7月 032008
 

2週間ほど前になるが,6月16日に大阪の常翔学園大阪センターで,システム制御情報チュートリアル講座2008「使える!部分空間同定法 ―基礎から応用まで―」が開催された.

このチュートリアル講座の趣旨には,「本講座では,システム同定の第一線で活躍の研究者を講師に迎えて, 部分空間同定法の基礎から応用までを解説して頂きます.特に,部分空間同定法の基礎理論だけでなく,実システムへの応用における有用性も理解いただけるように事例を含んだ講義も用意しております.」とある.講師の一人に指名された私の担当は,当然ながら,「実システムへの応用」ということになる.

このチュートリアル講座のプログラムは下記の通り.

  • 部分空間同定法の基礎と応用
  • 部分空間法に基づく閉ループ同定
  • 逐次部分空間同定法とその変化検出への応用
  • ソフトセンサー設計の基本と産業応用:2段階部分空間同定法を中心に

講座終了後,受講者に対してアンケート調査が実施された.有効回答数は53名で,内訳は企業27名,大学・高専3名,学生22名,その他1名である.チュートリアル講座全体に関する設問の他,個々の講義についての設問もあった.普段,誰かに定量的に評価される機会というのはほとんどないため,自分のプレゼンが評価されるとなると,ちょっとドキドキする.新鮮な感覚だ.

私のプレゼンテーションに対する受講者の評価とコメントをそのまま示す.

内容の満足度に改善の余地があると感じるが,元々,部分空間同定の基礎を身に付けたいという受講生,化学プロセスに馴染みがない受講生からは,高い満足度を引き出すことが難しいようにも思うので,こんなものなのだろう.

一方,講義の「わかりやすさ」については,満点でないことを反省しないといけない.もちろん,53名の受講者全員から満点をいただくことは極めて難しい.しかし,目指すのは,そのレベルだ.妥協はしない.

なお,結果を詳細に見ると,評価の足を引っ張っているのは,学生であることがわかる.対象を社会人に限定すれば,ほぼ満点であり,概ね,自分が目指すプレゼンができていたことになる.理論研究中心の大学の先生の下で,日々,教科書や論文と睨めっこして,産業界における現実の問題に触れる機会に乏しい学生には,私の話は理解しにくかったのかもしれない.仮にそうだとするなら,そういう学生にとって非常に良い機会だったと思う.課題は現場にあることを学んで欲しい.

研究室の学生に対して,いつもプレゼンテーションの重要性を強調し,偉そうなことばかり言っているが,私自身もまだまだ修行中の身だ.

なお,プレゼンテーションの方法については,「学会発表と論文執筆に関するアドバイス」にまとめてあるので,プレゼン能力を磨きたい人は参考にして欲しい.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>