11月 132007
 

AIChE Annual Meeting

AIChE(米国化学工学会)が主催するAIChE Annual Meetingが,2007年11月4日〜9日にソルトレイクシティで開催された.

この会議は非常に大規模で,5〜7つの論文発表で構成されるセッションの総数が662(ポスターセッションも含む),同時並行で行われるパラレルセッション数は約50にもなる.AIChE Annual Meetingの概要については過去の報告を参照して欲しい

今回,自身の研究内容および興味の関係で,私が主に参加したのは,Computing and Systems Technology (CAST) Divisionが主催または共催しているセッションと,”Pharmaceutical Engineering for the 21st Century”というTopical Conferenceのセッションになる.簡単にメモしておこう.

Computing and Systems Technology (CAST) Division

化学工学におけるプロセスシステム工学分野に対応するのが,AIChEではComputing and Systems Technology (CAST) Divisionである.日本の化学工学会でいうと,システム・情報・シミュレーション部会になる.

CASTは下記の5つのエリアで構成されている.

  • 10a: Systems and Process Design
  • 10b: Systems and Process Control
  • 10c: Computers in Operations and Information Processing
  • 10d: Applied Mathematics and Numerical Analysis
  • 10e: Information Technology

CASTの研究動向を知る上で参考になるのが,毎年AIChE Annual Meetingで企画されるCast Plenary Sessionである.このセッションは各エリアの招待論文だけで構成されるため,各エリアで関心の高い話題を窺い知ることができる.今年の発表は下記5件だった.

  • Rich Visualization For Representing Complex Data In The Chemical Sciences
    J. M. Caruthers, L. Delgass, H. Wang, S. Dunlop, K. Novstrup
  • Understanding The Optimal Response Properties Of Tricyclic Cascade Networks Through Dynamic Optimization
    Benoît Chachuat, Dominique Bonvin, Vassily Hatzimanikatis
  • Quality-Based Retrimming Optimization Module – Research And Implementation
    Iiro Harjunkoski
  • Development Of Quantitative Structure-Property Relations For Crosslinked Polymethacrylate Resins For Dental Applications
    John Eslick, Janine Einhellig, Qiang Ye, Jong-Gu Park, Elizabeth Topp, Yong Wang, Paulette Spencer, Kyle Camarda
  • Parameter Identification For Chirality-Selective Single-Walled Carbon Nanotube Chemical Reaction Networks
    Kejia Chen, Nitish Nair, Michael S. Strano, Richard D. Braatz

この他,CAST Divisionが主催または共催するものだけで,60セッションを超える.

Pharmaceutical Engineering for the 21st Century

計24セッションが開催された.このうち,”Quality by Design”や”Process Analytical Technology”をセッションタイトルに含むものが5セッションあり,主にそれらのセッションに参加した.医薬品の製造方法が大きく変化する可能性があり,またデータ解析,プロセス制御,プロセス管理等の技術が活躍できる場であることから,引き続き注目していくつもりである.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>