4月 162008
 

立命館大学が袋叩きに遭っている.

立命館大(京都市)は14日、この春開設した生命科学部で定員280人の1.48倍にあたる415人が入学手続きをしたため、他学部への転籍を25人募ったことを明らかにした。学部に定員の1.4倍以上在籍していると国からの補助金がこの学部分は出ない。25人はこの基準を下回るようになる人数で、立命館大は「経営的な理由」があったことを認めている。ただ、転籍に応じたのは8人で、1.4倍は下回らなかった。

こんな暴挙を許しては,入試の公平性が失われ,入試の意味が問われるなど,厳しい意見が出るのは当然だろう.文科省が問題視するのも当然だ.だが,「あいつらは偏差値の高い学部に転部できたのに,俺らはできないなんて不公平だ」などと不満を漏らす立命館大学生は,その性根を叩き直した方がよい.自分の人生だろ.自分の責任で生きようという気概を持てよ.

それはともかく,この事件で私が感心したのは,私立大学の入学者数見積りの正確さだ.

同大学によると、びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)にできた生命科学部には一般入試で9298人が志願し、2957人を合格とした。入学手続きをした学生は、推薦やAO入試も含め415人に達した。新設学部で過去のデータがなく、読みを誤ったという。

読みを誤ったと言うものの,2957人を合格させて,入学手続きをしたのが415人.定員280人の1.48倍にしかすぎない.新設学部で過去のデータがないのに,これだけ正確に予想できるのは凄いなと思った.

こんなところで感心している場合ではないか...

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>