7月 312008
 

ダイセル化学工業が実現した生産革新

立役者である小河さんがまとめられた「ダイセル化学における生産革新の取り組み」という資料の中に,生産革新の成果が以下のように記されている.

ここまで紹介した革新活動の結果として、網干工場においてシステム構築前に比べ生産性を3倍に、従業員数は740名から60%削減し290名体制とし、さらにそれで生じた要員を新規事業立上げに活かし、開発のスピードアップや早期立上げに寄与するなど相乗効果をあげることが出来ました。同時に、技術・技能・ノウハウ顕在化によるオペレーションの均質化と製造技術として活用できる仕組みを構築するなど製造技術の知的財産化も行いました。

これは驚くべき成果だと言えるだろう.この生産革新は,網干工場において「次世代型化学工場」の構築を進める中で達成されたものである.上述の資料「ダイセル化学における生産革新の取り組み」以外にも様々な媒体で,ダイセル化学工業の生産革新が取り上げられている.それらの資料は,生産技術に携わる人達にとって一読の価値があることは疑いようもなく,学生もしっかり読んでおくとよいだろう.

生産革新研究会報告書(経済産業省)

注目を浴びる「ダイセル方式」は,経済産業省の調査対象にもなり,2007年に生産革新研究会が設置された.その生産革新研究会の報告書「化学/プロセス産業における革新的生産システムの構築 〜新たな生産方式の胎動〜」が公開されているので,紹介しておきたい.

生産革新研究会報告書について(2008年4月)」と題した経済産業省のページには,生産革新研究会および報告書の概要が以下のように記載されている.

経済産業省では、一部の化学企業において、生産活動の仕組みを全面的に見直す生産革新に取り組み、生産性の大幅な向上、製造原価の大幅な減少、技能・技術の伝承と人材育成、安全・安定運転の実現等、多大な成果を挙げている事例に注目し、2007年5月に「生産革新研究会」(座長:西谷奈良先端科学技術大学大学院教授)を設立し、6回にわたり会合を開催してまいりました。

本研究会では、多大な成果を挙げている生産革新事例について、当該方式構築企業であるダイセル化学工業(株)の事例及び同社の手法を導入している企業6社の現状、その手法、特徴、今後の可能性等に関して検討を行い、この度、「化学/プロセス産業における革新的生産システムの構築 〜新たな生産方式の胎動〜」と題する報告書をとりまとめるに至りましたので公表致します。

経済産業省のページ「生産革新研究会報告書について(2008年4月)」から報告書のPDFファイルをダウンロードできるので,興味のある方には読んでいただきたい.

朝日新聞社説

注目を浴びる「ダイセル方式」は,朝日新聞社説でも紹介されている.企業の革新を実現させた「ダイセル方式」は,非効率な事務の代表格である行政事務の現場でも導入してみる価値があるだろうという指摘だ.

もちろん,試す価値はあるに違いない.しかし,ダイセル化学工業が成功したのは,プロジェクトの核となった中堅管理職の猛烈な頑張りがあったことを忘れてはいけない.手法だけ持ち込んでも,熱い想いを抱き,情熱を持って取り組む人がいない組織であれば,成功は望めないだろう.

ノウハウの継承―企業若返りのテコとして

団塊世代の大量退職を迎え、その知識や技能を継承しつつ組織を若返らせることが企業社会の課題になっている。ノウハウの継承をどう企業の革新に結び付けるか。その取り組みを一つご紹介しよう。

兵庫県姫路市にあるダイセル化学工業の網干(あぼし)工場。液晶画面の部品の素材などを生産している。ここで96年から若返り作戦を進めた結果、生産性が3倍へと飛躍的に向上したという。

ダイセルは他企業より一足早く、10年前にベテラン社員の大量退職が始まった。だが、ベテランのノウハウや知識を中堅以下へうまく引き継ぐことができないことが悩みだった。

そこで、中堅の管理職がベテランから徹底的に聞き取り調査をおこない、継承すべき知識と捨ててもいい知識を整理分類した。その成果をコンピューターに入れ、だれでも簡単に引き出して利用できるようにしたのだ。

工場内の集中作業室にタッチパネルの画面が並び、トラブルが起きたときなどに、ここで対処法をすぐ引き出して処置する。こうして、次代を担う社員の間で社内の知識やノウハウを広く共有できるようになった。

継承には膨大な手間がかかるが、その結果トラブルをこなし順調に操業できるようになると、現場に余裕もできた。業務の改善など創造的な仕事に取り組めるようになったほか、聞き取りをした中堅層ではコミュニケーション能力が格段に向上した。この結果、会社の組織が開放的になり、大幅な生産性の向上につながったという。

こうしたノウハウの継承は、どの工場へも応用できる。横河電機と組み、この手法を他企業へ移植することを有料のビジネスにもしている。

他の企業では、生産現場での継承策としては、傑出した職人技を見込みのある若手に教え込む「マイスター制度」も広がっている。

そうした一対一の技能伝承とは異なって、経験として暗黙のうちに組織に蓄積されたものを再認識し、IT(情報技術)を生かして全員の共有財産にするのがノウハウ継承の特徴だ。

いまは工場だけでなく、この方法を事務部門でも広く活用する取り組みも進められている。非効率な事務といえば、行政部門はあしき代表だろう。行政事務の現場でも、導入してみる価値があるのではないか。

政府の経済財政諮問会議の専門調査会がいわゆる「21世紀版前川リポート」をまとめた。10年先をにらむ構造改革を提案しており、副題に「日本経済の『若返り』を」とある。

新たな成長軌道へ入るには、日本経済がどのように「老い」ているのかを分析し、症状に即した若返りへの処方箋(せん)をつくるほかない。ノウハウの継承はそのひとつの試みに違いない。

2008年7月29日(火) 朝日新聞社説

7月 282008
 

7月27−28日に,一泊二日で恒例の海水浴に行ってきました.毎年この時期に,我が家とN先生一家の計8人で,南紀白浜や日本海に出掛けています.今年は,京都府網野町の八丁浜海水浴場に行きました.八丁浜は,遠浅の綺麗な海水浴場として密かに人気のある海岸で,鳴き砂で全国的に有名な琴引浜の近くにあります.京都市内からは車で約3時間です.

第一日目: 宙を舞うテント

27日午前7時頃に自宅を出て,目立った渋滞もなく,10時前に宿に到着しました.早速水着に着替えて,両手にこれでもかというほどの遊び道具を抱えて,砂浜に向かいます.空には雲がかかり,ここ数日のカンカン照りではなくてラッキーという感じ.

ところが,しばらくすると,ポツポツと雨が降り出しました.にわか雨程度だろうと,子供達をテントの中に入れて,その場で様子見することにしましたが,西の空に暗雲が立ち込め,どんどん強くなる風に乗って,その暗雲が八丁浜海水浴場に押し寄せてきます.すると,アッという間に,暴風雨状態に突入し,撤収すらできない状態になりました.修行僧が滝に打たれるどころではありません.猛烈な雨に打たれながら,暴風にテントが飛ばされないように必死に支えていると,まわりの大型テントが空中を舞って飛んでいきます.「こりゃ,まずい」と思っても,もはや動くこともできません.

随分と長い時間のように感じましたが,恐らく数分後,風と雨が少し弱まった機会に,テントをたたみ,宿へ逃げ帰りました.宿の露天風呂(屋根付き)で冷え切った体を温めながら,「雨と思ったら,嵐だったね〜!」と長男5歳.暴風雨にビビッていた子供達も,お風呂で体が温まるとご機嫌になり,小さな温水プール感覚で露天風呂を楽しんでいました.

幸い,天候は回復し,宿の部屋で昼食を取った後,再び海水浴に行くことができました.砂浜で大きな山とトンネルを作ったり,カニを捕まえたりと,数時間ですが,海を満喫しました.

第二日目: 嵐再び,道路は封鎖

一晩中,ゴロゴロと雷が鳴り,夜が明けてもドンヨリとした天気です.それでも,時折日が差し,天気予報でも徐々に回復に向かうというようなことを言っていたので,チェックアウトを済ませた後,10時前に八丁浜海水浴場へと出掛けました.

ところが,海岸に着いた途端に雨が降ってきて,雨宿り.降ったり止んだりだったので,雨がおさまっているときに,海に入れるものの,すぐにまた雨宿り.そんなことを繰り返していると,ついに,昨日と同様の暴風雨状態に突入しました.テントは設営していなかったので,小屋みたいなところに隠れて,雨が弱まるのを待ちます.しかし,非常に激しい風雨は弱まりそうもありません.遂に観念して,宿へ撤退.入浴代金は先に支払っておいたので,またまた露天風呂に入り,ロビーで昼食を食べさせてもらいました.

残念ながら,今日は天気が回復しそうにありません.宿でじっとしていても仕方がないので,すぐ近くの温泉に行くことにしました.露天風呂もある,見晴らしのいい温泉ですが,窓越しにドンヨリと曇った空を眺めていると,時々ピカッと光ります.ゴロゴロという雷の音を怖がる子供達ですが,サウナの横の水風呂に入って,キャッキャと楽しそうに騒いでいます.温泉から出て,子供達が冷たい山盛りのかき氷を食べていると,外から緊急放送が聞こえてきます.

「土砂災害の危険性があるので,○○地区に避難勧告が出ています.」

天気予報は大外れで,天候は回復しそうもないので,暗くなる前に帰ろうと,4時前に温泉を後にして帰途につきました.ところが,カーナビに従って網野町の市街を走っていると,パトカーが道を塞いでいます.冠水した道路に車が立ち往生して,通行できないとのこと.仕方がないので,カーナビの「別ルート検索」ボタンを押すと,

「別ルートは検索できませんでした」

おいおい,使えないにも程があるだろ!と怒ってみても,どうしようもありません.たまたま,通行止め地点が警察署の目の前だったので,網野町警察署に駆け込んで,宮津天橋立ICまで行ける道を教えてもらいました.カーナビの誘導を無視して,警察署で教えてもらった農道を通り,無事に京都市街まで戻ることができました.

ニュースを見ると,この悪天候で亡くなられた方もいるとか.海水浴を満喫とはいかなかったものの,まずは無事であることに感謝すると共に,水遊びの危険性を改めて感じました.今年買った遊び道具を使えていないので,改めて,日帰りで海水浴に行くつもりです.

7月 262008
 

本日の京都新聞の一面に,「京大理学研究科 博士課程院生に月5万円」という記事を見掛けた.年間60万円というのは授業料に相当し,事実上の授業料免除の制度化になる.財源はグローバルCOEで獲得した資金のようだ.

東京大学の小宮山学長が博士課程の授業料免除を発表して以来,東京大学に優秀な学生を奪われるという危機感からか,首都圏の有力大学を中心に授業料免除に相当する奨学金制度などが発表された.だが,実際には,財政面の裏付けがないという問題を抱えていたりするようだ.グローバルCOEにしても,恒久的財源ではないので,その後が問題となる.

大学に身を置き,その実態に日常的に触れている私としては,授業料免除なんて当然で,入学金と授業料免除に加えて,奨学金を出すべきだと思っている.研究科によって事情は全く異なるだろうから,一般論として話すつもりはない.例えば,工学研究科であれば,博士課程の学生がいれば,その学生は研究室の主力メンバーとして研究成果を出していると考えられる.もちろん教員による研究指導はなされるが,頭と体を使って研究成果を出すのに貢献していることには変わりない.それだけの仕事をしている修士課程修了者に対して,それなりの対価を支払うのは当然と考える.

分野にもよるが,修士課程に進学する学生は多数いても,博士課程に進学する学生は少ないことが多い.定員割れが普通だ.このため,いかに博士課程進学者を増やすかが課題となっている.対策として,とりあえず思い付くのは,下記のようなことだ.

  • 奨学金制度を設ける.とりあえず,入学金と授業料の免除が最低ライン.まずは,これに加えて,年間100万円程度の支援から.この程度の資金なら準備できる教員は多いはず.一律に支給する必要もなく,それこそ成果報酬でも構わないだろう.
  • 博士の安売りをやめる.論文博士(博士課程に在学しなくても論文だけ出せば博士の学位が授与される制度)はなくなりつつあるが,社会人ドクターと呼ばれる社会人向けの博士課程の制度利用者が増えている.社会人ドクターは企業から給料をもらいながら学位を取得するが,通常の博士課程学生は給料をもらえないどころか,入学金と授業料を支払わなければならない.しかも,社会人ドクターはほとんど大学に来なくても構わない.社会人ドクターを増やしながら,通常の博士課程学生も増やそうとするのは,控えめに言って疑問だ.さらに,博士号取得までの期間短縮を推し進める傾向があるようだが,取りやすい資格には価値がないということを認識する必要がある.
  • 企業における博士取得者の処遇改善を求める.もちろん,まともな博士学位取得者がいないという企業側の意見もあるだろう.そんな役立たずを排出してきた大学側は自業自得なわけで,若い世代がその尻拭いをしていかなければならない.それにしても,大学院で3年程度研究活動をしてきた博士取得者が修士卒程度にしか扱われないようでは困る.

まあ,誰でも思い付くようなことを書き連ねてみたが,本音は以下の通りだ.

博士課程に進学するしないという年齢であれば,もう十分に自分で価値判断できなければならない.博士課程と一言で言っても,研究水準は研究室ごとに当然異なるし,経済面を含む処遇も異なる.教員の指導能力はもちろん,その人間性も千差万別だ.自分の生き方を基準に,価値があるなら進学すればよいし,価値がないなら進学しなければよい.

もちろん,私は私ができる範囲内でかつ相応しいと考える程度の援助はする.大学としての制度の有無とは関係なく.

天然資源もエネルギーもなく,食糧自給率が異常に低い上に,人口が減少していく日本が,本気で科学技術立国を目指すなら,人材育成にはもっと注意を払うべきだとは思う.

7月 252008
 

以前,「行動経済学 経済は「感情」で動いている」に記載されていた下記問題を紹介した.そして,「悩ましい確率の問題」と題して,その解答に納得できていないと書いた.

隣家には子供が2人いるのだが,あなたはその性別を知らない.次の3つの場合について,もう1人も女の子である確率はいくらか.

  1. 隣家の奥さんに「女の子はいますか」と聞いたところ,答えは「はい」であった.
  2. 隣家の奥さんに「上の子は女の子ですか」と聞いたところ,答えは「はい」であった.
  3. 隣家の奥さんが女の子を1人連れているのを見た.

正解は順に1/3,1/2,1/2なのだそうだが,ここで,手短に解説しておこう.

まず,子供が2人いるので,(第一子,第二子)について,(男,男),(男,女),(女,男),(女,女)の4通りがありえ,かつこれだけしかない.

第1問.女の子がいるので,(男,男)はない.つまり,(男,女),(女,男),(女,女)の3通りが候補であり,姉妹である確率は1/3となる.

第2問.同様に,上の子が女の子ということは,(女,男),(女,女)の2通りが候補であり,姉妹である確率は1/2となる.

第3問.女の子を1人確認したので,第1問と同様,(男,男)はない.つまり,(男,女),(女,男),(女,女)の3通りが候補である.問題は次だ.(男,女),(女,男),(女,女)の3通りには,「女」が4人登場する.見掛けたのは,この4人の女の子のいずれかだ.合計4人の女の子のうち,もう1人も女の子であるのは2人だ.つまり,確率は1/2となる.

さて,納得できただろうか.

7月 242008
 

以前,「行動経済学 経済は「感情」で動いている」に記載されていた下記問題(ただし簡略化してある)を紹介した.

問題(モンティ・ホール・ジレンマ)

ドアが3つあり,1つは「あたり」,他の2つは「はずれ」だとする.あなたは,A,B,Cの3つのドアからAを選んだが,まだ開けていない.すると,答えを知っている出題者がCのドアを開けた.もちろん,それは「はずれ」だ.ここで出題者があなたに尋ねた.「Aでいいですか?」

このとき,Aのままにすべきか,それともBにすべきか.

また,その解答を「モンティ・ホール・ジレンマ」に記した.この問題は超有名なので,ネットで調べれば,オリジナルの問題や詳細な解答・解説,さらに発展版の問題も見付かるのだが,ここで少し解説をしておこう.

というのも,この問題に初めて接して即座に正答するのはなかなか難しいということを改めて認識したためだ.実は,本日,ある企業で50名強の研究者・技術者・マネージャーの方々に講演をさせていただく機会があった.データ解析に関する講演だったので(かなり強引なこじつけだが),最後に,この問題を紹介し,三択問題として挙手で解答していただいたところ,相当数の方が間違えられた.最初,私も間違ったので,仲間がいて良かったとホッとした次第だ.

ちなみに,その講演では,ドアでは面白くないので,状況をアレンジして出題した.

迷宮を探検しているあなたに怪物が言った.

『箱が3つある.1つは財宝入り,他の2つは空だ.1つ箱を選べ.財宝入りの箱を選べば,くれてやる.だが,空の箱を選べば,おまえは死ぬ.』

あなたが箱を1つ選ぶと,中身を知っている怪物が空の宝箱を開けながら言った.

『その箱でいいか?変えてもいいぞ.』

このとき,最初に選んだ箱のままにすべきか,それとも別の箱にすべきか.

さて,この問題をどのように考えていくかだが,確率の計算を持ち出して,数式で説得を試みるのは野暮というものだろう.もっと直観的に理解できるような考え方が欲しいところだ.

例えば,こう考えてみる.宝箱が3個ではなく,100個あったとしよう.自分が1つの箱を選んだ.このとき,それが財宝入りの宝箱である確率は1/100しかない.選ばなかった99個の宝箱のいずれかに財宝がある確率は99/100だ.ほぼ確実に,自分が選ばなかった宝箱に財宝が入っていると言ってもいい.悲惨な状況だ.ところが,その99個のうち空の98個を怪物が自分で開いて,最後に残った1つを選んでもいいぞと申し出てくれた.さて,その申し出を受けるべきか,断るべきか.そりゃ,受けるべきではないだろうか.

宝箱が3個の場合も同様に考えることができる.

なお,この考え方は直観に訴えるが,厳密には正しい考え方ではないとされる.小難しい話を知りたい人は検索してみるといいだろう.ここでは,そこまでは語らない.

7月 212008
 

長男5歳の誕生日ケーキは「ナエトル」』と題して,先日,長男のバースデーケーキについて書いた.そのときの長男の話では,ナエトルは進化しない弱いポケモンだということだったのだが,どう見ても進化しそうなポケモンなので,調べてみることにした.

当然ながら,世界的に有名なポケモンともなると,「ポケットモンスターオフィシャルサイト」というのがある.その中に,「ポケモンぜんこくずかん」というのがあって,ポケモンのタイプや特性,進化の仕方などが調べられるようになっている.

長男5歳と長女2歳と共に,まず,ナエトルについて調べてみる.

ナエトルは進化する@ポケットモンスター
ナエトルは進化する@ポケットモンスター

やっぱり,予想通り,ナエトルも進化する.これを見て,長男も納得したようだ.すぐに,プリントアウトした画面をママに見せに行った.

こうなると,当然,長女も自分のポケモンを印刷して欲しいということになる.そこで,1つだけ好きなのを選んで良いことにした.長女が選んだのは,かわいらしいチェリム.

長女2歳が選んだチェリム@ポケットモンスター
長女2歳が選んだチェリム@ポケットモンスター

7月 132008
 

子供達の食べ物には結構気を遣う方で,友達の家に遊びに行ったときは仕方ないとして,普段,自宅ではスナック菓子やジュースは基本的に与えない方針だ.例えば,彼女が留守で,子供2人と私の3人で留守番というときなど,おやつは生協で買う「煮干し」だったりする.

そんなわけで,というのもおかしいが,誕生日だけは,好きなデザインのケーキを買ってもらえることになっている.子供達は,誕生日が近づいてくると,「○○がいい!」,「いや,やっぱり,□□!」など,大いに盛り上がっている.

まず,これまでの実績を示しておこう.

さて,今年5歳の誕生日を迎えた長男が選択したのは,ポケモンに出てくる愛らしいキャラの「ナエトル」.

長男のバースデーケーキはナエトル
長男のバースデーケーキはナエトル

パパ:「ナエトルって,どうやって戦うの?」

長男:「戦わない」

パパ:「ナエトルって,進化するの?」

長男:「進化しない」

パパ:「そうなの?頭の葉っぱが大きくなって,強くなるんじゃない?」

長男:「う〜うん.ナエトルは弱いの」

パパ:・・・(なぜナエトルなの???)

平和主義的な子なのかもしれない.

バースデーケーキに5のローソクを差す長男
バースデーケーキに5のローソクを差す長男

ちなみに,長男が着ている服は,先日フランスで買ってきたプチバトーのTシャツ

7月 122008
 

プレゼンテーション評価

今週初め,国際会議のためソウルへ向かう直前に,「見栄えの良い発表をするための要点」と題したメールを研究室学生宛に送付した.その内容は,「発表会を目前に控えた4回生へ」にも示してある.

金曜日にプロセス設計発表会が開催され,4回生はその真価を試されるときを迎えた.発表会を終えて,率直な感想を述べると,プロセスシステム工学研究室の4回生の発表は非常に良かった.学部生であれだけの発表ができれば素晴らしい.ただし,1つだけ気になった点を敢えて指摘しておこう.約1名なのだが,レーザーポインターの焦点が定まらず,グルグルと振り回しすぎだった.緊張から来るものだが,減点対象だ.

繰り返しになるが,「見栄えの良い発表をするための要点」に加えて,「学会発表と論文執筆に関するアドバイス」に従えば,立派なプレゼンテーションができるようになるだろう.精進して欲しい.

シミュレーション結果への態度

今年のプロセス設計発表会を聞いて,最も気になったことを1つだけ指摘しておきたい.それは,質問に対して,「計算結果がこうなりました」という返答のみで満足している学生がいたという事実だ.

ハッキリ言うが,これは,最低な回答の代表例だ.

計算結果を鵜呑みにして終わりなら,HYSYSやASPEN PLUSといった優秀なプロセスシミュレータを使用するプロセス設計なんて,数日もあれば終わらせることができるだろう.「計算結果がこうなりました」のみで,自力で考察できないようでは,何のために,これまで化学工学の勉強をしてきたのか分からない.教員としては,トホホ...と嘆くしかない事態だ.幸い,プロセスシステム工学研究室4回生に該当者はいなかったが.

自分の知識を総動員して,計算結果を検証することが非常に重要なのだ.常に,計算結果が妥当かどうか,自分の直観に反しないかどうかを確認しないといけない.この作業ができるようになっていないと,折角の知識や経験が何の役にも立たないと言うことになりかねない.

くれぐれも注意して欲しい.

7月 122008
 

IFAC World Congressには木曜日までしか出席しなかったのだが,帰国当日である木曜日の午前中に,UEML/Ontology関連のセッションに基調講演を聴きに行った.

その会場にも,オレンジ色のユニフォーム(Tシャツ)を来た学生がいたのだが,私が彼女の近くに座ると,

「講演者の方ですか?」

と日本語で話しかけてきた.

「いえ,違います.」

と日本語で答えると,続いて,

「○○さん,このセッションの内容はどのようなものですか.私はよくわからないので.」

と質問してきた.名前は私のネームプレートを見たわけだが,英語ならともかく,セッション内容の質問を日本語でするというのは尋常ではない.その語学力に,かなりビビッてしまった.韓国語と英語だけでなく,日本語もペラペラとは凄い.

ところが,その数十秒後,私は度肝を抜かれた.

オレンジTシャツの彼女が,開始間際にセッション会場に入ってきた中国人に,

「4番目の講演者ですか?」

と中国語で尋ね,備え付けのPCにファイルを入れろとか話したのだ.もちろん,私は中国語がまるで分からないので,会話内容は推測だ.しかし,中国語で遣り取りしていたのは確実だ.

学生で4カ国語ペラペラって,普通いないのではないだろうか.ラテン語が語源の似たような言語ならともかく,バラバラの4カ国語だ...