6月 262008
 

光と風を感じる家 (LEE LIVING)
集英社,2007

個人住宅の写真集.「光と風を感じる家」というタイトルから想像できる通り,吹き抜け,大きな窓,テラス・デッキのある家ばかり.さらに,こういう個人住宅の雑誌や本に登場する家は,広々した間取りで部屋数が多くなく,たとえ2階建てでもLDKが2階にあるのが共通点のようだ.確かに,1階のLDKに大きな窓を設置するのは,セキュリティ&プライバシーの両面から問題があるように思える.

もちろん,紹介されているすべての家を素敵に感じるわけではない.個性的なので,好き嫌いが出てくるのは当然だろう.いずれにせよ,参考になるのは確かだ.

紹介されているのは建築家の設計による家ばかりなのだが,このような本を見ていると,普通の建売住宅なんて買えなくなってしまいそうだ.全く魅力を感じなくなる.

本書の最後に,「家づくりサポートシステム」の紹介がある.これは,建築家3人によるコンペを行い,そのうちの1人に自宅の設計を依頼するというもの.面談,設計,現場監理など一通り含めて,315,000円(建築家への謝礼は別途)とのこと.自分で建築家を探すのが難しいという人には良い仕組みかもしれない.

目次

  • 人が集まる快適空間,「光と風」があふれる家
  • 夢を実現させた「光と風」の湘南スタイル
  • こだわり条件をクリアして完成させた「光と風」の家
  • 「光と風」の使い方,こんな工夫
  • 家づくりの情報集