7月 122008
 

プレゼンテーション評価

今週初め,国際会議のためソウルへ向かう直前に,「見栄えの良い発表をするための要点」と題したメールを研究室学生宛に送付した.その内容は,「発表会を目前に控えた4回生へ」にも示してある.

金曜日にプロセス設計発表会が開催され,4回生はその真価を試されるときを迎えた.発表会を終えて,率直な感想を述べると,プロセスシステム工学研究室の4回生の発表は非常に良かった.学部生であれだけの発表ができれば素晴らしい.ただし,1つだけ気になった点を敢えて指摘しておこう.約1名なのだが,レーザーポインターの焦点が定まらず,グルグルと振り回しすぎだった.緊張から来るものだが,減点対象だ.

繰り返しになるが,「見栄えの良い発表をするための要点」に加えて,「学会発表と論文執筆に関するアドバイス」に従えば,立派なプレゼンテーションができるようになるだろう.精進して欲しい.

シミュレーション結果への態度

今年のプロセス設計発表会を聞いて,最も気になったことを1つだけ指摘しておきたい.それは,質問に対して,「計算結果がこうなりました」という返答のみで満足している学生がいたという事実だ.

ハッキリ言うが,これは,最低な回答の代表例だ.

計算結果を鵜呑みにして終わりなら,HYSYSやASPEN PLUSといった優秀なプロセスシミュレータを使用するプロセス設計なんて,数日もあれば終わらせることができるだろう.「計算結果がこうなりました」のみで,自力で考察できないようでは,何のために,これまで化学工学の勉強をしてきたのか分からない.教員としては,トホホ...と嘆くしかない事態だ.幸い,プロセスシステム工学研究室4回生に該当者はいなかったが.

自分の知識を総動員して,計算結果を検証することが非常に重要なのだ.常に,計算結果が妥当かどうか,自分の直観に反しないかどうかを確認しないといけない.この作業ができるようになっていないと,折角の知識や経験が何の役にも立たないと言うことになりかねない.

くれぐれも注意して欲しい.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>