8月 122008
 

海水浴で嵐に遭遇」に書いたように,7月末に八丁浜海水浴場へ出掛けたものの,観測史上初という豪雨を伴う嵐に見舞われ,夏の海を満喫とはいかなかった.そこで,改めて,日帰りで海水浴に行くつもりだったが,数日前に長男5歳が「プールがいい!」と言い出したので,急遽プールへ行くことにした.

京都市近辺にもレジャープールはいくつかあるが,今回行くことにしたのは,亀岡運動公園にあるレジャープールだ.大人1200円と高くない割に,最大波高1mの造波プール,1周200mの流水プール,高低差11m&延長102mのウォータースライダー2つ,滑り台など遊具を備えた幼児プールなど内容が充実している.自宅から1時間ほどで行けるというのも嬉しい.八丁浜海水浴場だと,自動車道を利用しても3時間はかかる.

造波プール@亀岡運動公園
造波プール@亀岡運動公園

ちなみに,亀岡運動公園レジャープールは,朝10時に開いてから夕方5時に閉まるまで,1時間サイクルで動く.毎時50分から10分間,造波プールが運転される.その後,毎時00分から10分間は休憩時間で,全員プールから出なければならない.「何もそこまでしなくても」という気もするが,ついつい水に入り続けてしまいがちなので,安全・体調管理という観点で,この強制的な休憩時間は有効だと思う.

長男5歳も長女2歳もプール遊びを満喫したという感じだった.遊びも1時間サイクルで,幼児プールの滑り台などで遊んで,流水プールでクルクルと流されて,造波プールの波に乗って,その後10分間の休憩.これを,朝10時から夕方4時まで6セット繰り返した.長男も長女も特に流水プールが気に入ったようだった.

帰宅後,長男に何が一番楽しかったか尋ねてみた.「3つある」と答えた長男が挙げたのは,

  1. 流水プールの冷たい水(プールの上から非常に冷たい水が流れ落ちている場所がある)
  2. 流水プールの速いところ(水流を作るために水を送り出しているところ)
  3. トンネルの滑り台(幼児プールの遊具)

だった.長男はスイミングスクールでの成果も披露してくれて,家族みんな大満足の一日だった.また行きたい.

幼児用プールの滑り台@亀岡運動公園
幼児用プールの滑り台@亀岡運動公園

ちなみに,なぜ4時で帰ることにしたかというと,「京都府南部に雷雨(?)警報が発令されました.雷がなったら,プールから出て下さい.」というアナウンスがあったからだ.それまでは快晴だったのだが,黒い雲が迫ってきていた.八丁浜海水浴場で痛い目に遭っている我々としては,早めの脱出を心掛けたというわけだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>