8月 262008
 

京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻への異動に伴い,加筆修正しました.
(2012年2月12日)


私が所属していた大学院(京都大学大学院工学研究科化学工学専攻)での経験をふまえて,大学院入試(修士課程または博士前期課程)を突破して,第一志望の研究室に進学するために必要な知識,というか実行すべきことをまとめておきます.工学研究科や情報学研究科など工学系の大学院であれば大抵通用すると思いますが,文系は知りません.他を探して下さい.

実行すべきこと

  • 大学院で取り組みたい研究分野を決める
  • その研究分野で最高の研究室と教員を探す
  • その研究室を訪問し,教員と面談する
  • 大学院入試の募集要項を精読する
  • 大学院入試の出題範囲,教科書,講義内容,過去問などを入手する
  • 勉強する
  • 願書は複数の大学院に出す

以下,順に説明します.

研究分野を決める

特に他大学大学院への進学を希望するような場合,4回生の夏に大学院入試があるとすると,遅くとも3回生の間に,志望する大学院を決定しておく必要があります.実は,これが非常に難しく,他大学への進学が内部進学に比べて圧倒的に少ない一因になっていると思います.というのも,大学の講義と研究は全く別物で,通常,3回生は研究について何も知らないからです.講義で顔を見掛ける教員がどのような研究をしているかを知らない学生がほとんどでしょう.4回生で研究室配属され,手取り足取り教えてもらいながら,1年かけて,ようやく研究の初歩を身に付けるというのが普通ではないでしょうか.

つまり,他大学大学院への進学を希望するなら,気合いを入れて情報収集する必要があるわけです.所属する大学の先生方には,優秀な学生に積極的に他大学大学院への進学を推奨する理由は何もありません.惰性で大学生活を送っていると,道は開けないということです.

事前に,具体的な研究テーマまで考えておく必要はありません.「こんなことがしてみたい」という希望があれば十分です.例えば,化学工学を主とする専攻を志望するのであれば,プロセスシステム工学なのか,環境なのか,反応なのか,分離なのか,生物なのか,といったところを決めておけば良いでしょう.

最高の研究室と教員を探す

大学も大学院も,学校名だけで選ぶ時代ではありません.志望する研究分野が決まったら,その分野で最高の研究室と教員を探しましょう.ここで強調しておきたいのは,日本国内から探さなければならないという制約はないということです.気合いを入れて,海外の大学も含めて探してみましょう.もちろん,種々の理由で海外には行けないという人もいるでしょう.しかし,国際的な視点で研究室を選ぶという意識が大切です.この文章を読んでいるような人は,将来,国際的に活躍する人材です.国内の大学に進むにしても,そこで国際的に活躍するための基礎力を身に付けなければなりません.それが可能な大学院に進学しなければなりません.そもそも,わざわざ他大学大学院を受験しようというのに,国際的に活躍していないような研究者のところを志望するのは意味不明です.

では,レベルの高い研究室や教員をどのように見付けるか.これが問題です.とりあえず,その研究分野のキーワードで検索して,ヒットするような研究室や教員から調査してみたらよいでしょう.世の中には研究者検索サイトもありますので,そういうサイトを活用するのもよいでしょう.

国際的に活躍している研究者であれば,その定義から明らかなように,

  • 英語論文を書いている
  • 国際会議で論文発表している

のは当然です.研究業績を見て,英語での論文発表がないような研究者は候補から外しましょう.なお,論文の数は研究の活発さを示す指標ではありますが,重要なのは研究の質ですので,数のみに目を奪われないようにしましょう.その上で,

  • 国際会議で基調講演(招待講演)をしている
  • 学会等から論文賞や技術賞などを受賞している

などの実績があれば有力候補になります.研究活動が国際的に注目されていれば,国際会議での発表を依頼されたりします.また,研究成果が非常に高く評価されたなら,授賞対象にもなるでしょう.研究者の履歴を調べてみて下さい.

なお,国際的に認知されている研究室であったとしても,学生にとって,その研究室が良い研究室かどうかはわかりません.学生を労働力としてしか考えていないような研究室には絶対に行ってはいけません.学生が国際会議で発表しているか,論文の著者に含まれているかなども確認してみるとよいでしょう.論文の第一著者がどれも教授という研究室があれば,要注意です.第一著者というのは,その論文に最も貢献した人がなるべきなのですが,それがすべて教授というのは,教授が職権を乱用している可能性があります.もちろん,スーパーマンのような教授もいるでしょうから,見極めが必要です.

例えば,化学工学を主とする専攻を志望していて,プロセスシステム工学に興味があるなら,京都大学大学院工学研究科化学工学専攻は有力候補になるでしょう.

情報系の専攻を志望しているなら,もちろん,京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻は有力候補になるでしょう.

研究室を訪問し,教員と面談する

当然ながら,研究者として優れているのと,人間として優れているのとは,異なる概念です.研究業績だけで人物を判断してはいけません.研究室や教員の候補が決まったら,その研究室を訪問し,教員と面談しましょう.所属している学生の声にも耳を傾けるべきです.

他大学の教員に訪問を申し込むのは気が引けるかもしれませんが,全く問題ありません.訪問を嫌がるような教員であれば,学生の教育に情熱がないのでしょうから,そんな研究室は候補から外した方が無難です.ただし,国際的に活躍している研究者は,学生の想像を絶するほど多忙なものです.そんな研究者が学生一人のために時間を割くのであれば,学生は礼を尽くさなければいけません.

師事するに足る教員を見出して下さい.その出会いは,何物にも代え難い,人生の宝となるでしょう.私自身,大学院から助手にかけての時代に指導していただいた教授から多大な影響を受けました.まさに恩師であり,研究者としての現在があるのも,その先生のおかげです.

募集要項を精読する

志望する研究室が決まったら,募集要項を入手し,精読しましょう.ただし,募集要項が公開されるのは受験の数か月前でしょうから,まずは前年度の募集要項でも構いません.その場合,受験時の試験科目や評価方法が大きく変わることがないか,志望する研究室の教員に確認しましょう.募集要項には出題科目が記載されていますから,まず,これを確認しないと話になりません.例えば,英語の場合,独自の試験を実施する大学院もあれば,TOEICやTOEFLを課す大学もあります.京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻は後者で,TOEFLまたはTOEICの得点を評価に利用しています.

教科書,講義内容,過去問などを入手する

高校の講義内容は全国共通ですが,大学の講義内容は千差万別です.教員が自分の教えたいことを教えているためです.同じ科目であっても内容が同一であるとは限りません.使用する教科書も,英語であったり,日本語であったり,様々です.当然ながら,大学院入試問題は,それぞれの大学での講義内容に基づいて作成されます.このため,受験しようとする大学院の学部での講義内容を知ることは不可欠です.

また,出題される科目の教科書を知るだけでは不十分です.教科書のどの部分が出題範囲なのかを把握しなければなりません.さらに,教科書に書かれてはいなくても,教員が説明している内容があるかもしれません.圧倒的に有利な内部進学者と戦うには,情報収集に全力を尽くす必要があります.

受験勉強の必須アイテムは,過去問です.少なくとも,過去3年分以上の過去問を入手し,勉強を始める前に目を通しておきましょう.何を勉強しなければならないかが掴めるはずです.最近は,ウェブサイトで過去問を公開している大学院も少なくありません.公開されていない場合には,大学院の事務に問い合わせてみましょう.あるいは,進学を希望する研究室の教員や学生に相談してみましょう.

勉強する

以上の準備が整ったら,後は勉強あるのみです.周囲の学生が何をしようが関係ありません.自分の人生を切り開くのは自分です.自分の選んだ道を信じて,ひたすら勉強して下さい.

願書は複数の大学院に出す

念のため,願書は複数の大学院に提出しておきましょう.京都大学大学院工学研究科化学工学専攻では,万が一落ちたときのために,とにかく東大に願書を出しておけという指導が一般的です.

おわりに

世の中には,学歴ロンダリングなんていう言葉もありますが,恐らく,自分の実力に自信がない奴の遠吠えです.無視して差し支えないでしょう.大学と大学院で異なる学校に行くのは,世界では普通です.井の中の蛙にならず,自分にとってベストの環境を求めて下さい.

補足

京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻を目指す人へ

  17 Responses to “大学院入試(他大学大学院への進学)”

  1. はじめまして、木原と申します。東京在住、工学部4年です。

    記事「大学院入試」を読ませていただきました。本当に教育熱心な方だとうれしく感じました。というのも理系の研究室では、学生の教育など考えず、自分の利益のために学生を労働力としてしか見ていないような先生も多いようなのです。そんな現状がある中、お忙しい方が、自分の研究室の学生だけでなく、日本全国の大学生のことも考えて公平な視点で有益な情報を発信するのはすばらしいことです。

    学部生ははじめは何もできないという問題もありますが、教官から命令されたことを土日返上でやらなければならないといっている、友人がいます。甘えた学生がモラトリアムとして大学院を見なしているため、忙しいのが不満になるという面もあるかと思いますが、教授が既得権を悪用していると感じることもあります。

    先日オープンキャンパスで高校生に研究室紹介をして、話しをする機会がありました。わざわざ、オープンキャンパスに参加してるわけだから、意欲があってきているはず。しかし、なぜか反応が悪い。何も質問しないし。実際、親と一緒に来ている人もいたけど、親に命令されたから来ただけなのか?せっかく来てくれたわけだから、大学生活のこととか、気になるであろうことも話したけど、黙ってて何が知りたいのかわからない。大学生になっても、同じようにまったく自主性の無い人がいます。この記事は、そんな学生にも読んで欲しいです。

  2. 木原さん,コメントありがとう.4回生とのことなので,今は,卒業研究で非常に忙しいときでしょうか.

    理系教員であれば,研究者として評価されることは日常茶飯事でも,教育者として評価されることは,ほとんどありません.そもそも,採用されるときに,教育者としての資質を問うような仕組みがありませんし,採用後にもありません.このため,とんでもないのが紛れ込んでしまっても仕方ないのが現状です.そして,一度紛れ込むと,排除は困難です.近年,ようやく日本でもFDが重要だと騒がれ出しましたが,所詮は講義テクニックの良し悪しです.専門知識は専門馬鹿でも教えられるでしょうが,専門知識の伝達が教育の十分条件だとは思いません.

    「土日返上でやらなければならない」というのは判断が難しいです.私も大学院生のとき,土日返上で教授が指示した課題をこなしていました.2ヶ月ほどのことでしたが,その期間は,日本で一番勉強したと思います.その勉強が今の基盤の一部をなしていることは確かです.不平不満しか言わないのも,感謝するのも,その人次第です.

    惰性で生きている人が多いのは確かだと思います.反応が鈍い人が多いのも確かです.彼らがどのような人生を歩もうとも自己責任だと突き放すこともできそうなものですが,やはり放置してはおけません.では,どうするか.私の課題の1つです.

  3. 大変勉強になりました。 
    東北の地方の国立大学に通っています。
    是非京都大学で勉強したくなりました。
    もしよろしければ、反応工学と移動現象、そして熱力学の
    おすすめ演習本を教えていただけないでしょうか?
    テキストはいい本が見つかったのですが、演習本は、
    調べてもなかなかいい本がなくて。
    よろしくお願いいたします。

  4. ゆうさん,申し訳ありませんが,良い悪いを抜きにしても,演習本については全く情報がありません.うちの学生が演習本を持っているのを見かけたこともありません.

    テキストを持っておられるのであれば,例題や演習問題が掲載されていますよね.まずは,それらを完璧に解けるようにすることです.加えて,極めて重要なのが過去問です.

    大学院入試に限って言えば,問題は出題する教員が何を教えているかに激しく依存しますから,自分が進学したい大学の学部のシラバスとテキストはチェックしておいた方が良いです.

    希望が叶えられますように.

  5. ご多忙にも関わらずお返事
    ありがとうございました。
    シラバスをチェックしてみます。

  6. ありがとうございました。
    大変役立っています。
    僕は交換留学生として来日した中国の学生です。
    北大の文学研究科に進学したいので、9月北海道に行きます。
    中国の大学院入学試験と比べると、私にとって日本のが非常に難しいです。日本語で答えるのが大変なことですが、日本の学生より、自主研究の能力が低いと痛切に感じています。この記事を読んでいただいて、本当に有難うございました。自分の短所をどういう風に克服かをちょっと分かるような気がしました。

  7. Thank you for the cordial comment, xiaodou511.
    I hope you will enjoy your new life in Hokkaido.
    Good luck!

    谢谢.祝你好运.

    I am not good at Chinese…

  8. Dear Professor Kano:
    My name is Makoto. It is my honor to read this article which makes me learn a lot. Also, I am really respect for your passion on education and students. I am a 3 years chinese undergraduate student, now majored in psychology. I was so glad to know that your Human Systems Laboratory was founded this year which has a great idea and technology as well, since I also have got a deep insterest in Human-Computer Interaction(HCI) and Artificial Intelligence(AI) and hope to devote myself to create more usable, safe, comfortable and intelligent products for human. Such books I read influenced me a lot, as (Neilson), (C.D.Wickens), (Norman), etc.

    As a psychology major, the research I am doing this year is try to find out how man intergrates multi-sensory information, which in my experiment is visual and audio information. Just as your description about lab said that we should understand the machenism of man’s behaviour and cognition at first, that is exactly what we psychologists works for. However, it seems like that the work of lab still tends to be engineering research. After all, we still know too little about ourselves. I think the combination of psychology and engineering will lead to a more excellent work, so I would like to know to what extent does psychology plays a role in Human System researches?

    PS: I should apologize that I could have written this passage in Japanese. I’ve passed JLPT N1 test but I’m not so good at writting in Japanese compared to listening and speaking, especially when talking about scientific topics=0=…So professor you can reply me in Japanese if you like, it’s OK~

    Makoto (My chinese name as well as japanese name, really~)

  9. Oh somethings went wrong when I wrote the name of books as it seemed like I have used the HTML tags=。= The books should be Usability Engineering, Engineering psychology and Human performance, The design of everyday things, etc

    Thank you so much for your reading.
    Best wishes to your life and work!

    Makoto

  10. こんにちは。中国地方の地方大学に通っている工学部の3年です。
    他大学に進学希望なのですが、そこの大学院は学部がありません。また、受験科目はTOEICと面接20分で、どのような対策をしたらいいのかさっぱりわかりません。どういった対策をしたらよいでしょうか?

    • すゆさん,大学院に進学とのことですが,既に研究室を決めていますか.決めているなら,そこの教員に連絡を取るのがベストです.進学を希望しているので入試について教えてほしいと言えば,教えてもらえるはずです.TOEICについてはその勉強をすればいいだけですが,面接の内容は千差万別ですので,受験予定のところで情報を得ないといけません.

  11. 返信ありがとうございます!
    行きたい研究室は決めていますが、まだ連絡はとっていません。8月にオープンキャンパスのようなものがあるようなので行こうと考えていますが、そのときでは遅いでしょうか?
    また、いまの大学は研究室配属が四年生からです。研究室配属すらしていない者が連絡をとっていいのかと不安です…。

    • 現在3年生とのことなので,8月でも充分間に合います.
      もちろん,研究室配属前に連絡を取るのも問題ありません.
      私は出会ったことがありませんが,学生が連絡してくることを良く思わない教員がいるかもしれません.でも,そういうことも含めて,教員に連絡して,人物を見ておくのがよいと思います.

  12. こんにちは。大学院修士1年のしょうたと申します。
    プレゼンテーションアドバイスの記事などを楽しく読ませて頂いております。ありがとうございます。

    私は学部とは異なる大学の大学院に進学をしたのですが、博士後期課程に進学する場合、テーマを変え、他大学院に進学することはやはりリスクの高い進路選択でしょうか。

    • しょうたさん,はじめまして.記事を読んでいただき,ありがとうございます.

      研究を初めて,色々なことを知ったり経験したりすると,「この研究面白そう」「この研究やってみたい」と思うことがありますよね.どうしても手掛けたい研究があるのなら,それに挑戦する,そのために研究室を移ることもありだと思います.同じ研究分野であっても,研究者や研究室によってレベルは異なりますから,世界トップレベルの研究室に所属するチャンスがあるなら,そのチャンスは掴んだ方がよいと思います.ネットワーク(人脈)と集まる情報が違います.

      ただし,隣の芝は青く見えるものです.単に優柔不断であるということなら,研究室を移ってもメリットはないでしょう.目の前にある課題を一生懸命に成し遂げることも大切です.よく検討して下さい.

      さて,質問への回答ですが,リスクとして考えておかないといけないことがいくつかあります.例えば,研究テーマを変えることになれば,継続的に同じ研究テーマに取り組んでいる学生との比較で,研究業績の面から,1)学振DC1,DC2を獲得しにくくなる,2)短期間に学位を取るのが難しくなる,といったことはあると思います.業績が少ないということは,学位取得後の就職にも直接的に影響するでしょう.周囲が博士後期課程進学時に研究室を変えるのはリスクが高いというのは,こういうことが原因だろうと思います.

      でも,本当に手掛けたい研究があって,正しいアプローチで必死に努力すれば,研究成果はついてくるでしょう.学振DC以外にも奨学金などはあります.それに,安全策をとって挑戦しないとすれば,将来,後悔することになるかもしれません.それも嫌ですよね.

      私からこうすべきと言うことはできません.できるのは,せいぜい,このようにメリットとデメリットをあげることくらいです.悩まれることと思いますが,よく検討して,決心ができたら,その道で邁進して下さい.研究者としての活躍を期待しています.

  13. ご多忙中にも関わらずこんなに早く、そしてとても丁寧なお返事をくださり、ありがとうございます!!

    今いる研究室で扱っているテーマはやりたかった分野の1つなのですが、最もやりたかった研究テーマではなく、気持ちがなかなか切り替えられず、悩んでおりました。(しかし、今いる場所で1つのことを成し遂げたいとも考えており、最近は地に足がつかない状況でした)
    また、やはりもっと大きく、有名な研究室では環境が良い様なので外部進学を考えました。

    後悔しないよう、メリット・デメリットをよく考えて決断したいと思います。

    本当にありがとうございます。

    • どういたしまして.特別に役立つような意見を言うことができず,申し訳ありませんが,まだ修士1年目とのことですから,これから論文を読んだりしていく中で,自分で面白い課題を見付ければいいと思います.与えられた課題を解決する能力は必要ですが,研究者としてやっていくなら,自分で課題を見付ける/設定する能力も非常に重要です.そして,指導教員も切磋琢磨する仲間もとても大切だと思います.頑張って下さい.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>