8月 292008
 

解体新居―家づくりを根本から考える!家は見た目が九割だけど…
榎本馨,評言社,2006

安全な家,病気にならない家をつくるために,正しい情報を知らなければならない.これが本書のテーマである.現在も,外断熱か内断熱か,断熱材は何がよいか,自然素材を使うべきか等々,住宅建設に関する様々な論争があるが,本書では,これだけやれば良い家になるというようなことはなく,自分にとっての「理想の家」を描き,そのために必要な建材や工法を選べばよいと主張している.また,建築の専門家でさえ間違った常識に囚われており,とにかく正しい情報を得る努力が必要であるとしている.

著者が推奨する建材や工法のいくつかが紹介されているので,記載しておく.SRC蓄熱基礎工法,蓄熱低温温水床暖房,遮熱高断熱複層ガラス,アイシネン断熱気密工法,MS調湿換気システム,チャフウォール,セントラル活水器,防犯ガラス,オールアース住宅.

目次

  • 「健康住宅」をつくる
  • 安全な住まいをつくる
  • バランスのとれた家づくり

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>