9月 232008
 

出雲大社を参拝した.先々週に訪れた伊勢神宮と共に,日本を代表する神社であるが,圧倒的に人が少ない.そして,圧倒的に注連縄が大きい.神楽殿の注連縄は,太さ(外周)がなんと8mとか.

出雲大社の祭神は大国主大神(大国主命)で,縁結びの神様として知られている.また,大黒様でもある.大国主命が天照大神に出雲の国を譲るに際して,その見返りに建造されたとされるのが出雲大社で,実に由緒ある社だ.

大国主命と言えば,因幡の白兎を助けた話でも有名だ.銅鳥居の手前には,因幡の白兎のエピソードをモチーフにした像がある.

大国主命と因幡の白兎@出雲大社
大国主命と因幡の白兎@出雲大社

銅鳥居と拝殿@出雲大社
銅鳥居と拝殿@出雲大社

伊勢神宮を参拝しよう(実践編): 特別参宮など」で書いたとおり,伊勢神宮では,20年に一度,式年遷宮が執り行われ,正殿を始め御垣内の建物すべてが建て替えられ,さらに殿内の装束や神宝も新調される.これと同様に,出雲大社でも約70年に一度,大遷宮が執り行われる.今年から5年間は,ちょうど大遷宮の時期にあたり,既に大国主大神は本殿から拝殿に移されている.

出雲大社の本殿は,大社造りといわれる日本最古の神社建築様式で建てられており,とにかく高いという印象を受ける.建立当時の建物は高さ48mであったと言い伝えられているが,途方もない高さだ.

大社造りの本殿@出雲大社
大社造りの本殿@出雲大社

本殿の真後ろには,小さな素鵞社(そがのやしろ)がある.素鵞社の祭神は,大国主命の父神である素戔嗚尊(須佐之男命)だ.こちらもお参りしたのだが,個人的には,伊勢神宮もその他の神社も含めて,この素鵞社が一番良かった.素朴で小さな目立たない社なのだけれども.

素戔嗚尊(須佐之男命)を祭る素鵞社@出雲大社
素戔嗚尊(須佐之男命)を祭る素鵞社@出雲大社

出雲大社を参拝した後は,須佐神社へと向かう.


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>