5月 292008
 

職業柄(?),懇親会のセッティングをすることが多い.この2週間で3回,懇親会の取り纏めをする立場にある.研究室に来客があるとき,研究会を開催するとき,単に仲間で食事に行くときなど,状況は様々だ.数名のときもあれば,数十名のときもある.予算の制約など色々と頭を悩ませる問題はあるものの,数名のときは,自分が行きたい候補に挙げている料理店を選ぶことが多い.一方,数十名ともなると,それだけで選択肢が限られてしまう.移動手段の問題も出てくるので,基本的には無難なところを選択することになる.いずれにせよ,京都以外から来られる方と一緒に食事するケースが多くなるため,和食,それも京都らしい料理を提供してくれる店を選ぶことが多い.

今回は,非常勤講師をお願いしている研究室の大先輩と共に計4名にて,懇親の席を設けることとなった.4名というのは,非常に店を探しやすい人数だ.個室希望も全く問題ないし,コース料理を注文しないといけない人数でもない.1テーブルに収まる,ちょうど良い人数だ.

いつものように随分と悩んだ末に選んだのは,「居酒屋割烹 瓢亭 MARU」だ.京都人なら,瓢亭という名前を聞いたことがあるだろう.「瓢亭 MARU」は,その瓢亭のカジュアルブランドにあたる.「MARU」つまり「まる」とは,スッポン(鼈)のことだ.京都でスッポン料理と言えば,大市なんかが有名処だと思うが,「居酒屋割烹 瓢亭 MARU」では,お手頃価格で,スッポンの鍋や天ぷらなど,様々な料理をいただける.もちろん,スッポン料理のみというわけではない.普通の割烹料理店のように,色々な料理が選べる.

「居酒屋割烹 瓢亭 MARU」は,新町通りと室町通りの間にある凄く狭い通りを,四条通りから少しだけ上がったビルの1階にある.京都の道は狭いと言っても,あんなに狭い道を通ることはほとんどない.

今回は,店の奥にある,掘り炬燵の個室を予約しておいた.4名が寛ぐにちょうど良い部屋だ.事前に料理の予約はしていなかったのだが,みんなでメニューを見て,結局,おすすめコースを注文することにした.3000円のコースと4000円のコースがあり,3000円のコースはご飯物がついていない.また,いずれのコースもスッポンの椀物がついているが,500円を追加すると,椀物を看板メニューのスッポン鍋に変更できる.というわけで,今回は,3000円のコースに500円を追加し,スッポン鍋もいただくことにした.

なかなかスッポンを食べる機会もないので,料理は珍しくもあり,美味しくもある.生ビールで乾杯した後,調子に乗って様々な銘柄の日本酒を飲み,汲み上げ湯葉,スッポンの茶碗蒸しを追加し,最後に,季節の炊き込みご飯をお願いして,懇親会終了となった.もう食べられません,飲めません,という状態で,一人6000円強といったところ.コストパフォーマンスはかなり高いと思う.

居酒屋割烹 瓢亭 MARU

店名:居酒屋割烹 瓢亭 MARU
料理:和食(すっぽん鍋や京料理)
場所:京都市中京区室町新町の間四条上る観音堂町4  四条烏丸ビル1F
電話:075-241-0345

5月 272008
 

本を読む本
M.J. アドラー,C.V. ドーレン,講談社,1997

読む価値のある良書を自分の力で読むための技術を教えようとする本である.本書の意図は,次のようにまとめられている.

学生時代には誰でも,教師の手ほどきで難解な本に取り組むものである.だが,自分の読みたいものを読むときや,学校を出てから教養を身に付けようとすれば,頼るものは教師のいない読書だけである.だからこそ,一生の間ずっと学び続け,「発見」し続けるには,いかにして書物を最良の師とするか,それを心得ることが大切なのである.この本は,何よりもまず,そのために書かれたものである.

本を読む際には,点検読書が有力なツールとなる.点検読書とは,限られた時間で,本の概要を掴むための読書法である.そのために,序文や目次を活用し,最初と最後に書かれていることを中心に,拾い読みをする.この点検読書を修得すれば,読む価値のある本とそうでない本を見分けられるようにもなる.

その上で,読む価値のある本を読むための読書法が分析読書である.本書によると,その分析読書とは,以下のように行われるものである.

分析読書の規則

? 分析読書の第一段階

――何についての本であるか見分ける――

(1)種類と主題によって本を分類する.
(2)その本全体が何に関するものかを,できるだけ簡潔に述べる.
(3)主要な部分を順序よく関連づけてあげ,その概要を述べる.
(4)著者が解決しようとしている問題が何であるかを明らかにする.

? 分析読書の第二段階

――内容を解釈する――

(5)キーワードを見付け,著者と折り合いをつける.
(6)重要な文を見付け,著者の主要な命題を把握する.
(7)一連の文の中に著者の論証を見付ける.または,いくつかの文を取り出して,論証を組み立てる.
(8)著者が解決した問題はどれで,解決していない問題はどれか,見極める.未解決の問題については,解決に失敗したことを,著者が自覚しているかどうか見定める.

? 分析読書の第三段階

――知識は伝達されたか――

(A)知的エチケットの一般的心得

(9)「概略」と「解釈」を終えないうちは,批評にとりかからないこと.
(10)けんか腰の反論はよくない.
(11)批評的な判断を下すには,十分な根拠を挙げて,知識と単なる個人的な意見を,はっきり区別すること.

(B)批判に関して特に注意すべき事項

(12)著者が知識不足である点を,明らかにすること.
(13)著者の知識に誤りがある点を,明らかにすること.
(14)著者が論理性に欠ける点を,明らかにすること.
(15)著者の分析や説明が不完全である点を,明らかにすること.

点検読書と分析読書の他,本書では,それらの発展形であるシントピカル読書についても説明がなされている.

職業柄,学術論文を大量に読んできた私にとっては,本書で述べられている読書法は,学術論文の読み方に大変似ているという印象を受けた.いや,むしろ,全く同じものだと言っても差し支えないだろう.そう言う意味では,別に新鮮でも何でもなかった.しかし,私の場合,このような読書技術を必要に迫られて訓練して身に付けたわけだが,そういう環境にない人達は,十分な読書技術を身に付ける機会がなく,本が読めないということもあるのかもしれない.そういう意味では,一度読んでおく価値はある本だと思う.

本書の締め括りの言葉を再掲しておこう.

すぐれた読書とは,我々を励まし,どこまでも成長させてくれるものなのである.

5月 272008
 

宇宙を味方にしてお金に愛される法則
ボブ・プロクター,きこ書房,2007

以前,「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン,角川書店,2007)を読んだ.ザ・シークレットは,いわゆる「引き寄せの法則」について書かれた本で,引き寄せの法則を上手に使って素晴らしい人生を送りましょう,あなたにはそれができるのです,というのが主たるメッセージだ.そして,この秘密を活用して実際に幸せに生きている様々な人達の言葉を引用しつつ,引き寄せの法則を使うための秘訣を具体的に教えてくれている.

この秘密を活用して幸せに生きている人達の一人が,本書の著者であるボブ・プロクターだ.ザ・シークレットも良かったのだが,とにかく様々な人の言葉を寄せ集めたものなので,バラバラ感がある.そこで,ボブ・プロクターの「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」を読んでみることにしたというわけだ.

表現は異なるが,当然,本書も「引き寄せの法則」について書かれている.タイトルにあるように,特に,お金との付き合い方に力点が置かれている.とにかく言えることは,これは読む本ではなく,実行する本だということだ.行動に繋がらなければ何の意味もない.読んで損はしないだろう.

5月 182008
 

京都から海外旅行に行く場合,関西国際空港を利用するケースが多くなる.私の場合,海外に行くと言っても,観光旅行ではなく,学会参加ばかりなので悲しいが...

まず,京都から関西国際空港まで行く方法を整理しておこう.大きく分類すると以下の3種類になるだろう.

  1. JR京都駅から特急「はるか」利用(2980円)
  2. JR等私鉄ローカル線利用(1800円前後)
  3. シャトルバス利用(自宅→関空)(3500円)

定番は関空特急「はるか」を利用するルートだろう.京都から乗り換え不要で,空港到着時間が読めるのが大きなメリットだ.特急料金が必要だと言っても,大した金額ではない.JRも含めた私鉄を乗り継ぐのと1000円程度しかかわらないのだから,重たいスーツケースを抱えて階段を昇降しなければならないリスクを考えれば,間違いなく,関空特急「はるか」を利用するのが正解だ.

ちなみに,関空特急「はるか」の多くは京都が始発駅なので,指定席を利用する必要はない.自由席でも十分座れる.しかし,数は少ないが滋賀県からやってくる「はるか」もあるので,事前のチェックは欠かせない.

私鉄ローカル線を利用する場合,JR阪和線・関西空港線の関空快速か,南海本線・空港線の空港急行を使うことになる.いずれにせよ乗り換えが避けられない.ただし,関空特急「はるか」を利用しようとすれば,どうしても京都駅までの交通時間と交通費がかかるため,京都駅から遠い私鉄沿線に住んでいるような人にとっては,私鉄ローカル線の乗り換えが有利かもしれない.

最後に,シャトルバスだ.最大のメリットは,自宅から関西国際空港まで運んでもらえることだ.不便なところに住んでいる人には,最高の選択肢だろう.3500円という料金が高く感じるかもしれないが,MKスカイゲートシャトルなら割引(往復割引,WEB割引,グループ割引)があるため,京都駅までの交通費を考えれば,関空特急「はるか」を利用するよりも安いケースが多いだろう.ヤサカのシャトルバスサービスには割引がないようだ.とにかく,自宅で待っていればいい,あるいは,自宅まで送ってもらえるというのは素晴らしい.

小心者な私の場合,往路には時間が読める関空特急「はるか」,帰路にはお気楽なMKスカイゲートシャトルを利用することが多い.特に帰りは土産物を抱えてスーツケースが非常に重くなっていることが多いので,爆睡していても自宅まで送り届けてもらえるシャトルは有り難い.

5月 142008
 

今年1月にデータバックアップ用にと購入したハードディスクが,いきなり故障した.eSATA接続とRAID機能搭載を条件として,最終的には価格で選んだ,バッファロー社製HD-QS2.0TSU2/R5がそれだ.ディスク容量は2.0テラバイト.

接続しているデスクトップパソコンも2月に導入したもので,高負荷作業に耐えられるように,かなりのハイスペックマシンにしてある.システムディスク1台,データ用ディスク1台,そして作業用ディスク2台はRAID0(ストライピングモード)にして高速化してある.このマシンにバックアップ用ディスクとして,バッファロー社製HD-QS2.0TSU2/R5を導入したわけだ.

  • CPU: Intel Core 2 Extreme QX9650 (3GHz)
  • MB: ASUSTeK P5K-E (INTEL P35/ICH9R チップセット)
  • GB: ASUSTeK EN8800GT/G/HTDP/512M R2 (GeForce 8800GT)
  • メモリ: Transcend TS256MLQ64V8U (DDR2-800 2GB) (x4枚=計8GB)
  • HDD: HGST HDP725050GLA360 (SATA300, 7200rpm, 500GB) (x4台=計2TB)
  • 光学ドライブ: I-O DATA DVR-SH20SDB (スーパーマルチドライブ)
  • カードリーダーライター: Owltech FA404MX(B)/BOX
  • ケース: CoolerMaster COSMOS RC-1000-KSN1-GP
  • 電源: Owltech SS-600HM (ATX,600W)
  • CPUクーラー: ASUSTeK Silent Square

念には念を入れて,HD-QS2.0TSU2/R5の運用はRAID1で行う予定で,その設定を行い,しばらく様子を見ていたのだが,内蔵されている4台のうち1台が故障したようだ.

購入した店の担当者に聞いた話では,最近,同一製品の修理依頼が立て続けに4件ほど来たとのことだ.どうやら酷いロットにあたってしまったようだ.まあ,パソコン関連製品は当然壊れることもあるわけで,それを見越してシステムを構成する必要がある.RAIDを構成したから十分とか,そんな考えは甘い.

5月 142008
 

スケジュール管理などのために,勤務先でサイボウズOffice6を使用している.サイボウズOffice6はWEBベースのグループウェアだが,登録したスケジュールを持ち歩けないと意味がない.そこで,PDA(SONY CLIE)と同期させている.しかし,PDAに未来はなく,ほとんどのメーカーがPDAから撤退した.今使用しているSONY CLIEが壊れたら,スケジュールの携帯に困るのは必至だ.

というわけで,最近,サイボウズOffice6のスケジュールを持ち歩く方法を検討している.そもそも,サイボウズがきちんと顧客ニーズに応えてくれていれば何の問題もないはずなのだが,Office Outlookとの同期ソフトの開発・提供を中止するなど,全く期待はずれだ.

携帯電話を持たない私にとって,PDAの代わりになるのはiPod touchだ.そこで,サイボウズOffice6のスケジュールをiPod touchと同期させる方法を色々と調べたのだが,これは結構大変だ.Linux OSであるMacのユーザであれば何とかなりそうなのだが,Windowsユーザであれば,Active Perlの環境を構築し,iCal形式のカレンダーを経由して同期しなければならない.同期のために,あまりマニアックなことをして時間を浪費したくないので,この方法は諦めることにした.

そうすると,サイボウズOffice6のスケジュールを持ち歩く現実的な方法は,以下のようになる.

  1. サイボウズOffice6のスケジュールをCSV形式で保存.
  2. 保存したCSVデータをOffice Outlookの予定表にインポート.
  3. iTunesで,Office Outlookの予定表をiPod touchと同期.

面倒ではあるが,まあ,仕方がないだろう.

しか〜し,実際にこの方法を試してみると,物凄く酷いことになってしまった.確かに,Office Outlookの予定表をiPod touchと同期はできるのだが,時間指定をしていない予定(終日にしてある予定)が,iPod touchのカレンダーでは前日に表示されてしまうのだ.どうやら,タイムゾーンの設定に関連するバグのようだが,解決方法がわからない.トホホ...

私の場合,かなりの数の予定を時間指定せずに書き込んでいるので,これは非常に痛い.解決方法を知っている方は是非教えて下さい.

5月 102008
 

英語を含めて,外国語を身に付けたい人にとっては,簡単に無料教材が手に入り,いつでも勉強できる便利な世の中になったと思う.そんな私は,通勤時間にiPod touchで英語を見たり聞いたりしている.ここでは,英語学習に役立ちそうな Podcastを紹介しよう.

ここでは,2種類のみのPodcastsを紹介するが,どちらも,iPod touchを使用する場合には,画面でスクリプトを確認できる.歩きながらでも,わからなかった英語をその場で確認できるのは,ありがたい.

English as a Second Language Podcast

ESL (English as a Second Language) とは,英語を母国語としない人達のための英語教育のことで,アメリカでは,街の至る所でESLクラスが開講されている.オハイオ州コロンバスに留学していたとき,彼女も私もESL教室に通っていた.特に,時間のあった彼女は複数のESL教室に通い,スイス,プエルトリコ,韓国など世界中に友人を作っていた.

そんなESL向けpodcastの1つが,このESLPod (English as a Second Language Podcast)だ.もちろん,英語のPodcastはいくらでもある.テレビ,新聞,雑誌など,あらゆるメディアがPodcastを提供している.しかし,英語のできない日本人がいきなりそんなものを聞けるはずもない.このESLPodの特徴は,最初に,非常にゆっくりとした速度で英語(英会話)が流れ,続いて,その内容について非常にゆっくりとした速度で詳しく解説がなされ,最後に,ナチュラルスピードで最初の英語(英会話)が繰り返されるという構成だ.全体で10〜15分程度.

最初の英語は非常に遅いので,音は聞き取れる.もちろん,意味の分からない単語はあるだろうが,それは次の解説で説明してもらえる.易しい英英辞典を読んでもらっている感覚だ.この解説が大変丁寧なので,かなり意味を理解できるだろう.そのおかげで,最後に普通の速度で英語(英会話)が流されても,ほとんど聞けるようになっている.英会話も,ショッピングやレストランなど日常よくある場面が設定されており,海外旅行の際にもそのまま使えそうだ.

いきなりナチュラルスピードの英語はちょっと,,,という人にお薦めだ.

Quick and Dirty Tips Podcasts

次に紹介するのはQuick and Dirty Tips Podcastsだ.これはネイティブ向けのPodcastsなので,全く普通の速さの英語だ.では,なぜお薦めするかというと,短くて(3〜5分),バラエティに富んでいるからだ.CNNなどのニュースを聞いてるよりも,よほど楽しいと思う.

英語について教えてくれるのは,”Grammar Girl“.そのエピソードには,”Between Versus Among”,”Effect Versus Affect”,”Proofreading Tips”などがあり,英語に関するネイティブからの質問にも答えている.「おぉー,なるほど〜!」と英語の勉強になるPodcastだ.

お金について教えてくれるのは,”Money Girl“だ.”Asset Allocation(資産配分)”,”What is a Recession?(景気後退って?)”,”Good Debt Versus Bad Debt(良い借金と悪い借金)”,”Shorting Stock(株の空売り)”などのエピソードが並ぶ.ちょっと投資や金融に興味がある人にお薦めだ.逆に,経済に全く興味がない人は聞いても面白くないので,やめておいた方が良い.なお,アメリカ人は自分で税金を納めるので,税金に関するエピソードが多い.アメリカに住むつもりがない人は,税金関連のエピソードはスキップした方が良いだろう.IRAなんて言われても???だろうから.

これらの他にも,紳士淑女のマナーについて教えてくれる”Modern Manners Guy”,育児に頑張るママを応援してくれる”Mighty Mommy”など,様々なポッドキャストがあるので,一度ウェブサイトを確認してみよう.

5月 052008
 

ちょうど2年前,当時2歳の長男を連れて,愛宕山に登った.愛宕神社へ三歳詣りに行くために.そのときの様子は,「三歳詣りに愛宕神社@愛宕山へ」に書いた.

そして今年,今回は長女2歳の三歳詣りのために,愛宕山に登った.長男4歳も一緒だ.今回の愛宕山登山の最大のポイントは,その長男が自力で歩ききるかどうかだ.もちろん,長女がどれだけ自分で歩くかも重要だが...

OLD NAVYの帽子がお気に入りの長男長女@愛宕山
OLD NAVYの帽子がお気に入りの長男長女@愛宕山

長女だが,清滝で車から降りて,いざ出発しようとすると,「パパ,だっこ〜!」と駄々っ子状態に突入してしまった.原因は,長男が背負っていたリュックサックを自分が背負いたいのに,そうさせてもらえなかったからだ.

というわけで,スタート地点から,右手で長女を抱っこし,左手で長男の手を引くことになった.とても,山登りするような恰好ではない.

元気に登る長男長女@愛宕山
元気に登る長男長女@愛宕山

所々,長女は自分で歩いたものの,結局,愛宕神社までの表参道の約9割は背負うことになってしまった.長男のときのように半分くらいは歩くだろうと期待していただけに,全く想定外だった.背中の長女は,かなり山頂に近づいたあたりから寝始めて,愛宕神社に到着したときには,爆睡中だった.

愛宕神社で爆睡中の長女
愛宕神社で爆睡中の長女

境内には,まだ桜が綺麗に咲いており,そこで昼食を取った後,神社へと向かう.その頃には長女も完全に復活し,元気いっぱいになっていた.

愛宕神社に向かって走る長男長女
愛宕神社に向かって走る長男長女

愛宕神社で祈祷してもらった後,登りの表参道ではなく,月輪寺を経由するルートで下山.驚いたことに,山頂の愛宕神社からほとんど麓というところまで,長女2歳が自力で歩いた.表参道に比べれば,はるかに道は険しいのだが,段差ごとに「ぴょーん!!」と叫んで,両足で飛び跳ねながら.恐ろしいほど時間はかかったが,その頑張りは大いに賞めてやった.

愛宕神社から京都市街を一望
愛宕神社から京都市街を一望

頑張りを賞めると言えば,長男もだ.清滝から愛宕神社までの往復を,全く泣き言を言わずに,歩ききった.本当に逞しくなったものだ.

5月 052008
 

随分と前のことになるが,長男が1歳のとき,ネフ(naef)社のキーナーモザイク(Mosaik)というおもちゃをプレゼントした.ネフ社はスイスのおもちゃメーカーだが,高品質な木製玩具の開発で世界的に有名だ.安っぽいプラスチックの,しかもピカピカ光ったり,ガーガーと五月蠅いおもちゃは全く買う気がしないので,我が家には,数は多くないが,それなりのおもちゃがある.その代表が,ネフ(naef)のネフスピールとキーナーモザイク,ブリオ(BRIO)の汽車レールセット,ビー玉を転がすスカリーノ(Scalino),木製のキッチンなどだ.

しかし,当時,長男1歳にモザイクの本来の遊び方がわかるはずもなく,私の玩具になると共に,長男の積み木になっていた.そして,そのまま長い間,おもちゃ部屋で眠っていたのだが,最近,長男がモザイクで遊ぶようになった.しかも,自分自身で,キーナーモザイク本来の遊び方に気付いたらしい.「パパ見て〜!」と言われて,初めて長男の作品を見たときには驚いた.「おぉーっ!そんなのが自分で作れるようになったか」と.

ネフ(naef)社のキーナーモザイク(Mosaik)による長男4歳の作品
ネフ(naef)社のキーナーモザイク(Mosaik)による長男4歳の作品

そこで結論.流石に1歳の子供にネフのキーナーモザイクをプレゼントするのは早すぎる.4歳から小学生くらいが良いようだ.

下記の画像リンクからショップへ行って確認してもらえば分かるのだが,キーナーモザイクには大小2種類あって,我が家にあるのは小の方だ.購入当時の記録を見ると,約15,000円で購入している.ところが,現在の価格は,小18,900円,大43,050円となっている.日本円が弱くなったためだろうか...

それでも,すぐに壊れたり飽きたりするガラクタ系玩具とは根本的に違う.本当に子供のためになるのかどうかわからない塾代なんかにお金を費やすなら,このようなおもちゃでも買ってやったらどうだろうか.それだけの価値はあると私は判断しているが...

5月 032008
 

わざわざ,ここで書くことでもないのだが,ウェブサイトに「ご意見」のコーナーすらないので,ここに書いておく.

私も会員である化学工学会のウェブサイトについてだ.

確かに,学会のウェブサイトというのは,総じてデザイン的には冴えないサイトが多い.テキストだらけで,とにかく情報は提供してますという感じのものが多い.まあ,それは構わない.情報更新がなされているなら.

しかし,デザイン云々の前に,さすがにそれはダメじゃないのというケースもある.それが,化学工学会のケースだ.何が問題かというと,メニュー用フレーム(左側)内のメニューをクリックすると,コンテンツ用フレーム(右側)が変化せずに,メニュー用フレームにコンテンツが表示されることだ.

仮にフレームを使うのはよいとしても,何のためのフレームなのか意味が分からない.なお,Internet Explorerではダメで,Firefoxだと正しく動作するようだ.この逆ならともかく,Internet Explorerで誤動作するというのは致命傷ではないだろうか.制作者がどのような検証をしたのか凄く気になる.

ちなみに,システム制御情報学会もフレームを使用しているが,こちらは,Internet ExplorerでもFirefoxでも正しく動作する.

化学工学会も他学会と同様,会員を増やそうと様々な努力をしている.しかし,肝心の学会の顔(ウェブサイト)がこの調子では,学会のことをよく知らない人には,好い加減な学会と思われかねない.少なくとも,ウェブサイトを訪れて,会員になろうとは思わないだろう.

それでも,情報更新が行われているのは評価したい.先日,私の共同研究者が論文投稿を依頼されて,日本設備管理学会に共著で論文を投稿した.ここの学会誌を見たことすらなかったので,どのようなものか確認しておこうと思い,ウェブサイトを訪れたのだが,学会誌のページの更新が平成18年で止まっていた(今日現在も同じ状況).さらに,工事中のままのページもいくつかある.流石に酷いなと思った.

個人の趣味でやっている私のウェブサイトみたいなものであれば,お気楽にやっていれば良いと思う.しかし,法人のウェブサイトなら,それなりに運営しないといけないのではないだろうか.もちろん,学会の運営なんて,ボランティアにおんぶにだっこ状態で,そこまで手が回らないという実態も理解できるのだが...