4月 122008
 

勝間和代さんの「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」には,勉強のための設備投資をケチるなと書いてある.歩いているときや,バスや電車に乗っているときなど,耳で学習するのに適した時間は結構確保できるものだ.その場合の設備とは,プレイヤーとイヤホンになる.プレイヤーは手持ちの”iPod touch”なのだが,附属のイヤホンは安物で,コードが絡むし,遮音性も全然ダメ.「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」に,コードが絡むような安物はダメと書いてあるのが実感できる.というわけで,まともなイヤホンを購入することにした.

今回,2種類のイヤホンを試したので,評価結果を報告しておく.

最初に試したのは,audio-technica(オーディオテクニカ)のアクティブノイズキャンセリングヘッドホン”ATH-ANC3 BK”だ.「ノイズキャンセリング」が魅力的に感じた.確かに,ノイズキャンセリングをONにすると,バスや自動車の「ゴーーッ」という低音雑音はかなり軽減され,バスの中でも,ボリュームを絞って,音を聴くことができる.しかし,ノイズキャンセリングをONにすると,イヤホン自体が「サーーッ」という耳障りな雑音を発するようになる.「ゴーーッ」よりは,はるかにましなのだが,やはり気になる.長時間,ノイズキャンセリングをONにして使用する気にはなれない.航空機内用プラグアダプタが附属しているなど,魅力的な面もあるのだが...

そこで次に試したのが,SHURE(シュア)の高遮音性イヤホン”SE210-K-J”だ.これは,その名の通り,密閉度の高いイヤパッドを耳の穴に入れて装着することで,周囲の騒音を最大93%まで低減するという優れもの.高い遮音性能を発揮させるために,材質や形状の異なる全7ペアものイヤパッドが付属している.何より,ノイズキャンセリングのような雑音が出ないのが良い.遮音性は高く,バス内では車内アナウンスがほとんど聞こえないほど.周囲の人達も口パク状態に近くなる.

というわけで,現在は,SHURE(シュア)の高遮音性イヤホン”SE210-K-J”を愛用中.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>