12月 222008
 

プロセス制御技術者を100名育成するという目標を掲げて設置された「SICEプロセス制御専門家養成塾」(略称:SICEプロセス塾)が3年目を迎えた.本年度で修了生が100名に達し,ミッションコンプリートとなる.計測自動制御学会が主催するこのプロセス塾については,「SICEプロセス制御専門家養成塾(プロセス塾)」と題して,2007年3月にその概要をまとめてある.

先週,12月17日に開催された第3回スクーリングに参加した.初年度から最終年度まで毎回「プロセスデータからのモデリング」の講義を担当して感じるのは,バックグラウンドも業種もレベルも,そして目的も異なる人達を対象とした講義の難しさだ.それでも,今回受講された約40名の方々の受講レポートを拝見する限り,伝えたいことは伝わったように思える.このプロセス塾が契機となり,そこで学んだ内容を実務で活用してもらえたら,講師としては最高に幸せだ.引き受けた甲斐がある.

もう1つ,考えさせられることがある.「プロセスデータからのモデリング」には直接関係なさそうだが,プロセス制御技術者なら知っておくべき技術として,SICEプロセス塾では毎回,「制御性能監視」について講義してきた.3年目の今回も興味を持たれた方が多く,制御性能監視について初めて聞いたという受講者も少なくないようだった.この結果を突きつけられて痛感したのは,技術を周知することの難しさだ.実は,制御性能監視については,日本学術振興会プロセスシステム工学第143委員会ワークショップNo.25にて,産学が連携して技術開発に取り組んだ.そこでの成果は,学術論文や国内外の学会で発表すると共に,学会誌や商業誌に解説記事も寄稿し,さらに最終報告書と開発したソフトウェアLoopDiagをインターネットでも公開してきた.加えて,計測自動制御学会論文賞を受賞するなど,ワークショップNo.25のメンバーは成果の流布にそれなりに尽力してきた.それでも,制御性能監視について初めて聞いたという方が少なくないのが現実だ.本当に,技術や研究成果を周知するのは難しいと感じる.

現在活動中のワークショップNo.27「プロセス制御技術」の成果についても,どのように社会に還元していくかを考えておく必要がある.

12月 222008
 

2008年10月末に購入した「SSD搭載SONY VAIO Type Z」は,現在までのところ,快調に動作している.これまでに使用してきたPanasonic Let’s note Wシリーズよりも大きくて重く,最初こそ「デカッ!オモッ!」と感じたが,これまでと同じ鞄に入ることもあり,既に慣れて,違和感はなくなった.むしろ,Core 2 Duo P9500 (2.53GHz),4GBメモリ,RAID 0構成SSDドライブ256GBの性能を発揮した快速感が良い.

このVAIO Type Zは,単なるモバイル用マシンではなく,メインマシンとしても利用している.だからこそ,このハイスペック機を選択したわけだ.高速性はもちろんだが,今回のVAIO Type Z導入に際しては,液晶ディスプレイ作業領域の拡大も狙った.3Dゲームとかに興味はないが,NVIDIAのビデオカードを搭載しているVAIO Type Zの能力が活きる.

Panasonic Let’s note W5利用時は,SHARP製17インチ液晶モニターを利用し,SXGA (1280×1024)で表示していた.VAIO Type Z導入後,新たに,ナナオ製24インチワイド液晶モニター”EIZO FlexScan HD2452W”を購入し,解像度は1920×1200に設定している.画面に表示できる情報が単純に2倍近くに増えたことになる.快適だ.

大学でメインマシンとして使用する際には,上記の他,USB接続キーボードとBluetooth接続マウスを利用している.つまり,VAIO Type Z本体に触れることはない.