12月 082007
 

仕事でモノクロレーザープリンタ(Brother HL-5070DN)とカラージェルジェットプリンタ(Ricoh IPSiO GX 3000)を使用している.

今朝,6つの講演資料(スライド)をそれぞれ96名分準備する必要があり,リコーのIPSiO GX 3000で印刷を始めたところ,しばらくして,ERR(999)というエラーメッセージが表示されて,プリンタが止まってしまった.電源を再投入するように促されたため,何度か電源のOFF/ONを繰り返したが,結局復活しなかった.仕方なく,GELJETダイヤルに電話し,状況を伝える.折り返し最寄りのサポート担当者から連絡しますとの回答だ.

しばらくして,サポート担当者から電話があった.ERR(999)というエラーメッセージが表示されて,電源を再投入してもダメだと伝えると,「その症状は本体交換になります.取り寄せますので,来週中頃にお届けします.」との返事.即答だった.同じ症例が相当数報告されているのだろう.資料を準備しなければならないのに,本体交換とは,トホホ...

ちなみに,今回の故障は購入後1年2ヶ月で起こった.保証期限を2ヶ月過ぎている.まるでソニータイマーのようだ.しかし,幸いにも,3年間保証付きの「安心3年モデル」を購入したため,不要な出費をせずにすむ.備えあれば憂いなし.

  2 Responses to “Ricoh IPSiO GX 3000がERR(999)のために交換”

  1. リコーのIPSiO GX 3000を2006年9月13日に購入し、使用していましたが、上記に書かれている内容と同じようなエラーが出て、サポート担当者から電話がありました。残念ながら、「安心3年モデル」を購入していなかつたので、修理代が購入金額より高いという状況になりました。ほとんど使用していないのでもったいないのですが、買った金額より高値で修理する気もしないまで、処分することにしました。

  2. 故障時にネットでも調べましたが,この故障は結構多いようです.本体価格が安く購入しやすい機種ですが,故障が多いのでは意味ないですね.買うなら「安心3年モデル」を.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>