2月 172009
 

経営者の条件
P.F.ドラッカー,ダイヤモンド社,2006

原題は”The Effective Executive”であり,ドラッカーの著作であることから,これが「経営者の条件」と邦訳されたのだろう.だが,この邦題は誤解を招く恐れが強い.というのも,本書の対象は決して「経営者」ではないからだ.組織において意志決定を行う知識労働者すべてが対象である.

今日の組織では,自らの知識あるいは地位のゆえに組織の活動や業績に実質的な貢献をなすべき知識労働者は,すべてエグゼクティブである.知識労働者は意思決定をしなければならない.自らの貢献について責任を負わなければならない.自らが責任を負うものについては,自らの知識によってほかの誰よりも適切に意思決定をしなければならない.

本書の前提は2つある.1つは,エグゼクティブの仕事は成果をあげることだということ.もう1つは,成果をあげる能力は修得できるということ.その上で,成果をあげる能力を修得するためになすべきことが書かれている.

成果をあげるために身につけておくべき習慣的な能力は五つある.

  1. 何に自分の時間がとられているかを知ることである.残されたわずかな時間を体系的に管理することである.
  2. 外の世界に対する貢献に焦点を合わせることである.仕事ではなく成果に精力を向けることである.「期待されている成果は何か」からスタートすることである.
  3. 強みを基盤にすることである.自らの強み,上司,同僚,部下の強みの上に築くことである.それぞれの状況下における強みを中心に据えなければならない.弱みを基盤にしてはならない.すなわちできないことからスターとしてはならない.
  4. 優れた仕事が際立った成果をあげる領域に力を集中することである.優先順位を決めそれを守るよう自らを強制することである.最初に行うべきことを行うことである.二番手に回したことは全く行ってはならない.さもなければ何事もなすことはできない.
  5. 成果をあげるよう意思決定を行うことである.決定とは,つまるところ手順の問題である.そして,成果をあげる決定は,合意ではなく異なる見解に基づいて行わなければならない.もちろん数多くの決定を手早く行うことは間違いである.必要なものは,ごくわずかの基本的な意思決定である.あれこれの戦術ではなく一つの正しい戦略である.

これらの5つの能力について,詳細に解説したのが本書「経営者の条件」である.ドラッカー信奉者ならずとも,必読の書である.とにかく読めと言いたい.なお,研究室課題図書に指定している「プロフェッショナルの条件」とは重複している部分が多いことを指摘しておく.

目次

  • 成果をあげるには
  • 成果をあげる能力は修得できる
  • 汝の時間を知れ
  • どのような貢献ができるか
  • 人の強みを生かす
  • 最も重要なことに集中せよ
  • 意思決定とは何か
  • 成果をあげる意思決定とは
  • 成果をあげる能力を修得せよ

  2 Responses to “経営者の条件”

  1. kimです。
    この本はプロフェッショナルの条件を読んだ後に
    読んだ本ですが、
    ドラッカーの著作ではもっとも多く読み返している本です。

    何度読んでも新たな気付きを得られます。

    最近かみ締めるのは「優先順位」の章で取り上げられている
    「劣後順位」ですね。
    やるべきこと、やりたいことが多いからこそ
    「何をやらないか」を決めていくことは勇気がいりますから。

    と、いいつつ好きな本に関する言及ゆえに
    思わずブログにコメントしてしまいました。

  2. 「劣後順位」を決断する力は,本当に必要だと思いますね.
    それができないがために,いかに非効率なことが罷り通っていることか.
    自分自身の来年度のテーマの1つになりそうです.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>