11月 172008
 

フィラデルフィアと言えば,アメリカ合衆国誕生の地である.この街で独立宣言が採択され,最初の国会も開催された.アメリカ人にとっては,非常に意味深い街のはずだ.日本人の私にとっては,かなりどうでも良いのだが,折角フィラデルフィアに来たので,一通り見ておくことにした.いつものように,朝早くから,ひたすら歩く.歩く.歩く.

ホテルで見付けた”Guided Walking Tour of Historic Philadelphia”というパンフレットに,インディペンデンス国立歴史公園の地図と経路が書かれていたので,その通りに自分で歩いてみることにした.21カ所を75分で歩いて回るツアーだと書かれている.インディペンデンス・ビジターセンターから出発し,歴史的な建物を見て回る.5カ所目がリバティベルセンターで,ここには独立宣言採択に際して高らかに鳴らされた自由の鐘が保管されている.この自由の鐘には,大きな亀裂が入っているため,もはや音を聴くことはできない.

自由の象徴リバティベル@フィラデルフィア
自由の象徴リバティベル@フィラデルフィア

リバティベルセンターの次は独立記念館だ.ここで,トーマス・ジェファーソンによって起草された独立宣言が採択された.独立記念館の内部を見学するためには,無料のチケットを入手しなければならない.入口のところで,そう警備員に教えてもらったが,まだ時間が早過ぎたので,建物の外側をブラブラと見学することにした.それでも,厳重なセキュリティを通らなければならない.持っている鞄の中身まで検査される.

独立宣言が採択された独立記念館@フィラデルフィア
独立宣言が採択された独立記念館@フィラデルフィア

その後もいくつかの歴史的建造物を眺め,9:40頃に個人ツアー終了.これでフィラデルフィアの東側は踏破した.次の目標は,フィラデルフィア美術館だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>