7月 122008
 

IFAC World Congressには木曜日までしか出席しなかったのだが,帰国当日である木曜日の午前中に,UEML/Ontology関連のセッションに基調講演を聴きに行った.

その会場にも,オレンジ色のユニフォーム(Tシャツ)を来た学生がいたのだが,私が彼女の近くに座ると,

「講演者の方ですか?」

と日本語で話しかけてきた.

「いえ,違います.」

と日本語で答えると,続いて,

「○○さん,このセッションの内容はどのようなものですか.私はよくわからないので.」

と質問してきた.名前は私のネームプレートを見たわけだが,英語ならともかく,セッション内容の質問を日本語でするというのは尋常ではない.その語学力に,かなりビビッてしまった.韓国語と英語だけでなく,日本語もペラペラとは凄い.

ところが,その数十秒後,私は度肝を抜かれた.

オレンジTシャツの彼女が,開始間際にセッション会場に入ってきた中国人に,

「4番目の講演者ですか?」

と中国語で尋ね,備え付けのPCにファイルを入れろとか話したのだ.もちろん,私は中国語がまるで分からないので,会話内容は推測だ.しかし,中国語で遣り取りしていたのは確実だ.

学生で4カ国語ペラペラって,普通いないのではないだろうか.ラテン語が語源の似たような言語ならともかく,バラバラの4カ国語だ...

  8 Responses to “学生の語学力に度肝を抜かれる@韓国ソウル”

  1. >学生で4カ国語ペラペラって,普通いないのではないだろうか.

    海外では多民族国家が多いですし複数の国と国境を接していますから子どもでquadrilingualはそんなに稀ではないようですし、著名人はmaltilingualであることは当たり前です。私が知っている日本人では、和田春樹東大名誉教授が母国語の他に英語、ロシア語、朝鮮語(韓国語)を自由に話せます。

    日本の学生でquadrilingualは知りませんが、一昨年に九州朝鮮学校の新築5周年記念に招待されたときに、日本語、朝鮮語(韓国語)、中国語、英語を自由に話せる中学生がいて驚きました。

    朝鮮学校は授業は『日本語』を除いてすべて朝鮮語(韓国語)で行っていますし、英語も初級学校(小学校)からやっていますからtrilingualの子どもたちはたくさんいますし、朝鮮大学校にはquadrilingualの人もかなりいるようです。

    北朝鮮の最高学府である金日成総合大学には10カ国語を自由に使いこなし、13カ国語の翻訳ができる人がいます。

    http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/06/1006j0705-00002.htm

    • 例えばスイスだと,フランス語,ドイツ語,英語はできて当然だとか,その環境のおかげで特に欧州ではマルチリンガルが育ちやすい.アジア諸国も母国語+英語が話せるようにすることに注力しており,そうなってきていますね.取り残される日本.

      • >取り残される日本

        本当に危機感を感じますね。

        日本人の語学力のなさは環境にもよりますけど、教育によって作られた内向的(排外的といったほうがいいかもしれません)な国民性によるものが多いと思います。

        そもそも、本来、言葉はcommunicationの道具ですから、他国の人たちを理解して交流を深めることこそ、語学を学ぶ一番の動機、目的でなければならないと思います。

        ところが、日本では語学の学習が受験戦争を勝ち抜くための道具になってしまっており、大学では学術的な目的を達するための道具、企業では営利的な目的の道具になってしまっています。

        英語は国際語あるいは教養として国民が学ぶ必要があるでしょうが、日本人に最も必要なのは中国語、朝鮮語(韓国語)、ロシア語だと思います。隣国と仲良くできないようでは日本に未来はありません。

        それから日本の内向的な性格は留学生の少なさをみると歴然とします。

        韓国は分断国家で、事実上は日本と同様”島国”です。人口は日本の4割ですが、アメリカに留学する学生は日本の3倍ぐらいです。

        また、MITには約一万人(学部生4000、院生6000人)の学生がいますが、100ヶ国以上から2500人あまりの留学生を受け入れています。

        http://web.mit.edu/fnl/volume/192/century.html

        近年アジア系の人びとの数が急速に増加していることは注目すべきでしょう。

        京都大学はいかがでしょうか?

        日本の教育はこのままでいいのでしょうか。

  2. 日本人の語学力のなさは,日本の凄さの裏返しでもあります.

    アジア諸国を見渡してみれば,世界に通用する専門書が大量に母国語で書かれているなんて,日本だけでしょう.母国語で書かれた教材だけで大学及び大学院の教育が成立するなんて,日本以外では考えにくいわけです.つまり,日本人は日本語だけで高等教育が受けられてしまう.

    一方,そうでない国は,英語で書かれた教材で高等教育を行う以外に選択肢がないわけですから,必然的に英語ができないと話にならないということになります.所詮は言葉ですから,必要とあれば,ブロークンであっても使えるようにはなります.

    国民性という要因もありますが,それだけでもないという印象です.

    受験勉強の道具という一面はありますし,日本の受験英語は実践的でないとよく批判もされますが,一概に悪いとは言えないと思っています.例えば,アジアの学生の使う英語はかなり酷いです.ジャーナルに投稿するために論文原稿を書いてもらったりすると,その添削は途方もなく大変だったりします.これは文法が無茶苦茶なためです.

    仲良くするというのが,どのレベルのことを言っておられるのかわかりませんが,我々は英語でコミュニケートします.中国の友人とも,韓国の友人とも.まずは英語ということで全く問題ないと思います.

    留学生の少なさは,日本の内向的な性格というよりも,日本語でしか講義を提供できない教員の語学力のなさが原因です.韓国の,例えばSNUやKAISTなどの英語への取り組みには見習うべきところがあるでしょうね.

    欧米への留学生は,中国やインドが急激に伸びており,もちろん,韓国や台湾も増えています.その一方で,日本からの留学生が減少しているのは事実で,文科省はじめ関係者は危機感を持っているものと思います.ちなみに,9・11以降,アメリカの人種差別政策が露骨になったため,英語圏への留学を希望する学生がオーストラリアを目指すという傾向があり,オーストラリアは留学生の層が厚くなった気がします.

    京都大学のデータは持っていないのですが,私の近辺では,特に減少しているという印象はありません.ただ,元々少ないので...

    > 日本の教育はこのままでいいのでしょうか.

    いいわけはないと思っています.

  3. >日本人の語学力のなさは,日本の凄さの裏返しでもあります.

    おっしゃるとおりだと思います。世界を見渡せば、本当に日本は凄いと思います。『凄いこと』は非常に結構なことだと思いますが、背景、原因を考察せずに現状だけに着目して『凄いこと』を『立派なこと』として賛美してしまうのはいかがなものでしょうか。

    私が日本の凄さをもっとも感じるのは『言論の自由』が憲法で保障されていることです。

    お隣韓国では国家保安法という日本のかつての治安維持法そっくりの法律がありまして、しきちゃんが日本でやってるような言論活動を韓国でやればお縄になって監獄へまっしぐらです。中国でしたら軟禁か国外追放されるでしょう。ロシアでしたら暗殺されるかもしれませんし、北朝鮮でしたら間違いなく銃殺モノでしょう。

    日本の公安警察は、しきちゃんを拉致(逮捕)して強制収容所(刑務所)で強制労働(服役)させることができません。彼らができることはせいぜいストーカーぐらいです。

    それから韓国、中国、ロシア、北朝鮮をはじめ世界の多くの国では、国家権力が国民を拉致して”お国のために”死ぬことを強制することが行われておりますが、日本ではそのようなことはありません。

    だからといって、日本が韓国、中国、ロシア、北朝鮮よりも立派な国だとは決して思いませんし、歴史を考察すればするほど絶望的な気持ちになってしまいます。

    とにかく日本国憲法とは本当に”有難い”ものだと痛感しています。

    明日は憲法記念日。日本が”いつか来た道”を歩まないように努めたいと思います。

    • 言論の自由.
      当然のことではありますが,仰る通り,本当に素晴らしいですね.

      韓国や北朝鮮は今も戦時ですからね.
      以前,DMZなどを訪問したときの緊張感を思い出します.

      しきちゃんさんが発言で逮捕されることはなくても,別件逮捕はありかも!?

      そうか.明日は憲法記念日ですね.
      米国メディアが一斉に殺人に歓喜する国民を報じるのを見つつ,
      我が国の憲法にも思いを馳せようと思います.

  4. >しきちゃんさんが発言で逮捕されることはなくても,別件逮捕はありかも!?

    ありがとうございます。だいじょうびです。

    >米国メディアが一斉に殺人に歓喜する国民を報じるのを見つつ,

    必ずしもそうではないですよ。日本のメディアがNHKを含めて一斉に米帝国主義者の御用メディアの報道を垂れ流しているから、そのように日本人が信じてしまうのではないでしょうか。

    たとえばVOAの記事をネットで見てみれば、

    http://www.voanews.com/english/news/asia/south/Bin-Laden-Death-Stuns-Pakistan-121075424.html

    そもそもアルカイダはアフガニスタンのソ連軍を掃討するためにCIAが特殊訓練部隊まで送り込んで作ったアメリカのテロ組織です。オバマは『正義』云々いってますけど、とんでもないことですね。オバマ政権になってブッシュの二期目よりも非道くなったのが現実です。

    一昨年ホンジュラスで起こった軍事クーデターはアメリカが反政府勢力をつかって 民主主義的に選ばれたセラヤ政権を転覆したものです。米軍ヘリでセラヤ大統領が拉致されて国外に連れ去られたんです。

    アメリカこそ『テロの親玉』、『世界一危険な国』であることは世界の常識です。大63回国連総会でd’Escoto議長が新任の挨拶で、

    『安全保障理事国の中に”戦争中毒”になっている国があり、国際社会の平和と治安を脅かしていることは否定できないことである』

    とアメリカを避難したことは有名です。

    http://www.voanews.com/english/news/a-13-2008-09-17-voa7.html

    それにしても、これだけ自国を批判した記事が堂々と主要紙に載ることは、アメリカのメディアの実力、ジャーナリズムの健全性を如実に表していると思います。

    最悪なのが日本のメディアですね。骨の髄まで腐っていますね。世界最大の米軍基地を置きアメリカの戦争犯罪に加担する日本こそ世界最悪の『テロ支援国家』というのが真実です。

    PS. しきちゃんさん→”しきちゃん”ってよんでね♪

    • VOAはノーチェックでした.
      日本のメディアは辛いですね.
      まあ,鶏と卵みたいなもので,マスコミが○○か国民が○○かなわけでしょうが...

      それにしても,インターネットが社会に与える影響は凄いですね.
      こうして,日本のマスコミを通さなくても,簡単に海外のメディアから情報を得られるわけですから.さらには,メディアを介さずに取れる情報も沢山ありますし.

      と,ここで,英語ができない日本人の悲劇が明るみに!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>