9月 282007
 

なんとも中途半端な時期だが,2回生の前期終了時点で,工業化学科の学生が3つのコースに配属される.そのうちの1つが,私も関与する化学プロセス工学コースだ.このコースに対応するのが,大学院では化学工学専攻となる.

本日,その化学プロセス工学コースのガイダンスが行われた.ガイダンスでは,毎年恒例の自己紹介があり,学生が一人ずつ自己紹介し,その後で,教員も自己紹介をする.例年,学生は,氏名,出身地,化学プロセス工学コースの志望理由などを述べる.ところが,今年は,非常に淡々とした自己紹介になった.司会のまずさもあったのだと思うが,そのおかげで,学生の特性をうかがい知ることができた.

多くの学生の自己紹介はこうだ.

「○○××です.よろしくお願いします.」

しかも,ボソボソと.これでは何も伝わってこない.どういう人間なのかも,我々と積極的に関わりたいのかどうかも,何を求めているのかも.自己紹介している意味がない.時間の無駄だ.どうして,そんな自己紹介しかできないのだろうか.いや,どうして,そんな自己紹介でも構わないと思えるのだろうか.

もちろん,ビシッと自己紹介をしてくれた学生もいる.自分の話すことに何十人もの人が耳を傾けてくれる機会なんて,そんなにないはずだ.そういう貴重な機会をものにできない,いや,ものにしようという気持ちがない人間というのは,どんなチャンスが訪れてきても見過ごすタイプだと思う.いや,本人は見過ごしていることを自覚せず,「チャンスに恵まれない」と他人をねたむタイプじゃないかと危惧する.

京大生であることなんて別に大したことじゃない.自分を磨く,出会いを大切にする,チャンスはものにする,そういう貪欲な態度を身に付けていく必要がある.そうでないと,将来が非常に不安だ.醒めた態度が格好良いとでも思っているなら,脳味噌を取り替えた方がよい.

数年後には就職活動だってしないといけない.そんなつまらない自己紹介では相手にもしてもらえないだろう.さて,これから数年間でどれだけ成長してくれるか.大いに期待しよう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>