,8名の高級広東料理グループと,7名の本格四川料理グループとに別れた.

高級広東料理グループによる議論の結果,シャングリラホテル(Kowloon Shangri-La)の「香宮」(Shang Palace)というレストランに行くことに決まった.非常に評価の高いレストランで,世界のホテルレストラン・ベスト10にも選ばれたことがあるらしい.

シャングリラホテルに到着してまず驚いたのが,玄関前に駐車しているのがピカピカの高級車ばかりであることだ.やはり高級ホテルは凄い.格安パッケージツアーで利用するホテルとはレベルが違う.実は,このときの私の服装は,オレンジっぽい色のTシャツにジーンズだった.おおよそ,高級ホテル内の高級レストランに行く格好ではない.本当は,レストランに行くためにシャツとパンツを準備してきていたのだが,パックツアーに含まれている観光の後にホテルに戻らないことになったため,着替える時間がなかったのだ.高級広東料理グループ8名の中で一番酷い格好だった.しかし,そんなことで臆するわけにはいかない.ドアを開けてもらって中に入り,地階にある香宮へと向かう.ただし,無茶苦茶恐縮しながら...

香宮の入口に置いてあるメニューを見ながら,コース料理の内容を確認していると,ビシッとネクタイをした集団が店の中へと入っていった.ますます気まずい.他の7名も私よりましな格好とは言っても,決してろくな格好ではない.ところが,香宮の入口にいた案内係の女性が大変親切に,VISAクレジットカードで支払うと割引も適用になるのでどうぞ,と言ってくれた.入店拒否されるのではないかとドキドキしていたので,ホッと胸をなで下ろした.

香宮のエントランス@シャングリラホテル,香港
香宮のエントランス@シャングリラホテル,香港

香宮の店内@シャングリラホテル,香港
香宮の店内@シャングリラホテル,香港

今回注文したのは,8人用4,880HK$(約78,000円)のコース料理.北京ダックにはじまり,フカヒレ,アワビなど高級食材を用いた料理が並ぶ.最初の北京ダックでは,テーブル脇に丸焼きにされたダックが運ばれてきて,それを手にとって我々に見せてくれた後,皮を剥いでサーブしてくれた.

北京ダック@香宮,シャングリラホテル,香港
北京ダック@香宮,シャングリラホテル,香港

大好物のフカヒレスープも,いつもの上湯(シャンタン)スープではなく,蟹肉入りの濃厚なスープで,とても美味しかった.

蟹肉入りフカヒレのスープ@香宮,シャングリラホテル,香港
蟹肉入りフカヒレのスープ@香宮,シャングリラホテル,香港

ナマコそのものは美味しいとは思わないし,とにかくニュルニュル系は苦手なので,エビのすり身をナマコで包み,その上にアワビのスライスを載せたこの料理も,凄く美味しいというわけではなかった.しかし,上品な味付けで,洗練された料理なのだろう.

煮鮑(アワビ)のスライス生子(なまこ)添え@香宮,シャングリラホテル,香港
煮鮑(アワビ)のスライス生子(なまこ)添え@香宮,シャングリラホテル,香港

活魚の蒸しものは,白身魚の料理で,大変サッパリしていた.

活魚の蒸しもの@香宮,シャングリラホテル,香港
活魚の蒸しもの@香宮,シャングリラホテル,香港

蟹をかたどった銀食器が印象的な蟹詰物のフライは,蟹の身がたっぷり.ちなみに,蟹型食器は非常に重い.

蟹詰物のフライ@香宮,シャングリラホテル,香港
蟹詰物のフライ@香宮,シャングリラホテル,香港

鶏料理と焼き飯は,まあ普通の料理だ.別に驚くようなものではない.でも,確かに美味しい.

クリスピーチキン@香宮,シャングリラホテル,香港
クリスピーチキン@香宮,シャングリラホテル,香港

シーフードチャーハン@香宮,シャングリラホテル,香港
シーフードチャーハン@香宮,シャングリラホテル,香港

最後は中華デザートで締める.

二種の中華菓子1@香宮,シャングリラホテル,香港
二種の中華菓子1@香宮,シャングリラホテル,香港

二種の中華菓子2@香宮,シャングリラホテル,香港
二種の中華菓子2@香宮,シャングリラホテル,香港

季節のデザート@香宮,シャングリラホテル,香港
季節のデザート@香宮,シャングリラホテル,香港

いやぁ,大満足.このコース料理に,青島ビールを1グラスずつ飲んで,パンフレットを見せて15%割引を適用してもらって,最終合計5,140HK$(約83,000円).1人約1万円.

さて,ここで問題.下の写真を見ると,箸が2膳ある.なぜ?

食器とお箸×2?@香宮,シャングリラホテル,香港
食器とお箸×2?@香宮,シャングリラホテル,香港

解答.黒い箸は自分が食べるためのもの.白い箸は大皿から取り分けるためのもの.ちなみに,今回のコース料理では,白い箸は不要だった.


広東料理の名人,金萬福氏監修による本格中華料理セット!


広東料理の名店「赤坂璃宮」の贅を尽くした至福の味!
あわびとふかひれのオイスターソース煮


広東料理の名店「聘珍樓」の飲茶・チャーシュウセット

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>