11月 172008
 

インディペンデンス国立歴史公園の散策を終え,SEPTAバス38番に乗って,フィラデルフィア美術館に向かう.運賃は2ドル.観光客にはPHLASH(フラッシュ)が便利だとガイドブックには書かれていたが,朝早いため,まだ運行していないようだ.フィラデルフィア美術館のバス停で降り,東側(ダウンタウン側)の入口に向かって歩くと,映画でお馴染みのロッキー・バルボアの彫像がある.ボクシング・グローブをはめて,両腕を高らかに挙げた姿だ.ロッキー・バルボア像は人気で,一緒に記念撮影する観光客も多い.

フィラデルフィア美術館の前にあるロッキー像
フィラデルフィア美術館の前にあるロッキー像

美術館の入口までは,大きな階段を上る.子供達とロッキーが駆け上がった階段なのだろう.こちらでも,階段を駆け上がる人,階段の上で両腕を挙げる人と様々だ.10時開館ということだったが,館内に入ると,既に行列ができていた.20人ほどだったか.大したことはない.

フィラデルフィア美術館
フィラデルフィア美術館

フィラデルフィア美術館の入館料は,大人12ドルだが,日曜日は”pay what you wish all day”ということで,好きなだけ寄付をする.もちろん,払わなくても構わない.私は,5ドルのオーディオツアー(self-guided audio tour)を申込み,5ドルの寄付と合わせて,合計10ドル支払った.

受付で,「日本語のオーディオツアーはあるか」と尋ねると,「ちょっと待って,確認する」ということになった.日本語のオーディオツアーを申し込む人なんて,ほとんどいないのだろう.しかし,大きな美術館では,主要作品を見逃さず,かつ作品を満喫するためには,オーディオツアーが非常に役に立つ.美術の教科書に登場するような有名な絵画や彫刻であっても,私のような無知な奴は,作品名と作者名を知っているのが関の山で,作品が書かれた背景や作品の特徴などは知るよしもないからだ.

幸い,日本語のオーディオツアーがあったので,それを借りる.英語のオーディオツアーを借りたいところだが,私の英語力では,美術用語はさっぱり分からない.なお,保証のために,受付で身分証明書を人質に取られるのだが,運転免許証などは持っていなかったため,クレジットカードを差し出した.

流石,全米第3位の美術館だけあって,見所も多い.インパクトがあったのは,日本の茶室.茶室の建物全体が,庭も含めて,そのまま再現されていた.もちろん,博物館としての巨大さと展示物の凄さでは,アメリカ国内ならメトロポリタン美術館(ニューヨーク),国外なら古代ギリシャの「ゼウスの大祭壇」や古代バビロニアの「イシュタール門」をそのまま奪ってきたペルガモン博物館(ベルリン)などの方が迫力があるだろう.

ルノワールの作品@フィラデルフィア美術館
ルノワールの作品@フィラデルフィア美術館

ヨーロッパ美術では,プーサンの「ヴィーナス誕生」,ゴッホの「ひまわり」,モネの「エプト川岸のポプラ」,セザンヌの「大水浴」などがズラリと並ぶ.目を引いたのは,ルーベンスの作品.作品名は忘れてしまったが,神話を題材にしたもので,手を鎖で繋がれた男性が鷹に肝臓を食いちぎられている絵だ.迫力が凄い.

プーサンの「ヴィーナス誕生」は有名なのだそうだが,同じ「ヴィーナス誕生」なら,ウフィッツ美術館(フィレンツェ)が所蔵するボッティチェリの作品が好きだ.

また,セザンヌの「大水浴」も時代を代表する傑作なのだそうだが,私如きでは,その良さがよく分からない.同じ「大水浴」なら,隣の部屋に飾られている,ルノワールの「大水浴」が好きだ.

ルノワールの作品@フィラデルフィア美術館
ルノワールの作品@フィラデルフィア美術館

さて,日本語オーディオツアーだが,”Director’s Delights Audio Tour”という名称で,34件の解説が収録されている.先に書いた日本の茶室,ルーベンス,ゴッホ,モネ,セザンヌなども網羅されている.これはお勧めだ.

フィラデルフィア美術館を一通り見終わると,既に12時を過ぎていた.入口の行列はさらに伸び,外まで続いている.帰りは,美術館から市庁舎までまっすぐ続く広い道を歩いて戻ることにした.

フィラデルフィア美術館から市中心部を臨む
フィラデルフィア美術館から市中心部を臨む

11月 172008
 

フィラデルフィアと言えば,アメリカ合衆国誕生の地である.この街で独立宣言が採択され,最初の国会も開催された.アメリカ人にとっては,非常に意味深い街のはずだ.日本人の私にとっては,かなりどうでも良いのだが,折角フィラデルフィアに来たので,一通り見ておくことにした.いつものように,朝早くから,ひたすら歩く.歩く.歩く.

ホテルで見付けた”Guided Walking Tour of Historic Philadelphia”というパンフレットに,インディペンデンス国立歴史公園の地図と経路が書かれていたので,その通りに自分で歩いてみることにした.21カ所を75分で歩いて回るツアーだと書かれている.インディペンデンス・ビジターセンターから出発し,歴史的な建物を見て回る.5カ所目がリバティベルセンターで,ここには独立宣言採択に際して高らかに鳴らされた自由の鐘が保管されている.この自由の鐘には,大きな亀裂が入っているため,もはや音を聴くことはできない.

自由の象徴リバティベル@フィラデルフィア
自由の象徴リバティベル@フィラデルフィア

リバティベルセンターの次は独立記念館だ.ここで,トーマス・ジェファーソンによって起草された独立宣言が採択された.独立記念館の内部を見学するためには,無料のチケットを入手しなければならない.入口のところで,そう警備員に教えてもらったが,まだ時間が早過ぎたので,建物の外側をブラブラと見学することにした.それでも,厳重なセキュリティを通らなければならない.持っている鞄の中身まで検査される.

独立宣言が採択された独立記念館@フィラデルフィア
独立宣言が採択された独立記念館@フィラデルフィア

その後もいくつかの歴史的建造物を眺め,9:40頃に個人ツアー終了.これでフィラデルフィアの東側は踏破した.次の目標は,フィラデルフィア美術館だ.

11月 172008
 

AIChE Annual Meetingに参加するため,フィラデルフィアに来ている.フィラデルフィアの空港はダウンタウンから遠くなく,SEPTA(南東ペンシルバニア交通局)が列車を走らせている.片道7ドルと安くはないが,AIChE Annual Meetingが開催されるPhiladelphia Convention Centerに近い駅まで行くことができ,そこからならホテルHampton Innまで徒歩圏内であるため,列車を利用した.R1という路線になる.各ターミナルに駅があるため,帰りもこの列車を利用するだろう.

ホテル到着後,一仕事して,夕食へ.まず最初に,ホテルで教えてもらったイタリアレストラン”Maggiano’s”に向かったが,店内は大混雑.受付で尋ねると,40〜50分待ちとのこと.まあ,滞在中に来る機会もあるだろうからと,別の店を探す.

12th Streetを南下していくと,”Caribou Cafe”があった.カフェと書いてあるが,メニューにはフランス語も書かれており,どうやらフレンチレストランのようだ.他に探すのも面倒なため,ここに決める.幸い,すぐに席に案内してもらえた.

ドリンクメニューを見ると,半分はワインリスト,もう半分はビールリストで,アメリカビールはもちろん,輸入ビールの品揃えが凄い.アメリカならどこにでもありそうなメキシコビールCORONA(ライムを入れて飲むビールで,よくこれを注文する)がないが,ドイツ,ベルギー,チェコなど欧州産ビールがズラリと並んでいる.アメリカでハイネケン以外を見るのは,なかなか珍しい.地ビールにも惹かれたが,ウェイトレスのお姉さんにお勧めを尋ねてみた.「どんなのが好き?軽いの?」と訊かれたので,「いや,軽くないのがいい」と答えると,ある黒ビールがお薦めだと教えてくれた.「じゃ,それ」というわけで,何かよく分からないが,黒ビールを注文する.ちょっとドキドキしたのは,ビールリストの中に20ドルもするビールがあったこと.「もしかして20ドルの?」という一抹の不安を抱きながら,ビールが出てくるのを待つ.

ベルギーのと思われる濃い黒ビール@フィラデルフィア
ベルギーのと思われる濃い黒ビール@フィラデルフィア

出てきたのは,何とも奇妙なグラスに入った黒ビール.本当に黒く,真っ黒ビールだ.飲んでみると,非常に濃い.今までに飲んだことがない感じだが,美味しかった.

料理は,みんなプリフィクスのコースを注文した.スープ(またはサラダ)とメイン(鳥,牛,魚から選択)とデザートで29ドルだ.アメリカ初日ということで(?),全員がスープとステーキを注文した.違いは焼き具合だけ.まあ,いつものことだが,でかい.ポテトの量も凄い.そして,デザートも甘い甘い.

Caribou Cafeのステーキ@フィラデルフィア
Caribou Cafeのステーキ@フィラデルフィア

ちなみに,ビールは20ドルではなく,8ドルほどだった.