6月 022008
 

以前,「行動経済学 経済は「感情」で動いている」に記載されていた下記問題を紹介した.解説しておこう.

問題4(アジアの病気問題;フレーミング効果)

600人が死ぬと予想されるアジアの病気を撲滅するため,2つのプログラムが考案された.どちらのプログラムを選ぶか.問Aと問Bにそれぞれ答える.

問A

  1. 200人は助かる.[72%]
  2. 確率1/3で600人助かり,確率2/3で誰も助からない.[28%]

問B

  1. 400人死ぬ.[22%]
  2. 確率1/3で誰も死なず,確率2/3で600人死ぬ.[78%]

問題中の[]内の数字は,実験において選択した人の割合を表している.

問Aと問Bを冷静に見比べてもらえば,全く同じ問いであることがわかるはずだ.実質的な内容は同じで,表現だけが異なる.ところが,選択した人の割合は反転してしまっている.この結果は,問題が表現される方法(これをフレームという)によって,人間の判断や選択が影響を受けることを示している.つまり,同じ内容の質問であっても,尋ね方によって,答えは180度反転する可能性があるということだ.これはフレーミング効果と言われる.

フレーミング効果を活用すれば,マスコミが実施する世論調査などにおいて,世論をどうにでもコントロールできてしまうというわけだ.全く恐ろしい話だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>