2月 252008
 

図説 エジプトの「死者の書」
村治笙子,片岸直美,仁田三夫,河出書房新社,2002

「死者の書」とは,古代エジプト人が葬式や埋葬のときに読経し,墓に副葬した,呪文や祈祷文が書かれたパピルスの巻物だ.来世を信じていたエジプト人が,死者が死後も神々に守られ,永遠に生き,自分達を見守ってくれるようにとの願いを込めて,死者の遺体の近くに置いた.死者の書は,物の形を象ったヒエログリフ(聖刻文字)で書かれている.

死者の書は,ピラミッドの内壁に刻まれた「ピラミッド・テキスト」(第5王朝,紀元前2400年頃以降)や棺に書かれた「棺柩文(コフィン・テキスト)」(中王国,紀元前2100年頃以降)といった葬祭文書の流れを受け継ぐもので,第2中間期末(紀元前1580年頃)から,ツタンカーメンやラメセスがファラオとして君臨した新王国時代,末期王朝時代を経て,クレオパトラ7世によるエジプト復興が失敗し,プトレマイオス朝が終焉する紀元前30年を過ぎた頃まで使われ続けた.

死者は,冥界の王であるオシリス神を裁判長として,42柱の神々が列席する裁判において,自ら生前の潔白を証明しなければならない.もし神々に否定されると,死者は,その心臓を怪物に喰われ,二度目の死を運命づけられる.それは,来世での生の否定,永遠の苦を意味した.一方,身の潔白が証明されれば,晴れて死者の国の一員となり,「イアルの野」または「ヘテプの野」と呼ばれる死後の楽園に入ることができる.死者の書に書かれた呪文は,無事に楽園に至るために必要なものである.

本書は,多くの写真を用いて,死者の書についての解説したものである.かねてより,エジプトを訪問し,ピラミッドや神殿を見てみたいと願っているので,予備知識を仕入れるために本書を読んでみた.

2月 252008
 

夕方,2歳の長女と一緒にお風呂に入りながら,こんな会話をした.

「○○ちゃん.」

「なに〜?」

「○○ちゃんは,生まれてくるとき,パパとママのところに生まれようって,選んでくれたの?」

「うん!」

「そう,パパとママを選んでくれたの?」

「うん!」

「そうかぁ.ありがとうね.」

そんな長女が,ほぼ毎日,決まって私に言う台詞がある.

「パパ,おうまさん乗ったね〜!ナ・ナ・ちゃん!」

昨年11月に鳥取砂丘で乗った馬車のことを言っているのだ.ナナちゃんというのは,そのときの馬の名前だ.もう3ヶ月にもなるが,まだ毎日口にするということは,それだけインパクトがあったということか.まあ,連れて行った甲斐があるというものだ.ちなみに,そのときの様子は「鳥取砂丘のラクダ,馬,砂嵐」に詳しい.

この台詞を聞くと,4歳の長男はこう言う.

「○○ちゃん,また言ってるな〜.」

2月 252008
 

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語
ミヒャエル・エンデ,岩波書店,1976

ドイツ児童文学賞を受賞した超有名ファンタジー小説.「はてしない物語(ネバーエンディングストーリー)」の著者がミヒャエル・エンデだと言えば分かる人が多いのかもしれない.が,私としては,「お金」について考えさせてくれる人というのが,ミヒャエル・エンデのイメージだ.

モモは,小学校高学年あたりで読める小説のようだが,大人も十分に楽しめる.実際,読んでみて面白かった.私が幼稚なだけかもしれないが...

小さな女の子モモが住む街に,「灰色の男たち」が現れる.時間貯蓄銀行から来たと名乗る彼らは,「成功するためには,お金持ちになるためには,時間を節約しないといけない.もう,無駄にする時間なんてない.時間を倹約して,その時間を時間貯蓄銀行に預けなさい.」と大人に営業し,時間を貯蓄させる.契約した人々は,時間を倹約することに必死になり,お金持ちにはなるが,忙しく,ゆとりが無く,怒りっぽくなり,いつもイライラして,とても不幸せそうになる.子供は大人に相手にしてもらえず,そればかりか,遊びは時間の無駄だと言って,将来役に立つようなことをするように押し付けられる.人間すべてが「灰色の男たち」に支配されそうになったとき,本当の時間を知ったモモが,「灰色の男たち」から時間を取り返してくれる.そういう話だ.

途中,なぞなぞが1つ出てくる.

三人のきょうだいが,ひとつの家に住んでいる.
ほんとはまるでちがうきょうだいなのに,
おまえが三人を見分けようとすると,
それぞれたがいにうりふたつ.
一番うえはいまいない,これからやっとあらわれる.
二番目もいないが,こっちはもう家から出かけたあと.
三番目のちびさんだけがここにいる,
それというのも,三番目がここにいないと,
あとのふたりは,なくなってしまうから.
でもそのだいじな三番目がいられるのは,
一番目が二番目のきょうだいに変身してくれるため.
おまえが三番目をよくながめようとしても,
そこに見えるのはいつもほかのきょうだいだけ!
さあ,言ってごらん,
三人はほんとはひとりかな?
それともふたり?
それとも−だれもいない?
さあ,それぞれの名前をあてられるかな?
それができれば,三人の偉大な支配者がわかったことになる.

マイスター・ホラ(時の賢者)がモモに投げかける,なぞなぞだ.わかるかな?