9月 252008
 

玉造温泉の「湯之助の宿 長楽園」に宿泊した翌日は,松江を訪れた.

宍道湖畔の美術館で,たまたまエリック・カール展が開催されていたので,観に行くことにする.本来なら入館料1000円のところが,その日は無料招待ということで,10時には駐車場が満車となり,臨時駐車場まで行くことになった.自宅には,”The very hungry caterpillar”と”Brown bear, brown bear, what do you see?”があるが,エリック・カール展を観て,あの絵がティッシュを利用した貼り絵であることを初めて知った.子供達も,エリック・カールが絵本を制作する様子を紹介したビデオに釘付けになっていた.大満足.

昼前に美術館を出て,出雲そばを食べに「きがる」という店に向かう.

出雲そばのお店 きがる@松江
出雲そばのお店 きがる@松江

とりあえず,わりこそばを注文する.加えて,「そばがき」というフワフワの食べ物と,そばの香りがいっぱいの「そばめし」も注文した.評判通り,出雲そばは非常に美味しかった.ここでも大満足.

わりこそばとそば飯@きがる
わりこそばとそば飯@きがる

そばがき@きがる
そばがき@きがる

お腹一杯になった後は,松江城に向かった.その後,買い物をしたり,和菓子を食べたりした後,神戸牛や松阪牛と並び称される「しまね和牛」を食べ,京都に戻った.