1月 312008
 

何のために働くのか
北尾吉孝,致知出版社,2007

著者はSBIホールディングス代表取締役CEOであり,投資銀行やコンサルティングファームを志望する学生が増えている状況下で,彼らにも薦めやすい本だと言えよう.平易に書かれており,本書を通して,人間として成長するために仕事に打ち込むのだという考え方に触れると良いのではないかと思う.本書に接して,中国古典に興味を持つというのも良いだろう.

「何のために働くのか」ということについての私自身の考えの一部は,「就職活動をする学生諸君,働くことについて改めて考えては?」に記した.

以下,本書にある言葉のいくつかを紹介しよう.

稲盛和夫:「働くことが人間性を深め,人格を高くする.働くことは人間を磨くこと,魂を磨くことだ.」

人間としての根本を養うために実践するべきこと:

  • 心の糧になるような本を読む.
  • 自分が私淑できるような師を持つ.
  • 様々な経験や体験を踏まえて自分を練っていく.

親は,勉強がいくらできても人間的に未熟であっては意味がないということをはっきりと子供に教えるべきなのです.その上で,人間として一流になるためにはどういう勉強をするべきなのかを教え,導いてあげるべきです.それが親の務めというものではないでしょうか.

一所懸命に働けば,その見返りとして人間的に成長できるのです.これこそ仕事の対価です.それとともに,仕事にはもう1つの対価があります.それは「ご縁」というものです.

好き嫌いで判断している限り,決して自分の望んでいる仕事には巡り会えない.

もし本気で自分の天職を見付けたいという気持ちがあるのなら,まずは与えられた仕事を素直に受け入れることです.そして,熱意と強い意志を持って,一心不乱にそれを続けていく覚悟が必要です.

易経にある言葉:「積善の家には必ず余慶あり.積不善の家には必ず余殃あり.」

人間は仕事を通じて自分自身を磨き,高めていくことができるのです.何があっても動じずに自らの意志を貫き通せるような胆識ができあがるまで,自分を磨いて,成長し続けなくてはいけません.安岡先生の言う「風韻」を発するような格調の高い人間になるまで,やり続けなくてはなりません.

論語にある言葉:「徳ある者は必ず言あり.言ある者必ずしも徳あらず.」

論語にある言葉:「仁者は必ず勇あり.勇者必ずしも仁あらず.」

ドラッカー:「経営とは人を通じて正しいことを行うことだ」

1月 312008
 

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
照屋華子,岡田恵子,東洋経済新報社,2001

コンサルティング大手マッキンゼーのエディターとして活動している著者が,「ロジカル・コミュニケーション」について解説した書籍.

何のためにコミュニケーションをするのかという本質的な問いから始まり,目的を達成する(相手を納得させる)コミュニケーションを行うための技術として,話の漏れや重複をなくす”MECE”(ミッシー)と,話の飛びをなくす”So What?”/”Why So?”という手法を紹介している.

論理的に考えることができている人であれば,ここに書かれている内容は,無意識にそうしているなと思えるものが多いだろう.本書を読んで偉いなと思うのは,こうすれば論理的に考えることができる,相手を説得することができるというノウハウを,人に伝えられる形でまとめている点だ.演習問題も豊富で,特にビジネスパーソンには参考になるだろう.

以下,もう少し詳しく内容を見ておこう.

まず,大切なことは「私が申し上げたいこと」ではなく,「相手に伝えるべきメッセージ」だと著者は指摘している.著者の定義によると,メッセージとは次の3要件を満たしているものである.第1に,そのコミュニケーションにおいて答えるべき課題(テーマ)が明解であること.第2に,その課題(テーマ)に対して必要な要素を満たした答えがあること.第3に,そのコミュニケーションの後に,相手にどのように反応してもらいたいのか,つまり相手に期待する反応が明らかであること.

確かに,上記の3要件は大切だ.仕事柄,様々な企業や学会から講演依頼をいただくが,その際,この3つは間違いなく確認している.つまり,「何についての講演を依頼されているのか?」を主催者に確認すると共に,「依頼された講演を行う能力があるか?」と自問自答する.主催者に確認するのは,講演テーマだけでなく,主催者が自分に何を求めているのかということだ.講演内容,想定される聴講者,主催者が聴講者に伝えたいこと,主催者が期待する講演の成果,などについて納得できるまで,かなり執拗に質問するので,驚かれることも少なくない.しかし,これらが明確でない講演をやったところで,期待される成果は得られないだろう.というか,これらが明確でないということは,期待する成果すら定義されていないわけだから,成功も失敗もないのだろうが.ただ,そういう講演を引き受けるほど暇なわけでもない.各々の部署,企業,産業界などで役立つ技術について易しく解説することを望まれるケースが多いが,トップも含めて,その有用性に懐疑的な人達が多いのが現実であるため,「事業の決定権を持つトップマネージメントを説得すること」が講演成果である場合も少なくない.

課題と相手に期待する反応が定まったら,答えの中身を考えなくてはならない.著者は,ビジネスにおいて課題の答えとして備えるべき要素は次の3つだとしている.答えの核である「結論」,結論の妥当性を説明する「根拠」,そして結論がアクションの場合にどうやって実行するのかを説明する「方法」だ.

コミュニケーションの後に,こちらが期待する反応を相手に起こしてもらいたいわけだから,答えには説得力がなければならない.説得力のない答えに共通するのは,(1)話の明らかな重複・漏れ・ずれ,(2)話の飛び,という欠陥があることだと著者は指摘している.このような欠陥をなくす技術が,”MECE”と”So What?”/”Why So?”である.

“MECE”とは,”Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive”の略で,「ある事柄を重なりなく,しかも漏れのない部分の集合体として捉えること」を意味する.全体をいくつかの部分に分割する場合には,重複・漏れ・ずれをなくすために,常に”MECE”に行うように注意しなければならない.

“So What?”は「結局どういうことなのか?」と問う作業であり,提示する情報から論理的に導かれる結論を抽出するために用いる.これとは逆に,”Why So?”は「なぜそのようなことが言えるのか?」と問う作業であり,結論が提示する情報から導かれるかどうかを検証・確認するために用いる.この”So What?”/”Why So?”をセットで用いることで,話の飛びをなくすことができる.

“MECE”にしろ,”So What?”/”Why So?”にしろ,何を今更という感がある.しかし,この種の本(ロジカルなんとか系)がよく売れることからもわかる通り,論理的に考えられない,話せない人が世の中には少なくないわけで,論理的に考え,話す技術を修得可能な形で示すという点で,本書や類書には存在価値があるのだと思う.

以上のような技術を持って,論理を構成していくわけだが,著者は論理を以下のように定義している.「論理とは,結論と根拠,もしくは結論と方法という複数の要素が,結論を頂点に,縦方向にはSo What?/Why So?の関係で階層をなし,また横方向にはMECEに関係づけられたものである.」

参考:「論理的に考える力,書く力を身に付ける」@大学での教育・研究と自己啓発

1月 312008
 

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
ジーン・ゼラズニー,東洋経済新報社,2004

ビジネスでプレゼンする機会が多い,ビジネスにおけるプレゼン能力を磨きたいという方にお勧めできるテキストです.

参考:「プレゼンテーション能力を身に付ける」@大学での教育・研究と自己啓発

1月 282008
 

昨今の就職事情

12〜1月にかけては,会社説明のために大学を訪問して下さる卒業生や採用担当者が非常に多くなる.特に,ここ数年は,景気回復の効果もあり,一時期新卒採用をなくすという愚挙に出て,組織に歪みが生じているような企業も積極的に採用活動を行っているようだ.

企業の方々から,「この研究室の学生が欲しい」,「この専攻の卒業生が欲しい」と言ってもらえるのは誠にありがたいことだ.そう言っていただけるのも,企業で実績を積み上げてこられた方々がおられるからこそであり,そういう方々に感謝するばかりだ.

今でも学校推薦という制度があり,学生は,誰でも知っているような大企業に比較的容易に就職できる恵まれた環境にある.しかし最近は,学校推薦に頼らずに就職活動を行ったり,外資系を志望する学生が増えているように感じる.このような状況は,実は私が大学を卒業する頃,つまりバブルの頃にもあった.当時,少なくない学生が銀行や保険会社に職を求めたものだ.金融やコンサルティングなど非製造業を学生が指向する現在の傾向が,単なる景気循環によるものかどうかは不明だが,学生が自立してきたと受け取れば,好ましい傾向とも言えるだろう.

就職,働くことに対する意識を問う

私が所属する研究室には,毎年,非常に優秀な学生が来てくれている.京都大学だから優秀ということではなく,その中でも特にできる学生が当研究室への配属を希望してくれる傾向にある.これも,今の研究室を形作ってこられた数多くの卒業生やスタッフの力があればこそであり,その恵まれた環境に身を置かせていただけることに大変感謝している.少なくとも,この状況を維持できるように努めることは,私に課せられた最低限の責務だろう.

先に金融やコンサルティングなど非製造業への就職を希望する学生が増えていると指摘したが,当研究室の状況がまさにそうである.これまでも,数年に1人ぐらいはそういう学生はいたが,最近は,1学年に複数いたりする.生産技術力を高めるというような研究に取り組み,日本の産業界への貢献を謳う研究室の一員としては,これでいいのか?と自問自答することも多いが,学生自身の人生のことであり,過度な干渉をしようとは思わない.ただ,学生が就職先を検討する際の判断基準について,自分の想いを伝えておくぐらいのことはしないといけないだろう.

実際,個人差が非常に大きいものの,総じて,彼らの就職に対する,働くということに対する認識には,まだまだ改める余地があるのではないかと感じる.それでも,修士課程の学生ともなれば,そこそこ自分で考えるようになっている.一方,これから研究室に配属されるという3回生等を見ていると,その幼さに不安を感じつつ,それと同時に,自分がいかに呆けた学生だったかを思い出し,複雑な気持ちにさせられる.

正直なところ,日本の将来を担うべき人材であると信ずるが故に,彼らには,もっと高い次元で考えられるようになって欲しいと思う.そのためには,人生について,生き方について,もっと深く考える必要があるだろう.そして,生き方について考えるなら,働くということについても向かい合う必要がある.

ある卒業生からの連絡

昨年,研究室の卒業生から,転身したとの連絡を受けた.

何度かやりとりした際に,彼からもらったメッセージを転載させてもらおう.断片のみだが,この駄文を読んでくれている学生の参考になるだろう.

正直,こういう卒業生がいてくれることを嬉しく思う.

私は先生からD・カーネギーの「人を動かす」を紹介してもらい,(中略),政治の道に転身する決意を生みました.いわば今の私があるのは先生のおかげです.7講座で鍛えられたおかげで文章を書くのにもさほど困ったことはありませんし(笑).いつかこの恩返しはさせていただきたいと思います.

私は京大の学生が能力を持ちながら,他人のために活かせない状況が卒業生ながら痛ましく思います.

「キャリア」ではなく,志.他人のために自分の能力をいかに使うかが大事です.

自分の受けた恩を他人に広める活動をどんどんと行っていくことが私の使命です.

ある友人からの連絡

これも昨年になるが,卒業生ではなく,縁があって知り合った友人から連絡を受けた.

インターンシップについての彼からのメッセージを転載させてもらおう.断片のみだが,この駄文を読んでくれている学生の参考になるだろう.

彼は投資会社で働いているが,将来は日本の教育に貢献したいと常々言っている.読書家でもあり,最近は古典にはまっているそうだ.

「流行のキャリア観」(自分の市場価値だとか,「スキル」だとか)に惑わされている部分が見えます.外資受けするでしょうから,「いい会社」には合格すると思いますが.ここで言う「いい会社」とは,給料が高いとか,ブランドがあるとかです.最近の学生さんに多いタイプです.別に悪くはないのですが...

働いて何を得ようとするのか?

「高い給料」というのは,わかりやすい回答だ.格差社会とか,勝ち組,負け組という言葉が流行る世相において,自分の能力を高額な報酬に換金するのも悪くないだろう.しかし,働いて得ようとするものが「高い給料」だけだとしたら,悲しくないか.もし宝くじか何かで大金を手にできたとしたら,働くことは無意味ということになるのだろうか.

流行の「キャリア」も大差ない.実際,キャリアという言葉が高く売れる能力を身に付けるという以上の意味で使われるのを聞いたことがない.面白いことに,先に紹介した二人とも,私とのやりとりの中で「キャリア」という言葉を使っている.

高い給料でもキャリアでもないとするなら,働いて得ようとするものは一体何なのか?

もちろん,様々な答えがあっていい.

私の場合,働いて得ようとするものは,「高い給料」でも「キャリア」でもない.そういうものが手に入れたいなら,そもそも大学になんて残ってはいけない.「社会的地位」は確かに手に入る.しかし,それは,「○○大学の先生」という肩書きに対して与えられているものであって,個人としての人間の価値には何の関係もない.

私は,より良い社会を作り出していくためにも教育は不可欠であり,教育は社会の根幹をなすと考えている.それほど重要な教育に携われるというのが大学教員の魅力の一つだ.教育という点だけなら,なにも大学である必要はない.しかし,自分の頭で考えて,新しいものを生み出すという作業が楽しく感じるので,研究も魅力的に感じる.また,研究成果を社会に還元するという方法で,教育とは異なる社会貢献もできる.教育と研究の二兎を追うものにとっては,大学というのは,なかなか素晴らしいところだ.まあ,実態は,本当に為すべき教育と研究以外に労力の半分以上を割いているような気はするが...

ともかく,私にとっては,教育こそが,1)自分の能力を活かす,2)社会に貢献する,3)使命感を持って取り組む,という条件を満たすことができる仕事なのだ.そういう意味では,教職が天職だと思っている.だからこそ,この道に進むように導いてくれた様々な「縁」に感謝している.とりわけ,両親とかつてのボスの影響は大きい.

働くことについて改めて考えてみる

働くことについて考えるには,生き方について考えることを避けられない.当然,簡単に答えが見付かるわけでもない.それだからこそ,就職活動が本格化するより以前に,できれば暇な大学生の早い段階で,考えるようにして欲しいと思う.ここでは,働くことについて考える際に参考になる本を2冊だけ紹介しておこう.

まずは,P. F. ドラッカーの「プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ,成長するか」(ダイヤモンド社,2000)を挙げたい.本書は,組織で働く知識労働者として成果をあげ,成長するための考え方を説いており,成果を上げるためにすべきこと,自分の強みを発揮するためにすべきこと,時間を管理するためにすべきこと,などが具体的に記されている.研究室の課題図書でもあり,学生には読むように勧めている.

次に,北尾吉孝氏の「何のために働くのか」(致知出版社,2007)を挙げておこう.著者はSBIホールディングス代表取締役CEOであり,投資銀行やコンサルティングファームを志望する学生が増えている状況下で,彼らにも薦めやすい本だと言えよう.平易に書かれており,本書を通して,人間として成長するために仕事に打ち込むのだという考え方に触れると良いのではないかと思う.本書に接して,中国古典に興味を持つというのも良いだろう.

育児・子育てにも反映させたい

今回の駄文は,主に就職活動をしている学生を念頭に置いて,働くことについて改めて考えてみて欲しいという想いで書いた.

しかし,本来は,働くことを通して人間として成長するのだということを,幼い頃から学んでおくべきだと思う.育児や子育てというと,受験テクニックを代表に,成績を上げることに関する書籍があまりに幅を利かせている.そういうものを土台に育てられても,小人(しょうじん)にしかならないのではないか.

このあたりのことについては,もっとよく考えて,自分なりに整理していきたい.

1月 202008
 

本日(いや,もう昨日になっている),研究室卒業生の結婚式と披露宴に招待してもらった.人前式の結婚式も披露宴も,新郎新婦の個性が発揮されていて,とても良かった.忙しい中,よくこれだけの準備をしたなと感心させられた.

自分が結婚式を挙げたのは,もう10年近く前になる.時の経つのは速いものだ.ひとまわり若い世代の結婚式に列席すると,当時を思い出し,心を新たにすることができる.

さて,披露宴も終わりに近付き,色々な質問に対する新郎新婦の答えが司会の方から紹介されたときのことだ.質問の1つに,「尊敬する人は?」というのがあった.新婦の答えは「両親」だった.ありきたりに聞こえるかもしれないが,私も,結婚して,子供を育てる立場になって,改めて両親は偉いと感じたものだ.だから,その気持ちはとてもよく理解できる.続いて,研究室卒業生である新郎の答えは「○○先生」だった.思わずビールを吹き出しそうになったが,そのように言ってもらえるのは教師冥利に尽きる.誠にありがたいことだ.本日の披露宴で,大変恐縮に感じる一幕だった.

二人の幸せを改めて願おう.

幸せは自分の行動で得るものだ.他人に求めるものではない.

名誉を愛する者は自分の幸福は他人の中にあると思い,
享楽を愛する者は自分の感情の中にあると思うが,
もののわかった人間は自分の行動の中にあると思うのである.

マルクス・アウレリウス・アントニヌス,「自省録」より

1月 202008
 

研究室見学会

1月18日(金)に,京都大学工学部工業化学科化学プロセス工学コース3回生向けの研究室見学会が実施された.工業化学科では,4回生で研究室配属されるため,3回生を対象に研究室を見学してもらい,研究室選びに役立ててもらおうという企画だ.詳細は,昨年の見学会の際に書いた「京都大学工学部工業化学科の研究室見学会」を参照して欲しい.

学生へのメッセージ

修士課程修了直後に助手として採用されて以来,常に,学部生向けの研究室見学会の陣頭指揮を執ってきた.研究室としての方針を伝え,我々の方針に共感してくれる優秀な学生を勧誘するために,研究室見学会は極めて重要であると認識しているからだ.しかし,今年は参加できない事情があったため,私が担当する研究グループの簡単な紹介と共に,短いメッセージを書いて,配布した.

そのメッセージを紹介しておこう.

データ解析&制御グループでは,学生に

  • 論理的な思考能力
  • きっちりとした日本語を書く能力
  • プレゼンテーション能力
  • 世界に通用する力(研究遂行能力,語学力)
  • 教養

を身に付けてもらうことを通して,真のエリートを養成することを目指しています.そのために,徹底的に鍛えます.考える力,書く力,話す力を身に付けておけば,どんな分野に進もうとも,存分に自分の存在価値をアピールできるでしょう.大学在学中に何を身に付けるべきなのか.よく考えて下さい.これからの自分の人生を支える基盤を作るべきなのではないですか.偏った専門知識やテクニックが大切なわけではないでしょう.

世界に通用する力を身に付けるためには,まず世界を知る必要があります.残念ながら,極東のちっぽけな島国の田舎町にいると,世界を肌で感じることは困難です.そこで,PSE研究室では,学生に国際会議で発表してもらうことに力を入れています.さらに海外の同世代と交流する機会を設けるために,毎年夏に,講座旅行として海外の大学を訪問しています.我々はそのような環境を提供します.選択するのは君達です.

将来の自分の姿を強くイメージして下さい.どこで,どんな仕事をしているでしょうか.どんな生活を送っているでしょうか.そのイメージが君達の将来の姿です.それ以外の何物にもなりえません.何を選択し,どう行動するかで,人生は決まります.その選択と行動の全責任は自分自身にあります.自分の人生において自分がなすべきことを考えてみて下さい.

参考文章

最後に,昔書いた文章をリンクしておく.参考になれば幸いだ.