8月 222008
 

【改訂第三版】建てる前に読む本
NPO法人家づくり援護会,作品社,2007

住宅建築に関する本は数多く出版されている.デザインを誇らしげに紹介するもの,断熱工法について自説を主張するもの,間取りについて書かれたもの,自宅建築に際して知っておくべき事項をまとめたもの,等々.本書は,そのタイトル通り,自宅を建てる前に知っておくべき事項をまとめた本である.特徴的なのは,欠陥住宅の根絶を目指して設立されたNPO法人の編集によるものという点だ.

本書では,家づくりに関する相談や支援事業を行うNPO法人「家づくり援護会」の経験に基づき,欠陥住宅が生まれる主要な原因を指摘し,その被害に遭わないために注意すべき点が解説されている.印象的なのは,契約書の内容や契約の時期,見積書のチェック方法,地盤調査の方法などが詳しく説明されている点だ.

トラブルの多くは,詳細が何も決まっていない段階で,施工業者に有利な施工請負契約書に易々と押印してしまう施主に原因があるようだ.いや,まともな施工をしない業者が悪いのは当然なのだが,それを防止することに無頓着な施主であってはならないということだ.そもそも施工請負契約は,施工内容や費用が完全に決まってから結ぶものであり,「こんな間取りで2300万円ですね」なんて段階で印鑑を押すものではない.特に,建築条件付き土地の売買で好い加減な契約が多く,その結果として深刻なトラブルも多発しているという.また,時期だけでなく,契約内容そのものにも注意すべき点が多くある.保証内容などもそうだ.

欠陥住宅の原因として決定的なのが不同沈下(土地自体が傾くこと)であるため,地盤調査についても詳述されている.スウェーデン式サウンディング試験が実は不十分であることなど,業者はそれで万全だというような説明をすることが多いだけに,「えっ,そうなの?」という指摘も多い.

結局,欠陥住宅の被害に遭わないためには,優良な施工業者に依頼するのが一番近道ということになるのだが,優良な施工業者を見付けるのは素人にとって極めて困難である.誰だって,優良な施工業者に依頼したいのだから.本書では,業者を選ぶときのポイントを示すと共に,NPO法人「家づくり援護会」が推奨する施工業者のリストを掲載している.

NPO法人「家づくり援護会」の活動についても多くの紙面が割かれており,

  • 相談事業
  • 家づくりサポート事業
  • 検査事業
  • 診断・調査・測定事業
  • 設計サポート事業

などについて書かれている.正直,将来の自宅建築を想定し,勉強を始めると,建てる気が失せる.デザインの本を見て,あれがいい,これがいいと勝手なことを妄想している間は気楽なのだが,住宅建設の品質が劣悪で,不法行為が横行し,まともに行政も機能していない日本で,まともな家を確実に建てるのは決して容易ではない.そういう観点で,本書で紹介されているような支援事業は極めて有効だと思う.

家づくりを考えているのであれば,読んでおいて損はない.強くお薦めする.

目次

  • 家づくりのトラブルを防ぐ
  • 施工業者選びで決まる家づくり
  • 第三者機関参加による家づくりの提案
  • 理想の家づくり
  • 家づくりの予備知識
  • 家づくり援護会ガイド
  • イエンゴ完成保証制度

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>