1月 152009
 

「LaTeX2e美文書作成入門 改訂第4版」(奥村,技術評論社)には,Winshellの設定方法として,「オプション」−「TeX関連プログラム設定」のプログラム名「DVI -> PS」において,exeファイル名を日本語対応の「dvipsk」に変更するとだけ書かれています.この場合,コマンドライン(オプション)は「-D300 “%s.dvi”」のようになり,解像度300dpiだけが指定されている状態になります.

私のLaTeX使用環境では,この設定だと,PSファイルからPDFファイルを生成したときに,英文フォントが変になり,非常に汚くなってしまいました.日本語は大丈夫なのですが,数式を含むアルファベットが汚くなります.これは非常に困るので,以下のようにして対応しました.

【対策】dvipskのオプションに「-Pdl」を追加する.

現在,「-D2400 -Pdl -t a4 “%s.dvi”」としていますが,これで問題は解決しました.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>