6月 292008
 

「いい家」が欲しい。 改訂2版
松井修三,創英社,2007

自宅の購入や建築を考えている人には,是非,一読を勧めたい.つい最近,私も自宅購入を検討しようと勉強を始めたばかりで,数十軒程度の住宅を見学し,十冊程度の本を読んだにすぎないが,本書に書かれている内容は知っておくべきだと思う.

住宅建築を手掛ける著者の信条は「住まいとは,幸せの器である.住む人の幸せを心から願えるものでなければ住まい造りに携わってはならない」とのことだ.このような信条を持つ人達が住宅建築業界や管轄省庁に多くいれば,欠陥住宅がこれほど造られることはなかっただろうにと思う.自宅の購入や建築を考えている人であれば,「いい家が欲しい!」と思っているのは間違いない.その願いを実現するためには,「構造」,「断熱の方法」,「依頼先」の三つの選択のどれか一つでも誤ってはいけないというのが松井氏の主張だ.

まず,「構造」については,四季の変化があり,高温多湿な夏と低温少湿な冬に対応しなければならない日本では,国産の木材を用いた木造軸組工法が最良の選択だとする.海外産の木材では日本の気候風土に対応できず,鉄やコンクリートでは快適な生活は実現できないというのがその理由だ.

「断熱の方法」については,外断熱(外張断熱)しかありえず,日本の気候風土に適した工法は「外断熱・二重通気(ソーラーサーキット)工法」だとされる.現在の主流である内断熱(充填断熱)は,本質的に高断熱に不向きな工法であり,仮に高断熱が実現できたとしても,壁内結露によって構造を腐らせる危険性が高い.壁内結露を防ぐには徹底的に防湿する必要がある.ところが,内壁側を防湿シートで包み込むと,まさにペットボトルハウスになってしまい,木造の良さを全く活かせなくなってしまう.注意すべきは,外断熱なら何でも良いというわけではないことだ.外断熱ブームに乗ろうと,なんちゃって外断熱を平気で施工する業者も多いらしい.また,シロアリ対策には万全を期す必要があることも指摘されている.

最後の「依頼先」の選択については,四つの相性(人と人との相性,工法とプランとの相性,予算との相性,工期との相性)を最初に確かめるべきだとされている.結局,信頼できるところを探し出すしかない.その際に,本書の精神に則った家造りを行う工務店で構成される『「いい家」をつくる会』が役立つとのことだ.

本書では,かなり厳しくハウスメーカーを批判している.悪口を見聞きするのは決して心地よいものではないが,ことが自宅建築であるのだから知らなかったでは済まされない.本書で指摘されている,ハウスメーカーの利益重視体質から来る弊害は心得ておくべきだろう.その上で,自分の責任で選択すればよい.何も勉強せずに,住宅展示場で表面(付帯設備)だけを見て,床下,壁内部,小屋裏に注意を向けない人は,価格に見合った,良質で,住み心地の良い家を手に入れられない可能性が高い.それが本書の警告だ.

本書の批判本への反論に力が入っている部分もあり,ハウスメーカーへの批判も厳しく,所々文意を読み取れない箇所もあったが,それでも本書に目を通すことを勧めたい.

目次

  • だれも,教えてくれなかった…
  • なぜ「いい家」が見えないのか?
  • 三つの選択と四つの相性
  • 最初の選択【構造を何にするか?】
  • 第二の選択【断熱の方法をどうするのか?】
  • 第三の選択【依頼先はどこにするのか?】
  • 正直な家造りとは
  • 「いい家」を造るのはだれか?