2月 282009
 

今月1日に,祖父母が長男5歳に「ポケモン カードゲーム DPt ギフトボックス」をプレゼントしてくれたと書いた後,その記事を見た読者からポケモンカードをプレゼントしてもらった.それも,”PRERELEASE”や”CHAMPIONSHIP”と書かれた英語版のカードなど,キラキラした,いかにも珍しそうなカードをたくさん.

優しい読者に感激していたら,今度は,別の読者から凄い量のポケモンカードをプレゼントしてもらった.箱にドサッと入っていて,数える気にもならないくらい.「キラカードとかはないですけど,ブログにたねポケモンとかが足りないと書いてあったので」と気遣い,重複して持っていたカードをプレゼントしてくれたのだ.いやぁ,長男5歳も長女3歳も,これには喜ぶだろうなぁ.いただいたポケモンカードをザッと眺めてみると,なんと,ミニリューとハクリューも入っている.これで,カイリューに進化させられるぞ.さらに,ジムリーダーのポケモン,ヌオー,カイリキー,プテラなど,それに銀河団のポケモンもある.

本当に,ありがとう!!

同じものが一杯あるカードは,長男からその友達にプレゼントさせてもらいます.

このついでに,もう1つ報告.先日,

特に,HP200の「ホエルオー」は全ポケモンの中で最大のHPなので,喜びも一入(ひとしお)だ.幼稚園友達の中では,これまでHP150のカードが最大だったらしく,「○○君のよりも強いで〜!」と言っている.

と書いたホエルオーのカードを持って,友達のところに遊びに行ったところ,みんなから「ずる〜い!」と言われたそうだ.長男がそう自慢げに報告してくれた.

この感謝の気持ちを次の人に繋げていくよう,長男5歳を指導します.

2月 272009
 

2009年度の京都大学工学部入学試験において,最大の話題は国語を受験科目としたことだろう.

考えるための基盤は国語なので,国語を重視する姿勢は高く評価したい.ただし,工学部生にとって重要なのは,読解力に加えて,論理的に考える力,正しく表現する(書く,話す)力なので,間違っても「このときの作者の気持ちは?」みたいな問題はやめてもらいたい.まあ,さすが京大,そういう問題は出題していない.古文の必要性は微妙なところだが,その程度の教養は身に付けておきなさいというメッセージだろう.

これまで国語が受験科目でなかったため,京都大学工学部は国語嫌いの受験生にとって魅力的であったに違いない.実際,予備校などの分析によると,2009年度入試では,相当数の受験生が京都大学から大阪大学に逃げたらしい.優秀な受験生が京都大学を避けるとしたら問題だが,優秀なら避けないという説もある.ともかく,入学試験というのは,大学が社会に対して,どのような学生に来てもらいたいと考えているかを意思表示する重要なイベントなので,信念を貫いてもらいたい.

ところで,予備校や新聞社のウェブサイトに,大学入試問題のスキャン画像があるが,こういうものの著作権ってどうなっているのだろう.不勉強でわかっていない.

2009年度京都大学入学試験理系国語問題 [PDF 272KB]

2月 262009
 

図解 プロジェクトマネジメント
上窪政久,小野弘貴,東洋経済新報社,2003

薄い本で130頁ほどなのだが,左頁が文字,右頁が絵であるため,実体は100頁もない.しかも,右頁を絵にするために,かなり無理をしている.何の意味もない挿絵があったり,逆に,必要な説明がなかったり.肝心の内容も薄いと感じた.これで1600円もするのかという感じ.

初心者向けということなのだろうが,プロジェクトマネジメントの本を初めて読んだ私に訴えかけてくるものがなかった.この本を書くというプロジェクトは,どのようにマネジメントされたのだろうか...正直,期待はずれ.

目次

  • プロジェクトマネジメントの基礎
  • プロジェクトマネジメントの実践
  • 組織的なプロジェクトマネジメントの実践
  • 企業変革プログラムマネジメントへの発展
2月 252009
 

ケース演習でわかる技術マネジメント
原田勉,日本経済新聞出版社,2007

先にコメントした「MBA戦略立案トレーニング」と同様,自分で問題を解いて,実際に使えるようにならないと,手法やツールを勉強しても無意味でしょというスタンスの書籍.約200頁の本だが,その半分はケース例題と演習問題に割かれており,ケース例題にはMOTスクール受講生の解答例が参考として掲載されている.

全体を通して,戦略とは経営資源の適切な配分であるという観点が強調されている.経営資源の事業への配分か,技術への配分かによって使用するツールが異なり,またそれら異なるレベルでの戦略,すなわち配分方針の整合性を確保することが重要であるとされる.本書は4章から構成されている.

第1章は,技術マネジメントの総論であり,技術マネジメントとは何か,技術やイノベーションはどのように分類できるのかについて書かれている.ケース例題は,トクヤマの多結晶シリコン製造設備増強を対象に,製品ポートフォリオマネジメント(PPM)マトリクスで分析を行うという内容である.

第2章は,製品・技術開発戦略についてであり,技術領域のコア技術,補完技術,周辺技術への分類に基づくコア・リンケージ,イノベーション・プロジェクトのブレイクスルー型,プラットフォーム型,派生型への分類に基づくAPPマトリクス,それを統合した要素技術マップについて書かれている.ケース例題は,テキサス・インスツルメンツの事業再生を対象に,PPMマトリクスや要素技術マップを活用して,その成功要因を分析するという内容である.

第3章は,イノベーション・プロジェクトのマネジメントについてであり,戦略を実行するために重要な視点として,リードユーザーを重視する情報収集ルートの構築,探索型と深耕型という組織学習パターンを軸としたプロジェクト戦略,そしてプロジェクト組織について書かれている.ケース例題は,コマツのコンカレント・エンジニアリングを対象に,その長所と短所を論じるという内容である.

第4章は,技術を市場で生かすための製品・技術戦略についてであり,製品と市場から技術を識別するための製品・技術マトリクス,技術に対する資源配分を決定するための技術ポートフォリオマネジメント(TPM),戦略と技術の統合をはかるためのPPMとTPMの比較,さらに技術ライフサイクルについて書かれている.ケース例題は,ソニーのデジタル一眼レフカメラ市場参入を対象に,その戦略を評価するという内容である.

ケース例題を読むと,各種ツールの利用方法や分析の進め方がわかるのだが,各章の講義内容と演習内容が一致しているのか疑問に感じた.それでも,参考になることは間違いない.

目次

第1章 技術マネジメントの全体像

  • 技術マネジメントの特徴
  • イノベーションに対する2つのアプローチ
  • 資源配分プロセスへの着目
  • 技術マネジメントの枠組み
  • イノベーション戦略とは
  • 技術・イノベーションの定義とその類型

第2章 製品・技術開発戦略−技術力を高める

  • イノベーション戦略の明確化:コア・リンゲージ
  • イノベーション・プロジェクトへの資源配分:APPマトリックス
  • コア・リンゲージと資源配分の統合:要素技術マップ
  • イノベーション・プロジェクトの組織デザイン

第3章 プロジェクト・マネジメント−戦略の実行

  • 新製品開発プロジェクトのマネジメント
  • 情報収集ルートの構築:リードユーザー・リサーチ
  • プロジェクト戦略の決定:探索型と深耕型
  • プロジェクト組織のデザイン:組織構造
  • プロジェクト組織のデザイン:コミュニケーション構造
  • プロジェクトの失敗と学習:失敗媒介型学習

第4章 製品・技術戦略−技術を市場で生かす

  • 戦略と技術の統合:製品・技術戦略
  • 製品・市場からの技術の識別:製品・技術マトリックス
  • 技術への資源配分:技術ポートフォリオ
  • 戦略と技術の整合性:PPMとTPM
  • 技術ライフサイクル
2月 242009
 

今年になって,遂に長男5歳がポケモンカードゲームに目覚めた.まだ本格的なルールは理解できていないが,HPと攻撃力を見て,「グラードンは強い」,「カイリューは強いけど,ミニリューとハクリューがないから使えない」などなど,色々と教えてくれる.

長男がポケモンカードゲームにはまりだしたと,このブログ「ポケモンカードゲームをプレゼント」に書いたところ,読者からポケモンカードをプレゼントしてもらった.しかも,普通のカードだけではなく,”PRERELEASE”や”CHAMPIONSHIP”などと書かれた英語版のカードも.早速,長男と長女に渡したところ,大興奮していた.特に,HP200の「ホエルオー」は全ポケモンの中で最大のHPなので,喜びも一入(ひとしお)だ.幼稚園友達の中では,これまでHP150のカードが最大だったらしく,「○○君のよりも強いで〜!」と言っている.しかし,「ホエルコ」のカードを持っていないので,まだバトルでは「ホエルオー」を使えない.

ありがとう!!

2月 232009
 

北野天満宮の梅が見頃なのか,車が多い.

日曜日に,長男5歳が通う幼稚園のリズム発表会があった.近くの会館の大ホールを借りて行われる一大行事だ.12:00開場,12:30開演というスケジュールだったので,子供達は彼女に任せて,11:30頃に行列に並びに出掛けた.既に数十人ぐらいの列ができていたが,ステージを見上げることになる最前列付近は不人気なのか,最前列左側を確保できた.長男がステージ左側に登場するということを事前に確認しておいたので,計画通りだ.

クラスの合唱@幼稚園のリズム発表会
クラスの合唱@幼稚園のリズム発表会

リズム発表会は全体で3時間程度.長男の出番は3回.最初は園児全員での合唱,次に年中クラス全員での合唱,そして最後が劇「白雪姫」だ.

リズム発表会の前に,白雪姫で何を演じるのか尋ねると,「魔法使い」という答えが返ってきたのだが,白雪姫に登場するのは継母である悪い魔女のはずだから,魔法使いって一体何なのかと不思議に思っていた.実は,幼稚園児が短時間で演じる劇のため,ストーリーが改変されているのだ.今回は,お城に住む魔法使いが,魔法の鏡&家来に「世界一すてきな人は誰か」と尋ねて,「このお城に住む白雪姫です」という答えに怒り,その殺害を命じるという流れだ.命を救われた白雪姫は小人と出会うが,そのことを知った魔法使いに毒リンゴを食べさせられて倒れてしまう.その後,白雪姫は王子様ではなく最初に登場した家来に助けられ,みんな仲良く暮らすという内容だ.

セリフを忘れている友達に教えてあげるなど,長男は劇全体をよく把握しているようだった.自分のセリフもしっかり話せていて,帰宅後に撮影したビデオを一緒に見ながら,褒めてあげた.

魔法使いと白雪姫@幼稚園のリズム発表会
魔法使いと白雪姫@幼稚園のリズム発表会

2月 232009
 

長女3歳が,「シルブプレ・ワオ!シルブプレ・ワオ!」と絶叫している.エンドレスなヘビーローテーション状態で,本当に気が狂ったかと思うくらいに.いや,「シブクレ・ワオ!」なのか.

何のことか既に気付いた人もいると思うが,再結成したユニコーンの新曲”WAO!”だ.高校生の頃に大ファンだった彼女が,再結成後,家や車で聴いているらしく,子供達もその影響にそまっているようだ.それにしても,うるさすぎる.近所迷惑だ...

ちなみに,彼女はコンサートのチケットが取れたと喜んでいる.コンサート当日,私は子供2人を連れて,どこかに遊びに行こう.

2月 222009
 

卒業研究&修士論文発表会終了後に開催された謝恩会にて,専攻長が挨拶の中で「守破離」について語られた.現専攻長は明治維新などに大変興味があるので,吉田松陰などに関連する書籍に,恐らく武術に関連づけて「守破離」について書かれていたのだと思われる.

「守破離」とは,最初は基本を忠実に守り,次にそれを応用して,最後は型から離れるという芸道の修得過程を表しているが,その原典はハッキリしないそうだ.能楽における,世阿弥の風姿花伝にある序破急が元とされる.ここでは,序破急は修得過程ではなく,能の構成をさす.その後,茶道において,千利休が歌を詠み,川上不白が「茶話集」や「不白筆記」に記したとされる.「不白筆記」には,「弟子に教るは守,弟子は守を習尽し能成候へば,おのずと自身より破る.離はこの二つを合して離れて,しかも二つを守ることなり」とある.師が守を教え,弟子がこれを破り,両者がこれを離れてあらたに合わせあうという意味だ.武術に「守破離」があらわれるのは,さらにその後のことのようだ.

2月 202009
 

MBA戦略立案トレーニング
原田勉,東洋経済新報社,2003

「ビジネススクールの経営戦略コースさながらの分析ツール解説とケース演習」とのことだ.もちろん実際にビジネススクールに通ったことはないが,MBA,MOT,論理的思考関連の書籍を読んでいると,欧米のMBAやMOTのコースでは,講義はそこそこにして,とにかくケース演習をこれでもかというほど繰り返すと書いてある.確かに,本を読んだり,講義を聴いたりするだけでは,実践力は身に付かない.実際に,自分で考えること,ツールを使用することが重要だ.MBAやMOTのコースが目指すのは,その分野の研究者を養成することではなく,実際に作業できる人を量産することが目的であるから,演習が中心になるのは当然だろう.

本書で取り上げられているのは,わずかに5テーマのみ.各テーマに分析ツールが対応しており,順に,ポートフォリオ分析(PPMマトリクス),4C分析(顧客価値の分析),ビジネスシステム分析,戦略グループ・マップと業界構造分析,SWOT分析となっている.簡単な解説の後,テーマ毎に1つ例題があり,さらに演習問題が付いている.例題で分析のコツや手順を把握してから,自分で演習問題を解きなさいということだ.この演習問題をキチッとこなせば,力が付くことだろう.

文字も大きくて,分かりやすく書かれているので,非常に読みやすいし,実際すぐに読める.時間がかかるのは,演習だ.

目次

  • 資源分配としての経営戦略を考える − ポートフォリオ分析
  • 事業コンセプトをデザインする
  • 自社の強みと弱みを分析する − ビジネスシステム分析
  • 外部環境を分析する − 戦略グループ・マップ,業界構造分析
  • 戦略オプションを立案・選択する − SWOT分析
2月 202009
 

化学工学専攻の修士論文発表会および工業化学科プロセス工学コースの卒業研究発表会が終了した.

プロセスシステム工学研究室の学生の発表は素晴らしかったね.学生であれだけ上手に堂々と発表できれば何も言うことはない.よく頑張った!

発表会は3日間続くが,プロセスシステム工学研究室の発表の前日,最後に飛ばした檄の内容をメモしておこう.

修士の研究発表を見ていて気になったことを書いておきます.人の振り見て我が振り直せ.明日の発表,頑張ってね.

  1. 聴衆にケツを向けるな!
    終始スクリーンに向かって話している学生がいた.プレゼン態度としては最低.
  2. スライド探す必要があるのか?
    質疑応答では,きちんと質問を聞いてから対応すればいい.意味もなくスライドを移動させる奴がいる.
  3. やっぱり,ポインターを使うのは難しいか.
    ポインターで指すべき時に指すべき所を指している学生はあまりいないね.スライドを作成して,原稿を頭に入れるだけで精一杯かな.もちろん緊張もあるが,それを補うのが練習だ.だから50回やれと書いている(ウェブに).