6月 012008
 

食通の街として知られるフランスのリヨン.そこで開催される国際会議に参加するため,現在,Air Franceで移動中.

まず,関西国際空港からパリのシャルルドゴール空港へと向かう.離陸後,座席のパーソナルモニターを触っていると,突然,動かなくなった.機内アナウンスモードになり,入力を全く受け付けない.19Cに座っていたのだが,19ABのフランス人女性を含め,3人ともダメ.しばらくしても復活しないので,キャビンアテンダントに何とかしてくださいとお願いした.「リセットするから待ってね」とのことだが,なかなか復旧しない.リセットもかからない.そうこうしているうちに,着陸20分前になった...

その不運な3人のところへ,上役っぽい男性が現れて,フランス語で話し始めた.何を言っているのかサッパリわからないのだが,隣の女性が紙を受け取り,何か書き込んでいる.なんだろうと思っていると,「ムッシュ.○○?」と尋ねられ,「イエス」と答える.とっさに「ウィ」と出てこないのが悲しい...

同じ紙を私も受け取り,中身を見てみると,30ユーロのクーポンだった.理由のところに”Video Trouble”と書いてある.迷惑を掛けたお詫びとのこと.たかがパーソナルモニターのトラブルで30ユーロのクーポンとは,ちょっと恐縮してしまった.エールフランス,偉い.

今回は,読まないといけない本,読みたい本,そして引き受けた学術論文の査読が溜まっていたため,映画も見ず,飛行機に乗っている間,ひたすら勉強していた.このため,実害は全くなかったので,クーポンをいただいて恐縮してしまった.

これがノースウェスト航空だったら,そのまま放置じゃないだろうか.これまでの経験からすると...トラブルでクーポンをもらったと言えば,以前,彼女と2人でアメリカから日本へ移動中に,機内食のサラダに虫が入っていたことがあって,そのときは担当のスチュワーデスさんが平謝りで,後からクーポン(金額は覚えていないが)をいただいた.スチュワーデスさん以外にも,マネージャーだろうか,謝罪に来られた.そのときはノースウェスト航空を利用していたのだが,恐らく,ビジネスクラスを利用していたため,気を遣っていただいたのだろう.

さて,そろそろリヨンへ向かう飛行機の搭乗時間だ.ワインでもいただいてから,ゲートに向かうとしよう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>