11月 172008
 

AIChE Annual Meetingに参加するため,フィラデルフィアに来ている.フィラデルフィアの空港はダウンタウンから遠くなく,SEPTA(南東ペンシルバニア交通局)が列車を走らせている.片道7ドルと安くはないが,AIChE Annual Meetingが開催されるPhiladelphia Convention Centerに近い駅まで行くことができ,そこからならホテルHampton Innまで徒歩圏内であるため,列車を利用した.R1という路線になる.各ターミナルに駅があるため,帰りもこの列車を利用するだろう.

ホテル到着後,一仕事して,夕食へ.まず最初に,ホテルで教えてもらったイタリアレストラン”Maggiano’s”に向かったが,店内は大混雑.受付で尋ねると,40〜50分待ちとのこと.まあ,滞在中に来る機会もあるだろうからと,別の店を探す.

12th Streetを南下していくと,”Caribou Cafe”があった.カフェと書いてあるが,メニューにはフランス語も書かれており,どうやらフレンチレストランのようだ.他に探すのも面倒なため,ここに決める.幸い,すぐに席に案内してもらえた.

ドリンクメニューを見ると,半分はワインリスト,もう半分はビールリストで,アメリカビールはもちろん,輸入ビールの品揃えが凄い.アメリカならどこにでもありそうなメキシコビールCORONA(ライムを入れて飲むビールで,よくこれを注文する)がないが,ドイツ,ベルギー,チェコなど欧州産ビールがズラリと並んでいる.アメリカでハイネケン以外を見るのは,なかなか珍しい.地ビールにも惹かれたが,ウェイトレスのお姉さんにお勧めを尋ねてみた.「どんなのが好き?軽いの?」と訊かれたので,「いや,軽くないのがいい」と答えると,ある黒ビールがお薦めだと教えてくれた.「じゃ,それ」というわけで,何かよく分からないが,黒ビールを注文する.ちょっとドキドキしたのは,ビールリストの中に20ドルもするビールがあったこと.「もしかして20ドルの?」という一抹の不安を抱きながら,ビールが出てくるのを待つ.

ベルギーのと思われる濃い黒ビール@フィラデルフィア
ベルギーのと思われる濃い黒ビール@フィラデルフィア

出てきたのは,何とも奇妙なグラスに入った黒ビール.本当に黒く,真っ黒ビールだ.飲んでみると,非常に濃い.今までに飲んだことがない感じだが,美味しかった.

料理は,みんなプリフィクスのコースを注文した.スープ(またはサラダ)とメイン(鳥,牛,魚から選択)とデザートで29ドルだ.アメリカ初日ということで(?),全員がスープとステーキを注文した.違いは焼き具合だけ.まあ,いつものことだが,でかい.ポテトの量も凄い.そして,デザートも甘い甘い.

Caribou Cafeのステーキ@フィラデルフィア
Caribou Cafeのステーキ@フィラデルフィア

ちなみに,ビールは20ドルではなく,8ドルほどだった.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>